« COSO「モニタリング・ガイダンス」と内部監査人 | トップページ | 続・COSO「モニタリング・ガイダンス」と内部監査人 »

2007年9月27日 (木)

上場審査厳格化ルールの実効性

独禁法コンプライアンスの話題や、COSOモニタリングガイダンスの論点へのコメント、たくさんいただきまして、どうもありがとうございます。きちんと問題点を整理したうえで、あらためてお返事させていただきますが、まだまだコメントのほうもお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。

ところで、たしか今日(9月26日)はモック社の株主総会ではなかったでしょうかね?もうすでに27日に日付が変わっておりますが、会社のHPにも適時開示情報のほうにも総会の結果についてのリリースが掲載されておりません(^^;; yahoo掲示板で、どなたかが「可決された・・・」との情報を書き込んでおられますが、決議内容につきまして、いずれのマスコミでも報道されておりませんので、なんとも不確定な状態であります。(追記 27日の日経朝刊に「議案すべて可決」との記事あり。総会は2時間半に及んだ、とのことであります。)今朝(26日)の日経新聞でも採り上げられておりましたし、株価変動をみましても、それなりに注目されておりましたので、なんらかのリリースは必要だと思いますが。。。(会社側提案に賛成する立場で委任状を提出されている株主さんへの結果説明はどうされているのでしょうか?)

出来高が昨年の半分以下となり、株価も低迷を続けております新興企業向け市場にとりまして、上場後も健全に業績を伸ばす新興企業にこそ上場してほしいと願うところでありますが、やはり「上場はやりたいことのための手段ではなく、目的」と捉えている企業が目立ちますと、どうも回復基調の兆しがなかなか見えてこないような気もいたします。そのような状況のなか、以前から話題になっていたところではありますが、東証はIPO企業の主幹事証券向けの引受審査ルール策定の意向を表明されたようであります。(26日の日経朝刊7面の新聞報道参照、またフジサンケイビジネスニュースはこちらです)証券取引所の上場審査基準のうち、適格要件(実質基準)の判断にあたっては、主幹事証券会社が上場申請企業の経営内容等に関する推薦書を提出することになるわけでありますが、①その推薦書に様々な企業情報を盛り込み、②引受審査に関する社内監査体制をルール化し、③証券会社の営業部門と調査部門に厳格なチャイニーズウォールを設置する等を主な柱としております。本年12月ころからのルール施行を目指す、とのことでありますが、実際に上場引受業務をされる証券会社さんの場合、すでに内部統制調査などを含む体制整備に関する審査事項へのチェックルールは策定されているはずであります。おそらく15から20項目程度のチェックポイント(細分化されれば、その4倍程度)があると思われます。もちろん、そのチェック項目のなかには、公開企業にふさわしい「株主、投資家に対する適切な情報開示の社内態勢」チェックも含まれております。

そういえば本日(26日)パブコメを経て正式公表されました金融商品取引業者等検査マニュアル(証券取引等監視委員会のHPよりパブコメ回答集とともにダウンロード可能です)におきましても、第一種金融商品取引業者の態勢および引受業務に関する確認事項として「引受審査態勢の整備」が掲げられておりまして、引受主幹事証券会社の取締役会および引受審査部門の重い責任が記述されております。このように、証券取引所そして金融庁から「引受審査部門の充実」を期待されている証券会社もたいへんではありますが、なんといいましてもたいへんなのは上場を目指す一般事業会社であります。証券会社および監査法人からの厳しい目で経営を監視されるわけですから、公開企業にふさわしい経営管理体制を構築するためのコストもけっこうかかるんじゃないでしょうか。ただ、審査基準を厳格にするといいましても、どの企業にも一律に適用されるような判断基準があるわけでもないと思いますので、その実効性を左右するのは、やはり各企業の創意工夫によるところが大きいものと思っております。

|

« COSO「モニタリング・ガイダンス」と内部監査人 | トップページ | 続・COSO「モニタリング・ガイダンス」と内部監査人 »

コメント

モックの件,NIKKEIにありますね
http://www.nikkei.co.jp/news/tento/20070927AT2E2600U26092007.html

投稿: natoiuk | 2007年9月27日 (木) 11時31分

ご指摘ありがとうございます。午前の仕事が終わるまで、ネットも新聞記事も読んでおりませんでした。さっそく、エントリーを修正しました。

投稿: toshi | 2007年9月27日 (木) 12時06分

いつも楽しく拝読させていただいております。
通常、有報が定時総会当日に提出され、その添付書類として、総会決議通知もEDINETで閲覧可能です。

投稿: とほりすがり | 2007年9月27日 (木) 15時34分

>とほりすがりさん

他の方からもメールでご指摘いただきました。
基本的なことの認識ができておらず赤面の至りです。
今後も、勘違いや基本的な認識不足がございましたら、ご遠慮なくツッコミをいれてやってください。

投稿: toshi | 2007年9月27日 (木) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上場審査厳格化ルールの実効性:

» モック株主総会決議成立 [ある経営コンサルタント]
9月15日のエントリー株式会社モックをめぐる推理でモックのことを書きましたが、モ [続きを読む]

受信: 2007年9月27日 (木) 17時11分

« COSO「モニタリング・ガイダンス」と内部監査人 | トップページ | 続・COSO「モニタリング・ガイダンス」と内部監査人 »