« 金融商品取引法への素朴な疑問 | トップページ | 内部統制報告実務と真実性の原則 »

2006年7月11日 (火)

売上架空計上事案を考える

(7月13日午後 追記あり)

いよいよココログも正念場の48時間を迎えます。(11日午後2時より13日午後2時までのロングランメンテ。その間、コメントもTBもできませんので、ご了承ください)この半年、とりわけ「ココログフリー」が開設されて以来、お金を払っている利用者のアクセス障害がひどくなり、逆に広告主の存在する無料版のほうは「サクサク状態」ということで、もはや有償ココログ利用者の怒りは頂点に達しておりまして、ココログブログのいたるところで訴訟提起の予告がなされております。

(こんな時期ではございますが)私のブログもおかげさまで、「コンプライアンス経営はむずかしい・・」のエントリーには20を超えるコメントを頂戴しておりましたところ、その話題の内容に近いようなネクストウェアの売上架空操作問題が公表され、10日はストップ安(監理ポスト入り決定)となってしまいました。つい先日の神戸製鋼のデータ改ざんもショックでしたが、このネクストウェア社も著名弁護士を内部統制システムフェアの講演に招聘するなど、日本版SOX法対応システムを提案する企業であるがゆえに、これはたいへんイタイ話題になってしまったようです。

売上が特定取引先に偏ってしまっていたり、債権回収が長期で滞留していて不自然であったことや、取引先への事情聴取で判明したこと、対象社員が注文書、検収書、残高確認書を自ら偽造していたことなどをみるかぎり、ひとりの社員の違法行為にまったく会社が気づかなかったようにも思えますが、やはり少しばかり疑問も感じますよね。ソリューション事業の売上額が15億で、今回の架空売上額が10億ですから、偽装取引の占める割合が3分の2に及ぶわけでして、どう考えても在庫商品(サービス事業)の流れからみて不自然であることは誰がみてもわかるはずですよね。これって、本当に特定社員による不正だったんでしょうか、それとも「コンプラ経営は・・・」で述べたように、周辺社員による黙認という事情はなかったのでしょうか。もしかりに複数社員が認知していなかった、ということでしたら、どういった内部統制システムがとられていたんでしょうか。ともかく厳正な調査をやってみないと不思議で仕方ないと思われます。「不正経理はどんなに内部統制システムを立派に構築してもなくならない」ことは自明であります。ただ、最小限度の損失で済むような方策を検討することは可能だと思っています。

運良くココログのメンテが成功し、久しく体感していない「サクサク状態」が復活した暁には、また週末あたりにでも、「コンプライアンス経営はむずかしい・・・」の続編をアップする予定です。(とりあえず、いまは48時間のメンテが成功することを祈るばかりです・・・もし成功しなかったら・・・・?)

(とりあえずメンテは成功したようでして、サクサク状態が復活したみたいです。どうか、深夜の混雑した時間帯でも、同じ状態でありますように・・・)

7月 11, 2006 商事系 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104680/10893420

この記事へのトラックバック一覧です: 売上架空計上事案を考える:

» No.354:プロの仕事 トラックバック !? びっくり&はてな
 おはようございます。古典的な手口とはいえ、こういった「プロにあるまじき仕事(犯罪)」も、後を絶ちません。 ? ネクストウェアは10日、同社社員による注文書偽造などの不正行為が発覚し、2006年3月期の売上高に約10億9100万円の影響が出るおそれがあると発... [続きを読む]

受信: 2006年7月11日 (火) 08時09分

» ネクストウェア、社員不正で監理ポストへ トラックバック kazunoblog
先ほど入ってきたニュース。 ネクストウェア、監理ポストに 大阪証券取引所は10日... [続きを読む]

受信: 2006年7月13日 (木) 17時40分

» 架空売り上げ計上と社内のコンプライアンスシステム トラックバック 法務の国のろじゃあ
このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。 YahooNe [続きを読む]

受信: 2006年7月13日 (木) 18時55分

» 「ネクストウェア、売り上げ架空計上の疑い」とのことです トラックバック 会計や監査の話などなど。
 また、IT業の企業で架空売上があったとのことです。 (参考記事)  → システム開発のネクストウェア、売り上げ架空計上の疑い――社員を告訴へ(日本経済新聞 - 2006年7月9日)  大証ヘラクレス上場でシステム構築のネクストウェアは10日、同社の事業部長(48)... [続きを読む]

受信: 2006年7月13日 (木) 22時11分

コメント

こんにちは。大変ですねえ。ライブドアブログはサクサク感の死守が使命のようで、快適ですよ。

それにしても技術者の窓際族の端くれとして思いをいたしてしまうのはココログメンテナンス担当者さんの現在の心中であります。MI3なんか見なくても今の仕事の方がよほどスリリングでしょうね。

メンテナンス終了後に「24」のパロディでメンテナンスドキュメント・「48」をやって、みなさまのご機嫌をうかがうというのはいかがでしょうか。"This is my longest 2days..."・・・ってダメですね(笑)。

投稿: bun | 2006年7月11日 (火) 08時38分

bunさん、それいいですね(笑)
さすがです。。それくらいの胆力が必要かも。

この48時間、ココログでは逐次、メンテ進捗状況を報告されるようです。(まぁ、あまり期待はしていないのですが・・・)

投稿: toshi | 2006年7月11日 (火) 12時14分

自分のところが重すぎるのでこちらに。
ココログ関係のことを書くたびにシステム担当の方々の中の良識派の方々の心中を察するに・・・そのたびにbunさんとtockriさんの顔が(というかブログか)浮かんでおったのですが、ホント、システム関係の重責を担うことになっちまってる現場の方は、相当なイベントになってしまっていることは認識されているのでしょうが、48時間が無事過ぎずに延長がいつまで続くのかという状態やらたとえ一部でもブログのデータに毀損等が生じた場合などをあくまでも可能性の問題とはいえ懸念せざるを得ないヘビーユーザー(toshiさんみたいなブロガーね)のことを本気で経営サイドは考えてくださってるんでしょうかねえ・・・とまた他人様の土俵の上でも愚痴になってしまった(^^;)。
なんか地球の近くを通過する星による影響を回避するためにみんなが地下のシェルターに48時間避難する前の気持ち・・・ってこんな気持ちなんだろうかなどと訳のわからない気持ちになってるろじゃあでございました。
無事再開できることを祈って・・・(^^;)

投稿: ろじゃあ | 2006年7月11日 (火) 13時44分

ずいぶんと、ココログが快適になりました。7月分の補償問題は別として、とりあえずココログの復帰活動に携わった方々には「おつかれさま。ありがとう」とお礼を言いました。(苦情ブログにて)
我々弁護士もそうですが、「お金で買えない価値はあります」
やっぱり人間ですから、努力が報われる瞬間がないと、「もっといい仕事を次はやろう」といった気持ちになりませんよね。「遅い!なんとかしろ!」の声も大切ですが、それと同じくらい「無事直ったよ!ありがとう」の声も大切だと思います。(偉そうな物言いですいません)

投稿: toshi | 2006年7月14日 (金) 11時38分

コメントを書く