2024年7月14日 (日)

関西テレビ「さまよう信念 情報源は見殺しにされた」

昨年11月、関西テレビのドキュメント「逆転裁判官の真意」をご紹介しましたが、あの番組のディレクターである上田大輔氏(組織内弁護士)の新しい制作番組がtverでご覧になれます(さまよう信念 情報源は見殺しにされた)。予告編から引用しますが 17年前、情報源は罪...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024年7月12日 (金)

エネチェンジ会計不正疑惑事案-注目したい「あずさ監査法人の見解書」

7月11日夜に産経新聞ニュース記事-知事疑惑の告発者死亡、消極論も上がる百条委の行方 専門家は「解明しないと禍根残す」ーが掲載されました。私と奥山俊宏さん(元朝日新聞記者、上智大学教授)のコメント、淑徳大学の日野勝吾教授の解説も入っており、事案とともに公益通報...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024年7月10日 (水)

公益通報制度にCFE(公認不正検査士)による「中立調査人」活用を

内部告発者(公益通報者)の悲劇が相次いでいます。兵庫県知事の不正行為疑惑をメディアに文書通報した公務員の方、職員による公金不正使用を和歌山市に内部通報した公務員の方など、通報者のプライバシー配慮が不十分であることによる心理的負荷は、我々の想像を絶するものがあっ...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2024年7月 9日 (火)

日経「女性社外取締役育成講座」への若干の違和感

日経Think!のエキスパートを務めている身でありながら「日経への批判的言動」を行うのもやや気が引けますが 、日経主催の女性社外取締役育成講座の内容に少し違和感を覚えましたので(おそるおそる)書かせていただきます( ;∀;)。もちろん、初老...

» 続きを読む

| | コメント (4)

2024年7月 8日 (月)

エネチェンジ社の会計不正疑惑-「あずさ」も「第三者委員会」もどっちも正しい

6月27日の日経ニュース「エネチェンジ会計処理『不正認められず』あずさは反発」で初めて知りましたが、エネチェンジ社の会計処理(SPCへの売上計上は正しいか否か)を巡って会計監査人のあずさ監査法人と第三者委員会の結論とが食い違っていることが話題になっているようで...

» 続きを読む

| | コメント (2)

2024年7月 4日 (木)

警鐘-企業不祥事に対する行政の対応を見くびってはいけない(と思う)

新幹線開業以来初めての「重大インシデント」だった台車亀裂事件の際、調査委員会委員を務めた川崎重工業社ですが、架空取引で「裏金」をねん出して自衛隊員に金品や飲食代を提供していた疑惑が浮上しています(たとえばMBSニュースはこちら)。同社は特別調査委員会を設置した...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024年7月 3日 (水)

社外取締役は「無任所大臣」か「野党議員」か

6月21日のエントリー「社外取締役こそ評価されるべきである-旬刊商事法務より」に対して、「取締役と言えば」さんからコメントをいただきました(どうもありがとうございます!)。「なるほど」と思うところがありますので、以下引用させていただきます。 アメリカと日本で...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024年7月 2日 (火)

積水ハウスと損保ジャパン-「法務部門」の役割に違いはあるのか?

本日(7月1日)の文春オンライン記事「国立市マンション、異例の解体はなぜ? 『積水ハウス』社長&副会長を直撃!」(会員記事)を読みました。社長、副会長の方のご発言に特筆すべき点は感じられませんでしたが、広報部の回答にはこれまで明らかにされていなかった事実が含ま...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2024年7月 1日 (月)

国連人権委員会「ビジネスと人権」作業部会報告における公益通報者保護制度への提言

6月30日のNHKスペシャル「法医学者たちの知られざる世界」を視聴しました。日本には現在150名ほどの法医学の医師が警察等からの要請を受けて毎日多くの行政解剖・司法解剖を行っているのですが、予算も人も不足しているとのこと。法曹にとって耳の痛い話が多かったのです...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024年6月28日 (金)

読売新聞グループ本社の決算公告が開示されました。

定時株主総会関連の業務が続いたため、ご紹介が少し遅くなりましたが、6月22日付けの読売新聞朝刊に「読売新聞グループ本社決算公告」が掲載されました。今年1月5日の「読売新聞グループ本社の決算公告についての素朴な疑問」や同12日の「読売新聞グループ本社、計算書類...

» 続きを読む

| | コメント (3)

«パナソニックHDの不正厳罰化方針と「不正調査2.0の時代」