« グループ・ガバナンスの話はなぜむずかしいのか?(あくまでも私見・・・) | トップページ | 有償ストックオプションの会計処理問題-会計基準によって「事実」は作られる? »

2016年10月21日 (金)

経団連主催の企業倫理セミナーにて講演をさせていただきました。

本日(10月20日)、経団連主催の関西企業倫理セミナーにおきまして「コンプライアンス経営の推進に向けて-精神論ではなく実践論としての企業倫理」と題する講演をさせていただきました。毎年10月は経団連の企業倫理月間ということで、東京と大阪でほぼ同時に開催されるものです。大阪国際会議場の特別会議室に250名ほどご来場いただきまして厚くお礼申しあげます。いままで(講演や本業で?)お世話になった企業の関係者の方々ともひさしぶりにお会いできて楽しかったです。

講演の要旨は後日、写真とともに経団連ニュースにてネット上でご覧いただければ幸いです。こういった講演では、会場からの質問はあまりいただかないのが通例なのですが、本日は多数の方にご質問をいただきまして、こちらも新たな「気づき」をいただきました。「答え」になっていない回答もあったかもしれませんが、ご勘弁ください。なお、国際会議場の一番大きなホールでは「日本監査役協会監査役全国会議」が開催されていてビックリいたしました(^^;。

10月 21, 2016 未完成にひとしいエントリー記事 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104680/64376129

この記事へのトラックバック一覧です: 経団連主催の企業倫理セミナーにて講演をさせていただきました。:

コメント

コメントを書く