« リニア工事談合事件の摘発はやはり日本版司法取引の試金石か? | トップページ | 3月総会の注目点-「モノ言う株主」とSSコード »

2018年3月 7日 (水)

外部調査委員会委員長に就任いたしました

本日は書きたいネタがたくさんありましたが、なかなか時間がとれませんでした。

さて、私事ではございますが、本日リリースのとおり、証券コード6464社の不適切行為に関する外部調査委員会の委員長に就任いたしました。今年1月から2月にかけて、某上場会社の特別調査委員会の委員長を拝命し(ただし報告書は非開示)、ようやく解決したところでしたが、今度は開示案件となります。自動車部品に関する事案であり、公正独立の立場で調査を行うことへの重責を感じます。

深夜に至るまで、委員や関係者の皆様との協議に忙殺されますので、またブログの更新が滞ることが予想されますが、けっして病気とか、私自身の不祥事(?)によるものではございませんので、あらかじめ言い訳をしておきます(なお、できるかぎり短いものでも更新できるように努力はしたいと思います)。

|
|

« リニア工事談合事件の摘発はやはり日本版司法取引の試金石か? | トップページ | 3月総会の注目点-「モノ言う株主」とSSコード »

コメント

山口先生 おはようございます。昨日の毎日新聞 毎日サンデーのインターネット記事に、危うい実態 企業の「良心」を守るはずが… 私は会社から8年にわたって通報の報復を受けた が配信されていました。・・・https://mainichi.jp/sunday/articles/20180305/org/00m/040/001000d  先生、ところで不正が起きた日を特定することは難しいのでしょうか?社内の膨大な資料からは、事案(不正)が発生したとなると振り返りの検証や反省などは、2〜3年で会社HPに一度は掲載されるのでしょうが、起きた企業としてはもうどうでもいい・・・と風化されてしまうのでしょうね? でなければ、本日ご紹介させていただいた企業も何度も不祥事を起こさないと思うのですが?企業内に向けたデジタルフォレンジックの使われ方などのアップデートな情報にも、関心がございますのでご紹介願います。もちろん、一般的な傾向ということで結構でございます。

投稿: サンダース | 2018年3月 8日 (木) 07時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104680/66468467

この記事へのトラックバック一覧です: 外部調査委員会委員長に就任いたしました:

« リニア工事談合事件の摘発はやはり日本版司法取引の試金石か? | トップページ | 3月総会の注目点-「モノ言う株主」とSSコード »