« ガバナンス改革時代におけるコンプライアンス経営(セミナー告知) | トップページ | ガバナンス・コードへの対応-「とりあえずコンプライ」と「なんちゃってコンプライ」 »

2016年8月23日 (火)

岸監査役とのお別れ

本日は予定を変更しまして、関係者かぎりのさみしいお話で失礼いたします。

私が取締役を務めているニッセンHDの社外監査役、岸秀隆氏が逝去されました。岸さんは長く監査法人トーマツの代表社員を務められ、退所後に当社の監査役(社外)に就任されました。岸さんとは役員仲間であること以上に、ある研究会で長年ご一緒させていただき、拙著「法の世界からみた『会計監査』」の執筆時にも、有益なご意見を頂戴しておりました。また、グループ会社経営の「全体最適、部分最適」の考え方等も教えていただきました。私は参加しておりませんが、経営者の方々を集めて自主勉強会も定期的に開催されていました。

ここのところ、お身体の調子が良くなかったのですが、当社の役員会にも精力的に出席され、(電話会議ではありましたが)先週までご出席いただいておりました。会社自身が厳しい状況に置かれている中で、財務会計的知見から貴重なご意見をいただいておりました。まだまだお若かっただけに、このような訃報に接することは非常に残念でなりません。

岸さんからは、「会計士の職業倫理」を含め、まだまだ教えていただきたいことが山ほどありましたが、たいへんわずかではありますが、私がこれまでに学ばせていただいた知見を実務に活かすことで、岸さんへの感謝の気持を示したいと思います。謹んでご冥福をお祈りいたします。

8月 23, 2016 未完成にひとしいエントリー記事 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104680/64097404

この記事へのトラックバック一覧です: 岸監査役とのお別れ:

コメント

コメントを書く