« 不正調査のむずかしさを痛感するVWの排ガス偽装事件 | トップページ | VW(フォルクスワーゲン)では内部通報制度は機能しない »

2015年9月30日 (水)

ACFEカンファレンスの内容変更のお知らせ(と、おわび・・・)

ブログを書く時間があまりとれず、ブログネタばかりが手帳に山積みになっておりますが、この告知だけは本職を投げ打ってでも(?)書かねばなりません。

以前、当ブログでも告知しておりました2015年度ACFE(日本公認不正検査士協会)のカンファレンスですが、お知らせとおわびがございます。本日の東洋経済WEBの伊藤歩さんの(あまりうれしくない)記事のとおり、エンロン事件で刑期を終えた同社元CFOファストゥ氏の来日が困難な状況になりまして、ファストゥ氏はビデオによる出演に変更させていただきました。当ブログをご覧いただき、「生ファストゥが見れるとは・・・これはスゴイ」と思ってお申し込みをされた皆様、本当に申し訳ございません。<m(__)m>上記記事のとおり、日本国への入国が許可されませんでした。

直前の入国拒否について、その可能性への配慮を欠いておりました者(ACFE理事)としては、上記記事のように「アホ」「まぬけ」と指摘されてもしかたないところであります。とくに私のブログでのご紹介内容からしますと、法律家である私は「主犯格」と言われてもしかたないかも・・・です。(>_<)ホントニゴメンナサイ・・・

2015_6th_jconf_mainsitesponsors0925いままでのACFEでしたら、ここで下を向き、ひたすら謝罪していたかもしれません。しかし、最近のACFEは違います!ACFE組織はとても元気なので「ピンチをチャンスに変えるべく」火事場の馬鹿力でがんばって企画を立ち上げました!そうです、ファストゥ氏はビデオ出演となりますが、エンロン事件を内部告発したあの女性、エンロン元副社長シェロン・ワトキンス氏をお招きすることとなりました!ワトキンス氏はエンロン事件で崩壊したアーサーアンダーセン会計事務所からエンロン社に転職した方であり、同事件を告発し、2002年にはTIME誌においてパーソン・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。おかしいと思いながらも黙っていた関係者が多い中、どのような心境で「エンロンはこのままでは崩壊する」と告白するに至ったのか、ぜひともお聴きしたいところです。13年前、ワトキンス氏がエンロンを退社することを報じた時事通信ニュースはこちらです。なお、このシルエットはご本人とはかなり・・・。

ACFE第6回カンファレンス「シェロン・ワトキンス氏緊急来日!」

ファストゥ氏の講演に続き、今度はエンロン社を内部告発したワトキンス氏の講演となります。その後は青学の八田進二教授にワトキンス氏と対談していただく、という流れに修正されました(その後のシンポの内容には変更ございません)。おかげさまで、HPでもお知らせしておりますように、企画変更後、懇親会参加者は満席となりました(ありがとうございます!<m(__)m> なお、会場参加はまだ募集しております)。「えっと、エンロン事件ってどんなストーリーだったかな?」という方も心配ご無用です。ファストゥ氏の講演の前に青学の町田祥弘教授によるエンロン事件のご解説がありますので、そこで概要をおさらいできるようになっております。

まだ若干、会場参加が可能とのことですので、この修正企画にご興味をお持ちの方は、ぜひともACFEカンファレンスにご参加ください。10月9日(金)御茶ノ水ソラシティホールにて午後1時開演です。また、午前中は協賛会社様によるプレカンファレンスも開催しております(詳しくはこちらです。ただし午後のカンファレンスに参加される方のみとなります)どうか多数の方のご参集をお待ちしております!!

9月 30, 2015 未完成にひとしいエントリー記事 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104680/62378862

この記事へのトラックバック一覧です: ACFEカンファレンスの内容変更のお知らせ(と、おわび・・・):

コメント

コメントを書く