« 社外取締役関西シンポが日経マーケットオンラインにて紹介されました。 | トップページ | 私が選ぶ2010年「ビジネス法務」関連の10大裁判! »

2010年12月27日 (月)

日航907便・航空管制官事件最高裁決定と事実解明のための刑事免責

Xmasも終わり、いよいよ年末モードですが、皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか。昨年の年末は長女のセンター試験の直前ということで、ピリピリしたムードが漂っておりましたが、今年はまた恒例の「家族で温泉小旅行」を予定しております。しかしこれだけ寒いと、目的地に着くまでの道程がすこし億劫になってきましたが。。。

さて、2カ月ぶりになりますが、朝日新聞「法と経済のジャーナル」に「日航907便・航空管制官事件最高裁決定から考える安全対策と刑事免責」と題する論考を寄稿いたしました。企業コンプライアンスに関心を持つ者にとりまして、企業がリーガルリスクに過度に反応してしまうと、かえってみんなが不祥事を隠す方向に走ってしまうのではないか・・・といったことを危惧しております。本稿も、そのような危惧感から、条件反射的に感じたことをまとめたものであります。当ブログでも本年10月末ころに、この話題について少し書かせていただきましたが、今回は平成15年当時の本ニアミス事件の事故調査報告書(200頁以上の大作)をきちんと読んだうえで、朝日AJに寄稿させていただきました。

固めの内容で恐縮ですが、ぜひこの最高裁決定につきまして、お考えいただくきっかけになれば、と思っております。たぶん私の記事は無料でお読みいただけるものと思いますので、ご興味がございましたら是非、朝日AJのほうへお立ち寄りください。

12月 27, 2010 未完成にひとしいエントリー記事 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104680/50410601

この記事へのトラックバック一覧です: 日航907便・航空管制官事件最高裁決定と事実解明のための刑事免責:

コメント

コメントを書く