« 龍角散セクハラ訴訟を内部通報制度の視点から考える | トップページ | 平時にこそ学んでおきたい「資本市場とプリンシプル」 »

2019年6月 7日 (金)

ACFE JAPAN(日本公認不正検査士協会)の理事を退任いたしました。

本日(6月7日)は諸事情ございまして、経済産業省産業組織課の皆様と意見交換をさせていただきました。中央大学(法科大学院)の大杉先生ともひさしぶりにお話ができて、とても楽しい時間を過ごしました。いろいろとブログネタを仕入れてきましたが、たぶんブログで書いてもよいといった雰囲気でしたので(?笑)、今後小出しにしていきたいと思います。

さて、昨日(6月6日)のACFE JAPAN(日本公認不正検査士協会)の社員総会をもちまして、2011年以来務めさせていただきました同団体の理事職を退任させていただきました。同団体の活動には、関係者の皆様に多大なご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。<m(__)m>私の後任理事には、大阪の塩尻明夫氏(公認会計士、税理士、CFE)が就任いたしました(どうかよろしくお願いします)。会員数も2000名を超える規模となり、ちょうど良い時期に退任できることは幸せでございます。これからは一会員に戻って、引き続きACFEの活動に参加するつもりです。

懇親会では記念品をいただき、またご挨拶もさせていただいて、ありがとうございました(なお、退任に伴い、当ブログ及び当事務所HPのプロフィールは変更いたしました)。

|

« 龍角散セクハラ訴訟を内部通報制度の視点から考える | トップページ | 平時にこそ学んでおきたい「資本市場とプリンシプル」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 龍角散セクハラ訴訟を内部通報制度の視点から考える | トップページ | 平時にこそ学んでおきたい「資本市場とプリンシプル」 »