« 深夜の日経ニュースは蜜の味?(アコーディアゴルフの乱) | トップページ | ひさしぶりの「物言う監査役シリーズ」-ベリテ社事例の続編 »

2012年5月 1日 (火)

セミナー・イベントのお知らせ(ふたつほど・・・)

GWの真っただ中、皆様いかがお過ごしでしょうか。私はといいますと、ずいぶんとプレッシャーをかけられております新刊書の原稿執筆に没頭しておりまして、ブログの更新もお休みさせていただいております。

こういった時期にこそ、セミナーやイベントのお知らせをさせていただきます。残念ながら同じ日に重なってしまい、私もどちらへ行けばよいのか迷っております。

ひとつめは、いつもお世話になっております第一法規さんの会社法関連のセミナーでございます。

法制審議会から、「会社法制の見直しに関する中間試案」が発表されました。法制審議会では企業統治などを中心に審議が行われましたが、繰り返される大企業の不祥事も絡んで、大いに話題になっています。本セミナーは、弊社の『論点体系会社法』の発刊を記念して、この改正がなされた場合に取締役会はどうかわるのか企業再編はどうかわるのか、という観点から「未来予想」をしてみるという意欲的な企画です。

◇テーマ  :会社法の実務上の論点を理解する

◇日  時: 2012年5月18日(金) 13:30~17:00(受付開始13:00)
◇会  場: ヒルトンプラザ ウエスト 第二吉本ビルディング8階 AB会議室

◇受講料:①一般のお客様 お一人様 10,000円(税込)      

②『論点会社法全6巻セット』をご購入済みのお客様または本紙にてご購入をお申し込みの方 お一人様  3,000円(税込)

◇定 員: 先着順 70名  *定員となり次第、締め切らせていただきます。

◇講 師: 阿多博文氏(同志社大学法科大学院客員教授、元法務省法制審議会会社法部会委員、弁護士)

大阪弁護士会において、おそらく会社法にもっとも精通しておられる阿多弁護士によるセミナーです(商事法務のセミナーでも有名)。

詳しいご案内、お申し込みはこちらからお願いいたします。

そしてもうひとつは、昨年もご紹介いたしました「StartUpEngine2012」でございます

2006年ころから比較するとまだまだではございますが、やっとIPOにも薄日が差してきたのではないかと。そこで、関西でIPOを目指すようなベンチャー企業が増えていくことを願い営業創造さんはじめ、著名企業さんが運営支援するイベントが今年も開催されます。

日時 2012年5月18日(金) 13:30~17:30 (13:00受付開始)
会場 大阪国際会議場 10F 大阪市北区中之島5丁目3-51 会場地図はこちら
参加費 3,000円(税込)  ※ネットワーキングディナー:5,000円(税込)

『成⻑志向企業の経営者、起業・事業創造を志望するビジネスパーソン及び学生』を主たる対象に、「次代起業家、新事業を生み出す知識・人・気持ちが集まる場の創造」を目的とした企画です。企業・起業支援に経験を積んだメンバーが核となり、知識・人・気持ちの新たな繋がりの基点となることを目指します。

2年目となる今回は、ベンチャー創業から上場を経て、今もなお成長を続ける企業の経営者として最前線で活躍されているスピーカー陣を迎えます。
また、法務・会計・資金調達など多くの企業を支援する主催者による講演も予定しております。
是非ご参加ください。
Startup Engine 主催者一同

詳しくは、こちらまで

私の本業はどちらかといいますと、ベンチャー企業がドツボにはまってしまって、さあたいへん!というなかでの支援なので、ちょっと後ろ向きなのですが、このように創業者への前向きな支援はいいですね!先週、ファーストリテイリングで2年間、ゼネラルカウンシルをされた方(このたびオリンパスの監査役に就任された方ですが)のお話をお聴きしましたが、なぜ柳井CEOはコンプライアンスに特別な配慮をしないのか、という話がとても印象的でした。経営判断のなかにコンプライアンスリスクがすでに組み込まれているのだそうです。利益の量より質、損失の量より質が優先。つまりコンプライアンスはブレーキではなく、アクセルを安心して目いっぱい踏み込むための大前提ということだそうです。

どちらも5月18日ですが、ご興味のあるほうへ参加してみてはいかがでしょうか。

5月 1, 2012 未完成にひとしいエントリー記事 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104680/54604056

この記事へのトラックバック一覧です: セミナー・イベントのお知らせ(ふたつほど・・・):

コメント

コメントを書く