« 闘うコンプライアンス(しまむらvs加茂市)その3 | トップページ | 企業不祥事の発覚経緯と「件外調査」の重要性 »

2011年1月24日 (月)

監査役(監事)の監査見逃し責任を認めた判例の検討

たしか10日ほど前に証券取引等監視委員会の再編(有報の虚偽記載検査を専門とする開示検査課のパワーアップ)に関する新聞記事が出ておりましたが、あまりブログ等でも話題になっていないようですね。某監査法人さんのアンケートでは昨年よりも「企業が感じているリスク・ランキング」で下がっておりましたが、私は断然、上場会社の虚偽記載リスク(およびそれに伴う役員さんの法務リスク)及び監査法人の行政処分リスクが増大することは間違いないと思っているのですが・・・・・。民主党の新成長戦略によって証券取引所も「積極路線」になるようですし。。。。。

さて私事ではございますが、今年もいよいよ2月の福岡を皮切りに、東京、大阪、名古屋にて日本監査役協会の研修会セミナーの講師をさせていただきます。テーマは昨年同様「監査役の有事対応と平時における予防的監査」ということでありますが、講演の内容は昨年とは全く異なりますので、昨年受講された監査役の方々にもぜひ、今年も受講いただければ幸いでございます。

とりわけ、今年は有識者懇談会で大きなテーマとなりました「監査役の『法的義務』と『ベストプラクティス』の関係」、「平成23年改正の監査役監査基準の重要な改正ポイント」、そして先日少しだけ触れました「釧路市民生協組合債高裁判決からみた『監査役の業務監査と会計監査』の整理」あたりのテーマについて触れてみたいと思っております。これらのテーマを、5ないし6ほどの設問形式のなかで、監査役さんのとるべき対応(期待される対応)を検討しながら研修していきましょう・・・・・という趣向でございます。また、「ベストプラクティス」といいつつも、何かあれば監査役監査基準は法的責任追及の根拠となるのではないか、それらしいことが改正基準の前文にも記載されているのではないか・・・といったところも、すぐに答えが出るわけではございませんが、監査役の皆様と考えていきたいところであります。

釧路市民生協組合債事件で4名の監事の方々に注意義務違反が認められるわけでありますが、これを一昨年の大原町農協最高裁判決や、同年のライブドア損害賠償請求事件における監査役(監事)の注意義務違反の認定過程と比較すると、かなり「監査役の有事対応の在り方」を考えるうえで参考になるのではないかと思っております。比較検討の前提問題としまして、2006年の消費生活協同組合法の改正前の状況につきましても、おおよそ調べてみましたが、生協の監事も株式会社の監査役と(当時の法律を前提としましても)それほど差異はないようです(あるとすれば組合員の中から監事が選出されること、最終的に行政による監督がなされることぐらいでしょうか)。もちろん、判決文の詳細を含め、この(結論が分かれております)地裁、高裁判断へのきちんとした法的検討は、また追って法律雑誌にて書かせていただきたいと思っております。

1月 24, 2011 監査役の理想と現実 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104680/50667435

この記事へのトラックバック一覧です: 監査役(監事)の監査見逃し責任を認めた判例の検討:

コメント

山口先生
監査役協会の研修講座(3月2日東京)を早速申し込みました。
監査役にとっては「監査見逃し責任」の問題は最大の関心事の一つと言ってもいいでしょう。監査役監査の実効性の向上、「厳格化」を求める社会的要請に応える形で打ち出された「ベストプラクティス」や「監査基準」「内部統制システム監査実施基準」改定案と「法的責任」との関係について、本質的かつ実態を踏まえた解明を期待しています。多くの現場でこうした「あるべき姿」と「現実の姿」の間には極めて大きなギャップがあります。そうした中で、これらがあたかも「通常実施すべき監査手続き」に準ずるものと見做されることへの危惧が強くあります。

投稿: いたさん | 2011年1月24日 (月) 22時35分

山口先生
おはようございます。はじめてコメントいたします。

私も東京ではありませんが、先生の研修に参加する者です。上の方と同様、市民生協事件の裁判にたいへん関心があります。大原町農協の裁判は月刊監査役にも解説があり、また我々監査役の間でも研究対象となりましたが、会計監査にからむ問題について、もうすこし別の裁判例はないかと探しておりました。10年前の裁判だそうですが、できれば裁判の事例なども含めて詳細にご解説いただければありがたく存じます。

まだまだ寒さが続きそうですが、先生も体調を崩されませんようご自愛ください。

投稿: 中村 | 2011年1月25日 (火) 09時35分

いつも大変有益な内容をありがとうございます。

今回の事例ですが、判決文も掲載されるご予定なのでしょうか?
できましたら本文も読んでみたいのですが。

もし可能でしたら匿名処理の上こちらにアップロードしていただけると大変有り難いのですが。
勝手を言って申し訳ありませんが、宜しくご検討ください。

投稿: とーりすがり | 2011年1月25日 (火) 12時46分

いたさん、お申込みありがとうございます。(ご無沙汰しております)
いや、いたさんのおっしゃるとおりです。実はそのあたりを、誰かが問題提起する必要があるのではないかと思いまして。私のように、特に守るべき組織もなく、自由に話ができる人間が最適かも(笑)しれません。期待に添えるかどうかはわかりませんが、きちんと準備をして参りますので、どうか宜しくお願いいたします。

中村さん、ありがとうございます。(だいたいわかります。名古屋の方ですよね??)
生協関係者の方の間では有名な判決だそうですが、これまでほとんど外部には出ていなかったみたいです。

とーりすがりさん、こんにちは。
監査役協会の講演では、地裁・高裁判決の抜粋(監事の責任について書かれたところ)のみをテキスト化してレジメに落とし込んでいます。全文となりますと、理事のみなさんもいろいろと争っておられ、かなり長文なので。
なお、この判決は内部管理部長さんの第三者責任が認められており、そいった意味でも衝撃的です。
最近はPDFとかADOBEの発達で、そのままテキストスタイルに変更できる可能性もあるのですが、やってみたところ「文字化け」がひどく、テキスト形式にするのに時間がかかりそうです。
マスキング処理でそのままPDFを公表する、ということも検討してみますが、全文となりますと、念のため生協関係者の方々の了承をいただいてから・・・とさせていただきますね。

投稿: toshi | 2011年1月25日 (火) 14時31分

コメントを書く