« 関経連後援・CSRセミナー募集締め切りのお知らせ(お礼とお詫び) | トップページ | 「社外監査役」が期待する「社外取締役」の姿とは? »

2012年2月17日 (金)

オリンパス事件7人逮捕と「検察の正義」

本日(2月16日)、オリンパス巨額損失飛ばし事件について、元経営者、指南役等合計7名が逮捕され、いよいよ事件が「事後規制」の領域(民事責任、刑事責任、課徴金等の制裁的意味を持つ行政処分の領域)に入ってきました。

ほかのところでも少し述べましたが、この「7名」という逮捕者の数を予想されていた方はいらっしゃるのでしょうか?マスコミや多くの方のブログを含め、N氏、Y氏が元経営陣とともに身柄拘束される、という予測を聞いたことがありません(もし、事前に7名逮捕、という予測を立てていた方がいらっしゃいましたら、元ネタを含めてお教えいただければ幸いです)。どこで伺っても、みなさん「まあ、刑事問題は首謀した3名までであり、組織ぐるみではないということで上場は維持されて、あとは銀行主導で幕引きでは」といったものでした。昨年12月に公表された訂正内部統制報告書においても、わずかA4一枚に「監査役会、取締役会が機能していなかったため、全社的内部統制に重要な欠陥があった」で終わり。とくに問題の核心に迫るような点は見当たりませんでした。

先週から、日本監査役協会講師の全国ツアーが始まりまして、関西の監査役の皆様の前では申し上げましたが、これからオリンパス事件は大きく動き出しますし、これまで判明しなかった事実がいよいよ浮上してくる、と予想しております。なぜなら、これまでは事前規制の世界であり、「予定調和」的なストーリーが「大きな力」によって展開されてきたのでありますが、これから始まる事後規制の世界では、その「大きな力」によっても抗いがたい別の哲学が機能するからであります。

そのひとつが検察権力であり、もうひとつが司法権力(株主代表訴訟)だと認識しております。言うまでもなく、検察がもつ「正義の哲学」は、およそ他の権力によって押しつぶされることはありません。、ご自身方特有の正義思想に基づいて動くわけでして、このたびも証券取引等監視委員会や警視庁との合同ではありますが、「共謀共同正犯」理論を駆使して、「東理ホールディングス元役員無罪事件の借りを返す」執念で動いているのではないか、その表れが本日の7名逮捕ではないか、と推測いたします。

また、事後規制の典型である株主代表訴訟においても、主導権を握るのは少数株主(オンブズマン?)であり、裁判官であります。予定調和の全くない世界であり、「まあ、これくらいで和解して一件落着」といった大人の対応が許容されるものではありません。裁判において、どのような資料や証言が飛び出してくるのか、まだまだこれからでありますが、関係者にとっては不安な毎日が続くものと思われます。

本日、英国においてウッドフォード元社長の記者会見があり、「歴史的な日になったが、この事件にはまだまだ解明できていないところがある」と述べておられました。しかし、私からするならば、このウッドフォード氏がなぜ25人抜きで伝統あるオリンパス社のCEOとなったのか、これが一番解明されるべき問題であり、これまで第三者委員会報告書でも、取締役責任調査委員会報告書でも、そしてウッドフォード氏ご自身の口からも明らかにされておりません。「この会社は変わらねばならない。だからこそ欧州法人の代表である君にCEOになってもらいたい」とK氏から指名を受けた・・・・・・・、という理由だけでは誰も納得できないはずです。

こういった私個人の疑問も含めて、今後の事後規制の世界において、オリンパス事件の闇の部分が解明されていくことを切に希望いたします。

2月 17, 2012 刑事系 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104680/54002931

この記事へのトラックバック一覧です: オリンパス事件7人逮捕と「検察の正義」:

コメント

今後の推移を注視したいですね。中川容疑者の最新映像をTVで見かけませんでした。中川容疑者より横尾容疑者の果たした役割が大きいということでしょうか。

投稿: 星の王子様 | 2012年2月17日 (金) 09時56分

>私からするならば、このウッドフォード氏がなぜ25人抜きで伝統あるオリンパス社のCEOとなったのか、これが一番解明されるべき問題であり

確かに!! 

邪推ですが、あずさが監査を降りて、いよいよヤバいと思ったので、日本人経営者の「弾よけ」に担いだとか…。

ウッド氏も何だかんだでオリンパス歴25年、指名されたその直後にこの問題に取り掛かっていたので、かれはこの問題をある程度知っていたのでしょうね。それでなぜ引き受けたのか、とか。


投稿: katsu | 2012年2月17日 (金) 12時22分

1.逮捕者の人数について
<7名」という逮捕者の数を予想されていた方はいらっしゃるのでしょうか?>~とのことですが、私は逮捕者が出るとしたら3名では終わらない、と思っていましたからそういう意味では驚きは全くありません。<元ネタ>というものも特になく、理由は簡単です。「3人だけでは解明できないから」~これにつきます。(ということは)もっと言うと、「まだ出るかもしれない」とさえ思っている、ということです(言いにくいことなので、「役員だけでなく」、とだけにしておきます)。
このように考える理由も1つです。それは、「刑事問題は首謀した3名までであり、組織ぐるみではないということで上場は維持されて、あとは銀行主導で幕引きでは」と思っていなかったからです。「上場維持」には「非常な(大きな)違和感」を覚えます。いずれにしても、粉飾手法は非常に悪質で長期間に及び、国際的捜査体制という異常事態を全てのステークホルダーは真剣に考えるべきだと思います。逮捕者による有価証券報告書虚偽記載というものは、その意図を鑑みたときの質は極めて悪質であり、その観点から考えると東証の根拠は非論理的としか言い様がありません。
2.ウッドフォード氏がなぜ社長に就任したのか?について
<25人抜きでオリンパス社のCEOとなったのか、これが一番解明されるべき問題>とのことですが、私にはあまりその点に重要性は感じません。「わけのわからない外人を隠れ蓑(?)にしよう」という(それ自体について言えば、確かに意味不明ですが)程度のもので、「まさか彼が「そこでまデキル」人だったと思わなかった、というのが真相ではないでしょうか?
先生のおっしゃる<なぜ引き受けたのか?>や、katsuさんのおっしゃる<彼はこの問題をある程度知っていたのでしょうね。それでなぜ引き受けたのか?>~ということではなく、もし、そうした人事=人選に「何かある」とするとしたら、逮捕者を含む旧経営陣は、<なぜ彼をもってきたか?>にこそ、「何かある」ように感じます。で、もちろん結果的には「旧経営陣の思惑は完全に外れた」、ということです。
以上が私の現在の所感です。

投稿: 伊藤 晋 | 2012年2月17日 (金) 19時48分

私も、それは「野次馬的興味」の範疇だと思いますよ。
いささか気にはなりますが、本質的な問題ではありません。

投稿: 機野 | 2012年2月18日 (土) 01時27分

皆様、ご意見ありがとうございます。まだまだ本件については申し上げたいことがございますが、捜査中ということで、やわらかめの意見だけでとどめております。
あと、逮捕者にS氏が含まれておりませんが、ホントに行方がわからないのでしょうか?これもナゾですね。

えっと、前回のコメントあたりから、どうもいつもの「機野さん」のトーンと違うように感じるのですが(笑)ご本人さんですよね??
以前、機野さんが一日に3回ほどコメントを送ってこられたときがあり、ニセモノさんがいらっしゃったようなので、とても気になっておりますが・・・汗

投稿: toshi | 2012年2月20日 (月) 01時38分

本人でございます(笑)。
必要があれば、「証明」申し上げます。

投稿: 機野 | 2012年2月20日 (月) 06時12分

私は、後出しジャンケンかも知れませんが、前監査役は含まれていて当然と思っていました。

監査役が、機能を発揮しかったわけで、日本の監査役制度のあり方も考える必要もあるのかと思いました。

特に、逮捕された監査役は、取締役から監査役に就任しており、監査役になっても、自らが取締役として過去に関与した関連事項については、正当な監査ができないはず。

社外監査役や社外取締役制度の前に、監査役制度の強化として、取締役を経験した場合は、監査役に就任できないことにするようなことも必要と思いました。なお、本来であれば、社内から生え抜きの役員を選抜するようにする場合でも、出世コースの先に、取締役コースと監査役コースの2つがあっても良いような気もします。

投稿: ある経営コンサルタント | 2012年2月20日 (月) 12時12分

3人が特捜に、4人が捜査二課に、別々に逮捕されたことに関心があります。実は逮捕容疑が違ったりするのでは、と想像してます。

投稿: 凡 | 2012年2月20日 (月) 22時39分

機野さん、たいへん失礼しました(笑)また機野さんがツッコミを入れやすそうな話題にも触れたいと思いますので、どうかよろしくお願いします

Y氏の逮捕、というのは同業の方々にはかなり衝撃だったようですね。「Yさんが捕まったら、それだけでは済まない」というのがもっぱらの評判だとか。。。なるほど、凡さんの懸念もあたっているかもしれませんね。

投稿: toshi | 2012年2月21日 (火) 09時53分

コメントを書く