« 郵便不正事件「証拠改竄-特捜検事の犯罪」を読んで | トップページ | 震災による定時株主総会の延期と「定款違反」 »

2011年3月25日 (金)

「Q&A災害時の法律実務ハンドブック」初版公開と出版社のCSR

(3月26日未明 追記あり)

ろぼっと軽じKさんから教えていただきましたが、新日本法規さんが、本日「Q&A災害時の法律実務ハンドブック」の初版をテキストデータにて開示されました。(ご教示ありがとうございます)法律関連の出版社によるCSR(企業の社会的責任)として、この英断に頭の下がる思いです。被災者の皆様、そしてマスコミの皆様、どうかご活用いただければ、と。原発問題や津波による家屋消失、災害保険の実務など、同様に考えてよいものかどうか、疑問もあろうかとは思いますが、解決の方向性を知るうえにおきまして、我々弁護士も法律相談の手引きとして貴重なものであります。

「Q&A災害時の法律実務ハンドブック」(平成18年度版)

なお、これは平成18年度発行のものであり、最新版は現在関東弁護士連合会において、急ピッチで編集が進められているようですので、あくまでも平成18年度版としてご参照ください。被災者の方々にも、避難所におられる方から、自宅で不便を強いられておられる方など、さまざまかと思います。それぞれのお立場で活用できるのではないでしょうか。

(追記)

新日本法規さんと同じく、商事法務さんの「地震に伴う法律問題Q&A」(平成7年版)がPDF化され、同社HP上にて公開されております。こちらも、すでにご紹介させていただいたとおり、(少し内容は古いですが)たいへん震災関連の法律問題の解決のため有益な情報が詰まっております。このたびの震災復興に向けての各社のご尽力には、たいへん敬服いたします。

3月 25, 2011 未完成にひとしいエントリー記事 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104680/51214767

この記事へのトラックバック一覧です: 「Q&A災害時の法律実務ハンドブック」初版公開と出版社のCSR:

» 弁護士と実務法務系出版社の矜持と心意気がが示された(感動):弁護士たちによる災害時のQ&A本が無料公開・・・緊急時の社会復興のための出版社と著者による前向きな社会貢献の実践 トラックバック 法務の国のろじゃあ
このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。 「ビジネス法 [続きを読む]

受信: 2011年3月29日 (火) 16時06分

コメント

コメントを書く