« 今年も総会リハーサルの季節ですね。 | トップページ | 金曜日は香港におります。 »

2006年6月15日 (木)

「モノ言う株主」について

またまた臆面もなく、ラジオのニュース番組に生出演してしまいました。(ラジオ大阪の「ニュースワンダーランド」ちなみに昨日、読売のほうで顔が出てしまいましたので、とりあえず出演風景はこんな感じです。。。。)

いきなり福井総裁の1000万円運用問題から話が始まって、かなりアセってしまいましたが、総裁に就任してから後も村上ファンドに運用を委託していたところは道義的責任があるのではないか、(法的にはなんともいえないが)といったところで結論つけましたので、なんとか無難にまとまったんじゃないでしょうかね。投資事業組合の問題とか、金融商品取引法に関する話題など、お昼のラジオ番組としては難しかったかもしれません。(あっでも、おとといのゲストはアイフル対策連絡会議の弁護士さんだったんで、そっちもけっこうハードな話題だし、多少難しくても許されるかも・・・・(^◇^;))この番組、今回が2回目の出演だったんですけど、やっぱりラジオの生番組というのは緊張しますね。

ところで「モノ言う株主」という表現が、この番組でも使われていましたけど、ちょっとどういった意味で使われるのか気になった次第であります。世間では肯定的に理解されているのでしょうか、それともなにかわがままな株主の威圧的態度を表現したものとして理解されているのでしょうか。私はきょうのライブドア臨時株主総会で取締役選任議案に反対意見を表明しているサイオンキャピタルのような株主のことを「モノ言う株主」だと認識しております。つまり本来、取締役は会社に対して善管注意義務、忠実義務を負って職務執行をすべき立場ですから、取締役の行動にそういった義務違反があったり、そのおそれがある場合には会社のために株主としての権利を行使する人達のことを指すものだと思います。したがって、これまで村上ファンドとしても、こういった取締役への要求行動があれば、それは正当なものであって「評価」に値するところかもしれません。しかしながら、少数株主を排除することを厭わずに、自らの大株主の地位を利用して、自己に有利な要求を経営陣につきつける行動は株主のわがままであって、「モノ言う株主」という表現にふさわしくないのではないか、と思っております。もちろん、多数決が支配する世界ですので、大株主が意のままに振舞う行動については「適法」である場合が大半でしょうが、そのなかには「不公正」といわれる領域に属する行動も含まれているわけでして、新会社法施行後の企業社会におきましても、(公開企業、非公開企業を問わず)この「少数株主保護といった観点からの不公正」問題がいろいろと議論されることも多くなるのではないでしょうかね。まぁこれも、短期で利益を上げるための資本参加ということなのか、それともバイアウト型の関与の場合なのか、その状況が異なるために一概に明確には言えないかもしれませんが、不公正な大株主の行動によって、少数株主が著しい不利益を被るような場合は、単に大株主のわがままを貫徹するための要求でありまして、そういった場面を捉えて「モノ言う株主」が増えた、と結論付けるのにはちょっと違和感があります。

きょうのラジオ番組でも、「村上ファンドの功罪」というテーマで少し聞かれたところなのですが、私は最初から村上氏が悪事の限りを尽くしてやろうと考えて、この「プロの世界」に入ったのではない、と推測しておりますし、またそのようにラジオでお話させていただきました。40億円、100億円程度を運用していた時代というのは、村上氏も高い志があって、真摯に「日本の会社制度を変えるんだ」といった閉塞感を打ち破る高邁な気持を持っていたのではないか、と思ったりもしております。そういった時代の村上ファンドは本当の意味での「モノ言う株主」として振舞っていたのではないでしょうか。それが日本マーケットで運用するには限界があるような高額資金を手に入れ、もはや相当無理をしなければ運用できないような状況に至ったために、そこで村上氏も尋常ではない手段に手を染めていったのではないか、と推測しております。(もちろん、これは私個人の勝手な予想でありまして、どこかの新聞で報道されているわけではありません。ねんのため・・・)

それともうひとつは、「これからもインサイダー取引疑惑で逮捕されそうな人はいますか?」・・・・・。おそらくいないでしょう。もともとインサイダー取引で強制捜査に進むケースというのは、よほどきっちりと証拠固めをしていなないと現状では無理だと思います。今回はたまたまライブドア経営陣の強制捜査によって検察庁が思い描いているシナリオの立証が可能となりましたが、それはこの事件の特徴であり、また幸運だったところではないでしょうか。もしインサイダー取引を頻繁に摘発できるようにするためには、証券取引法の行為規範を増やすか、それともアメリカのSECのような強大な権力を持っている機関の設置が前提条件だと(私は)考えております。

6月 15, 2006 村上ファンドと阪神電鉄株式 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104680/10530481

この記事へのトラックバック一覧です: 「モノ言う株主」について:

» ライブドア株主総会に出席~坂東~ トラックバック 不良品(仮)
13:33 会場のある海浜幕張駅に到着。 幕張メッセに向かう。 入口で報道陣に囲まれるがノーコメントを貫く。この時点で少しスター気取り。 14:02 定刻より二分遅れで総会スタート。 まずは「風説の流布」「粉飾決済」の社内調査の状況報告。 この二... [続きを読む]

受信: 2006年6月15日 (木) 06時52分

» ライブドア臨時株主総会の件 トラックバック FX TECHNICAL REPORT
私はライブドアの株主で、この件については以前も書いたとおり。そして、昨日6/14、幕張まで行って臨時株主総会に出席してきた。まず驚いたのが超巨大会場。人員の配備もすさまじく、スタッフは数百人規模だった。残念だったのは、音響のセッティングがいまいちで、何をしゃべっているのかよく分からなかった点。平松社長は誠意も感じられるし、胆力のありそうな人だが、革命的な仕事はできないのかなという印象。彼は、... [続きを読む]

受信: 2006年6月15日 (木) 07時42分

» 金融商品取引法 トラックバック 経済最も前
6月7日、金融商品・取引を包括的に監督・規制する 金融商品取引法が成立した。 [続きを読む]

受信: 2006年6月15日 (木) 20時04分

コメント

コメントを書く