« 監査役の外観的独立性 | トップページ | 「会計参与」はなぜ普及したのか? »

2007年6月21日 (木)

加ト吉社の外部調査委員会

監査法人で働く会計士(補)のブログ」(noppy246さん)でも紹介されておりましたが、今週号の日経ビジネスでは「粉飾連鎖」と題する特集が組まれております。そのなかで「会計士が落ちた罠」と題して、「会計士を骨抜きにする4つの殺し文句」が紹介されております。(これ、なかなか面白いです。詳しい内容は上記noppy246さんのブログでどうぞ)しかし、加ト吉社がみすず監査法人さんから適正意見を受理したと報道されるやいなや、700円→750円と株価が一瞬のうちに急騰するわけですから、やはり監査法人の適正意見というものの経済的価値はモノスゴイものですね。一方で本日、加ト吉社の子会社が販売していた冷凍コロッケに関する表示偽装(牛肉→豚肉)の報道がなされるや、今度は株価急落ということで、これまたコンプライアンス経営の重要性を真摯に受け止める必要もありそうです。現実をあらためて認識いたしました。逆に申し上げますと、こういった事例を前にしますと、たしかに会計士さんに対して、業績の悪化している企業さんの担当者からすれば、無理難題を言ってみたい気になるかもしれませんね。

ところで、この特集記事のなかで、加ト吉社の6年間約1000億円にも及ぶ架空取引に至った経緯が詳細に紹介されておりますが、その記事の最後のところで外部調査委員会の調査内容に関しましては、やや批判的に紹介されておりまして、私的にはこの外部調査委員会の調査内容へのコメント記事がもっとも鮮烈な印象を受けました。つい先日、法曹の事実認定能力について、その専門的手腕こそ企業社会は有効活用せよ・・・なんて、ずいぶん偉そうに書かせていただき、批判的なご意見も頂戴しておりましたが、(うーーーーん)たしかに、この記事を読んでみての感想としましては、あんまり偉そうなことは書かないほうがいいなぁ(^^;・・・と思いなおした次第であります。といいますか、我々法曹としましても、自戒すべきところが多いのかもしれません。もちろん、事実認定能力といったものには優っていると思いますが、それは十分な事実調査に裏打ちされるものですから、そういった調査が不十分ですと、どうしようもありません。誰からも文句が出ないほどに詳細に事実を認定していかなければ、不正の原因特定についても、また再犯防止策の提言についても説得的な意見は書けないのだろうな・・・と思います。

(広報)さて、先日お知らせいたしましたビジネス法務の部屋のオフ会(7月12日午後6時半から梅田にて)でありますが、すでに8名の方よりご参加の意向を頂戴しておりまして、最小催行人数(3名)を超えておりますので、予定どおり開催することといたします。なお、まだまだ参加者を募集いたしておりますので(だいたい15名くらいまでならだいじょうぶと思います)、気軽に参加してみたい・・とお考えの方がいらっしゃいましたら、メールにてご連絡ください。なお、これまでメールを頂戴した方はほとんど「レベルが高そうですので、話についていけるかどうか・・・」「私のような者でもだいじょうぶでしょうか」といった、枕詞をおつけになっていらっしゃいますが、(このブログがそのようなイメージを持たれているのかもしれませんが)ブログをご愛読されていらっしゃる方でしたら、どなたでも歓迎ですので、どうぞご応募くださいませ。

|

« 監査役の外観的独立性 | トップページ | 「会計参与」はなぜ普及したのか? »

コメント

名古屋の某企業の常勤監査役をしています。監査役協会での講演ではお世話になりました。オフ会にぜひ参加したいのですが、日程が合わず残念です。ところでたしか先生は名古屋本社の企業で企業価値評価委員をされていますが、もし名古屋での会合の折にでも、当地で企画していただけませんでしょうか。いつも酔狂さんや監査役サポーターさんなどのコメントを拝見して、ずいぶんとレベルの高いお話だなと思っておりますが、そういった機会であれば、もうすこし新人監査役にもわかりやすいお話もできるかなと思います。勝手なお願いですし、たいへんお忙しいとは思いますが、ご一考いただきたく存じます。

投稿: カメレオン | 2007年6月21日 (木) 11時58分

こんばんは。ブログの記事を紹介していただき、ありがとうございました。私のブログでも、リンクを貼らせていただきました。
詳細で興味深い記事が多いですね。これからも、更新楽しみにしています!

投稿: noppy246 | 2007年6月23日 (土) 00時59分

>カメレオンさん

はじめまして。名古屋での講演というのは、もう半年ほど前のことですね。たしかに、名古屋にも最近出向くことがありますので、その折にはオフ会の開催を検討したいと思います。(といいますか、そんな大げさでなく、単なる飲み会のお誘い・・・といったところで気軽にやりましょう)監査役の方々のご意見はぜひお聞きしたいので、またコメントのほうもよろしくお願いいたします。

>noppy246さん

大手監査法人で実際に監査の現場で感じておられることを、素直に表現されているのがたいへん印象的で、最近はよく拝見しております。やっぱり又聞きでなく、ご自身の経験や感じたことを中心としたブログはおもしろいですよね。(ときどき意見交換をしましょう。厳しいご意見も歓迎ですんで)

投稿: toshi | 2007年6月24日 (日) 02時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加ト吉社の外部調査委員会:

» 会計基準の運用は、ある意味で国家戦略に他ならない [◆CFOのための最新情報◆]
先程、米国が国際会計基準による財務報告認める、とのニュースが配信されました。 『米証券取引委員会(SEC)は20日、米国内で上場する外国企業に対し、欧州で採用されている国際会計基準に基づいた決算報告などの提出を認める方針を決めた。企業は欧州に比べて厳....... [続きを読む]

受信: 2007年6月22日 (金) 02時28分

« 監査役の外観的独立性 | トップページ | 「会計参与」はなぜ普及したのか? »