« ZAITEN9月号「迷走する公認会計士」に執筆いたしました(お知らせ) | トップページ | 他社をかばうことと「コンプライアンス経営」-その2- »

2011年7月29日 (金)

保安院の「やらせ意見依頼」問題と九電のやらせメール事件の関連性

やらせメール事件は急展開を見せております。中部電力に続き、四国電力でも過去の説明会に対する保安院の「やらせ意見依頼」があったことが判明とか。

ということは、過去において九電に対しても保安院からの「賛成意見者を増やせ」といった依頼があったのでは?今回もあったのでは?かりに今回はなかったとしても、以前から保安院による依頼があったのであれば九電にモラル違反を問うことはどうなのか?はたして社長が辞任しなければならないのか?・・・・・・いろいろと疑問が湧いてまいります。

少なくともこれまでの九電さんの社内調査では、保安院からの要請といったことはどこにも出てこないわけであり、真の原因を隠ぺいしておられたのでしょうか?(当ブログを長年ご覧の方であれば、どこの組織でもよくあること、とおわかりのことだと思いますが)

とりいそぎ、仕事中なので速報版ということで。。。

7月 29, 2011 コンプライアンス経営はむずかしい |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104680/52338591

この記事へのトラックバック一覧です: 保安院の「やらせ意見依頼」問題と九電のやらせメール事件の関連性:

» 保安院、中部電にやらせ質問要請、四国電力にも動員要請。 小泉、安倍政権はやらせが好き トラックバック 自分なりの判断のご紹介
ちょっと政治がらみの 記事から離れて おりましたが。 政治部記者が仰天 ニュースみたいな 感じでとりあげて います。 保安院:中部電に「やらせ質問」要請 プルサーマルシンポ 中部電力は29日、07年8月... [続きを読む]

受信: 2011年7月30日 (土) 18時06分

» 九州電力やらせメールきっかけは佐賀県知事? トラックバック Star Prince JUGEM
nbsp;保安院が中部電力四国電力に働きかけをしたとの報道に続き九州電力 きっかけは佐賀県知事との報道 佐賀県古川知事の臨時会見が流れていたが、事実なら九州電力社長はむしろ被害者?九州電力会長の発言は今になりなるほどとも思えるところも 第三者委員会郷原信郎委員長の会見もTVで見たが、影響は否定できないようだ。今朝3時54分頃の地震で目が覚め、眠いが、すっきりしたいものです。... [続きを読む]

受信: 2011年7月31日 (日) 12時01分

コメント

中部電力に加え四国電力もですか NHKニュースで海江田大臣が泣いている様子が放映されましたが、今後の展開気になりますね

投稿: 星の王子様 | 2011年7月29日 (金) 20時03分

ほんと、この事件は当初の予想どおり、我々コンプライアンスを論じる者にとって研究対象にふさわしい展開になりましたね。
ということで、続編を書かせていただきました。

投稿: toshi | 2011年8月 1日 (月) 02時38分

コメントを書く