« 加ト吉社の外部調査委員会 | トップページ | 上場企業の執行猶予制度 »

2007年6月22日 (金)

「会計参与」はなぜ普及したのか?

きょう(6月21日)の日経夕刊の一面に「会社法新制度、中小が活用」といった見出しとともに、会計参与を起用した企業数が1000社を超えたようだ・・・との記事が掲載されておりました。就任された会計参与の方々の保有資格では、8:2=税理士:会計士とのことでして、まずは税理士(税理士法人)さん方のご尽力が会計参与制度の普及に大きな役割を果たしていることは否めないところではないかと思われます。しかしあれだけ新会社法施行前後におきまして、ある意味「利用されるのかどうか、不安視」されていた会計参与制度が、なぜ1年でこれほどまでに普及したのでしょうか?(そういえば、磯崎さんの「お笑い会計参与」のエントリーを想い出します。私はこの時分には、大変失礼ながら、まさか1年でこんなに会計参与が利用されるとは思っておりませんでした。)

そもそも「会計参与」といった制度が、税理士法人や税理士さんにとって魅力的なものなのかどうか、施行当初は疑問があったと思います。記帳代行や決算書作成業務と比較して、それに付加される報酬と比較すると、会計参与については第三者責任など負担すべきリスクが大きすぎるのではないか・・・といった感想を聞きました。しかしながら、この5月にも改訂されました「会計参与の行動指針」によりまして、ずいぶんと責任の範囲の明確化とか、業務手順の画一化とか、(このブログでも一時話題となりました)取締役との計算書類の共同作成作業がうまくいかなかったときの対処法とか、そういった指針の制定によって責任負担リスクがかなり低減されてきたことが、普及につながったのではないかと思われます。それと、もうひとつ、税理士さん方の業務内容がずいぶんと様変わりしてきたことも原因のひとつではないでしょうか。昔ながらの記帳代行、計算書類作成といった業務だけでなく、顧客企業さんの経営計画までコンサルティングされる方が増えたように思います。そうなりますと、顧問税理士といった立場をさらに進めて、その企業の役員として経営に参画する、といったことにも関心を寄せる方が増えてきてもおかしくないと思われます。たしかに、20年ほど前に商法改正の議論のなかでも、「会計調査人」とか「会計指導人」といった、会計監査人制度に類似した商法上の機関制定が議論され、そこでは税理士さん方が監査や会計の世界に登場する機会が検討されていたわけでありますが、やはり現代ほど顧客と税理士事務所とのIT革命が進んでいない時代でしたので、記帳代行業務を飛び越えて、コンサルティング業務への意欲といったものも今ほどではなかったのではないでしょうか。

いずれにしましても、金融機関さんと中小企業さんとのおつきあいのなかで、会社に会計専門家がいらっしゃるということが、その関係を円滑にする役割は重要だと思いますし、直接金融(株主、一般投資家)→会計監査人、間接金融(銀行)→会計参与といった図式を基準として、企業の開示制度の信頼性が高まることになりますと、棲み分けもスムーズに維持されることになりますので、今後もますます「会計参与」制度の有効活用は進むのではないか、と思っております。ただし上場企業でさえ、これだけいろんな会計不正事件が発覚する世の中ですから、現実の問題としまして、いくら責任限定契約を締結されていらっしゃるとしても、就任時までのおつきあいのなかで、信頼関係を結ぶに足る企業かどうかを見極めていかないと、トラブルに巻き込まれるリスクも増えていくんじゃないかと思います。私の身近なところにはいらっしゃらない「会計参与」に関するエントリーですんで、私の推測による根拠を示しただけでありますので、また実務上からの有益なご意見、ご経験をお持ちの方がいらっしゃいましたら、いろいろとご教示ください。

|

« 加ト吉社の外部調査委員会 | トップページ | 上場企業の執行猶予制度 »

コメント

私は地方で個人公認会計士・税理士事務所を開いている者です。開業前はいわゆる大手監査法人に勤務していました。

会計参与就任が多い背景にはむしろ、税理士がリスクひいては責任を認識していないことが挙げられるのではないかと思います。税理士業界では「会計参与」としての資質の問題や、どのようなときにどのような責任を負うかということはあまり気にされていないように思えます。

税理士では各種会計基準(「中小企業の会計に関する指針」のレベルでさえも)の知識がある方がどれくらいいるか疑問ですし、監査の知識も無い状況でどれだけ制度の建前に合致した職務ができるかも疑問です。

「会計参与」は単純に税理士の営業ツールとして使われているに過ぎないのではないかと思います。

投稿: 公認会計士兼税理士 | 2007年6月22日 (金) 12時44分

ご無沙汰です。3度目の投稿です。私も会計士兼税理士の範疇に入りますが、上の方とほぼ同じ意見です。実際にはトシ先生の言われるほど普及しているという実感はありませんが、もし普及している(もしくは今後普及する)というのであれば、それはクライアントの思惑によるところが大きいと思います。それが税理士の利益に結びつくのであれば、それほどのリスクを感じることなく会計参与に就任しているのが現実ということになるのかと。あまりリスクを感じていないので、クライアントのニーズがあれば、そこに乗っかってしまうようなところがあるのではないでしょうか。私はとても怖くて就任する気にもなりませんが。

投稿: のんたん | 2007年6月22日 (金) 21時02分

私は、コメントを記入されたお二人のご意見を読んで、その感覚がよく分かる気がします。

大手監査法人を辞められた方が、「監査は個人では怖くてできません。」と言われました。会計参与も、会計監査人と同じように怖いリスクのある仕事であるが、高額の会計参与報酬は難しいだろうなと感じます。私は、監査役の方が、リスクはまだ小さいだろうと感じてしまいます。

企業は、下手をすれば常に粉飾決算と対面しているような所があり、粉飾決算が表面化して倒産した場合は、会計参与が債権者から真っ先に追求され矢面に立たされることが予想されると思います。

投稿: ある経営コンサルタント | 2007年6月23日 (土) 11時13分

皆様、ご意見ありがとうございます。とりわけ「税理士兼会計士」でいらっしゃる方のご意見は、こういった会計参与のメリット、デメリットを一番身近に感じることができる立場でいらっしゃるでしょうから、貴重なご意見として拝読させていただきました。私がすこし前向きに評価しすぎていたのかもしれません。実際にはやはり営業面での業務拡大路線が先行しているのでしょうか。
のんたんさんがご指摘の点ですが、私もまだ身近なところに会計参与をされている税理士の方がいらっしゃらないので、なんとも申し上げられません。ただ、私自身おそらくほとんど会計参与という機関は利用されないだろう・・・といった予測を立てておりましたので、1000社という数字には本当に驚かされました。もし身近なところで会計参与をされている方がおられましたら、また皆様方のご意見なども含めて、一度ゆっくりお聞きしてみたいと思っております。
今後とも、どうか忌憚のないご意見、お待ちしております。

投稿: toshi | 2007年6月24日 (日) 02時34分

一部の金融機関では、会計参与の設置の有無のみを取り上げて、貸付利率の0.2%オフなどを行っていますので、中小の株式会社としては「とりあえず」といった意識で会計参与の設置をしているのではないでしょうか。
会計参与という存在が現実に機能しているのか、あるいは監査役に近い役割が果たせているのかといった評価は、これからの実務の中で形成されていくのでしょうが、一部の金融機関において、税理士協会と提携するなどして融資利率の引き下げを餌に会計参与の導入を図ったことは、果たして妥当なのか?と個人的には疑問を禁じえません。

投稿: 周防 | 2007年6月25日 (月) 12時14分

周防さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

今回のエントリーでコメントをいただいた方々のご意見は、どれも現実には会計参与の可能性に対して厳しいものが多かったように思います。評価が今後の実務のなかで形成されていくとは思いますが、「失敗」は目立っても「成功」はなかなか評価されにくいところが難しそうですね。そういった意味で、導入企業と会計参与に就任された方々の「社会へ向けての発信」も必要なのではないかと思います。
個人的には、たとえば監査役制度を導入していない企業における会計参与が、どのように監督機能を果たしうるか・・・といったところなのですが、まだあまり存在しないのかもしれません。

投稿: toshi | 2007年6月25日 (月) 20時13分

 こんにちは、かなり話がずれてしまいますが、「公認会計士法」の改正って何か、影響があるんでしょうか?不勉強な素人の質問で申し訳ございませんが、ここへのコメントされている方たちは、会計士の方が多いようなので、質問するなら、ここかと思ったので、書き込みました。正直なところ、私は内部統制の担当者で、大手の監査法人にコンサルしてもらっている(会計監査も同社)のですが、影響があるのかが、知りたいです。
最近、監査法人が少し逃げ腰で、それが気になっております。これは、「公認会計士法」の改正と関係があるのでしょうか?それとも、ウチが評価範囲について、少し無茶を言っているので、どうしようかと策を考えているのでしょうか?これ以上は、細かい情報は書くことはできませんが、不勉強など素人に「公認会計士法」について少し教えて下さい。
 以前、これからの監査について、中小の監査法人では、やっていけないことについて書かれていたかと思いますが、内部統制とどのように係わるのかが私のような馬鹿でも分かるように教えて下さい。お願い致します。

投稿: 竹村 | 2007年6月26日 (火) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「会計参与」はなぜ普及したのか?:

« 加ト吉社の外部調査委員会 | トップページ | 上場企業の執行猶予制度 »