« 午前中だけで6万アクセス突破・・・・・(みなさんのご関心がわかります) | トップページ | 闘うコンプライアンス(しまむらvs加茂市)その3 »

2011年1月18日 (火)

東京でのセミナー「上場会社ディスクロージャーの信頼確保に向けた関係者の取組みと法的問題の検討」(東京開催)

Tobensemi002

昨日は午前中だけで6万アクセスを超えましたので、これは一日で10万アクセスまちがいなし!と思っておりましたが、ヤフーニュースの内容から消えたとたん、普段のアクセス数に戻りました。それでも一日で9万アクセス、というのは「とんでもない新記録」でございます。いい記念になりました。<m(__)m> でも、もういいです(笑)

さて、東京の弁護士の方から教えていただきましたが、2月10日(木)午後1時から3時半まで、クレオ(弁護士会館2階ホール)にて左記のとおりのセミナーが開催されるそうであります。内容は上場会社関係者向けでございます。

「上場会社ディスクロージャーの信頼確保に向けた関係者の取組みと法的課題の検討」(第一東京弁護士会、同会総合法律研究所、同金融商品取引法研究部会 主催)

東京の「ふしぎな開示研究会」に毎月出席させていただいておりますが、同じ有報や適時開示情報を見ていても、(その道の方々は)どうして引き出せる情報がこうも違うのだろうか、どうしてこんなに分析が鋭いのだろうか・・・といつも感心しております。開示情報から、これだけいろんなことがわかるのであれば、ガバナンスのあるべき姿を追求したり、不公正ファイナンスをできるだけ防止するために、今後は会社法や取締法といった「行為規制」よりも「開示規制」によって運用していく方向に向かっていくのではないでしょうか。また、たとえ行為規制によるものとしても、法というハードローよりも、自主ルールといったソフトローによる手法が多用される時代に向かっていくのではないでしょうか。また、逆にガバナンスがしっかりしていなければ、投資家に信頼されるような開示情報をリリースできない時代になりつつあるのではないかとも思われます。

そういった時代に、まさに私好みのタイムリーなセミナーであります。講演、シンポに登壇されるメンバーの方々も錚々たるもので、もし人的・物的資源があるならば、私個人としても関西でこのようなセミナーを開催したいと思えるような内容であります(まあ、ご登壇される顔ぶれからみて、なかなか関西で開催するのは困難かもしれませんが・・・)。すでに一弁さんは、東京近辺の上場会社さんに向けて広報を開始されたようですが、定員は200名(先着順)とのことですので(参加費も3000円はかなり安い!)、当ブログをご贔屓にしていただいている皆様方も、ぜひとも多数ご参加されてみてはいかがでしょうか。

1月24日がお申込み締切日だそうでありますが、上記図面はちょっと読みにくいでしょうし、申込用紙が添付されておりませんので、お申込みを含め、詳しくは下記のPDFをご参考くださいませ。

「201120210201.pdf」をダウンロード

1月 18, 2011 未完成にひとしいエントリー記事 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104680/50617168

この記事へのトラックバック一覧です: 東京でのセミナー「上場会社ディスクロージャーの信頼確保に向けた関係者の取組みと法的問題の検討」(東京開催):

コメント

いつもブログで勉強をさせていただいています。
このセミナーにも参加させていただきたいですが、場所が東京なんですよね。ACFEカンファレンスといい、他のセミナーといい、面白そうな参加したいと思うセミナーは東京が多いです(泣)でも、大阪で実施される山口先生のセミナーに参加させていただきたいと思っておりますので、その際は、どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: cpa-music | 2011年1月18日 (火) 13時03分

cpa-musicさん、こんにちは。

私も同感です(笑)でも、やはり大阪だと面白そうなセミナーやシンポをやるだけの人的資源が・・・
私も仕事が重なって、このセミナーにはいけそうもないんですよ。こういったセミナーを企画するには(自分の経験からすると)たいへんな労力が必要なので、奇特な方が必要なのも事実ですね。

投稿: toshi | 2011年1月25日 (火) 14時20分

コメントを書く