2018年8月11日 (土)

内部通報制度の認証制度への高い関心(説明会満員札どめ)

お盆休みに入りましたが、個人商店である当事務所は(社内紛争や企業不祥事には「お休み」がないためか?)13日以降も平常通りの営業でございます。

ところで「試行錯誤者」さんのコメントで知りましたが、消費者庁がこの秋から始める内部通報制度の認証制に関する説明会が大盛況のようです。東京、大阪での説明会はすべて満席、申し込み受付けを終了しております(消費者庁のHPで確認いたしました)。

これは私の甚だしい見込み違いであり、反省しなければなりません。私は平成28年の消費者庁公益通報制度実効性向上に関する検討会において、認証制度や表彰制度などは一般企業にとっては実効性向上へのインセンティブにはなりえない、そのようなものを制度化するよりもガイドラインを明確化したり、法改正を進めることのほうがよっぽど重要、と(検討会等の公の場で)明言しておりました。

しかし、現実には「当社は優れた内部通報制度を導入しています」と明示できる認証制度にこれほどの企業が関心を寄せているというのは、私の理解不足でありました。ただ、ふたつほど言い訳をさせてください(笑)。私の事務所にも問い合わせが増えたのは、今年5月にコーポレートガバナンス・コード改訂に関する「東京証券取引所の考え方」が公表されてからでした。

消費者庁をはじめ、多くの有識者の方からガバナンス・コードの補充原則2-5①を改訂せよ、との意見が東証に集まりましたが、最終的には改訂はされませんでした。ただ、パブコメへの取引所の考え方として「たとえば消費者庁の公表している民間事業者向けガイドラインに沿った仕組みを構築することが(コンプライしていることの)具体例として考えられる」との意見が付されました(東京証券取引所「パブコメの結果と考え方について」74頁以下をご参照ください)。

今回の内部通報制度の認証についても、この民間事業者向けガイドラインに沿った形での制度構築が要請されているため、上場企業を中心に、この認証制度への関心が高まっているものと推測しております。つまり、私も制度開始時における背景までは2年ほどまえは読み切れませんでした。

そしてもうひとつが今年に入ってからの公益通報者保護法改正に向けた審議の進展です。こちらも先日、内閣府消費者委員会の法改正に向けた報告書が示され、内部告発(外部への社員による情報提供)を少しでも防ぐためには内部通報制度を充実させることが法律上の要件からみても重要との考え方が示されました(これはすでに以前のエントリーで書かせていただきました)。そのような状況も重なり、認証制度への関心が高まっているものと思います。

私の予想ははずれましたが、内部通報制度の実効性向上のためには良い方向だと思いますので、関係省庁におかれましては、できれば東京や大阪では追加の説明会を開催していただき、また全国の主要都市でも同様の説明会を開催していただきたいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2018年5月16日 (水)

内部通報制度の認証制導入に期待する

消費者庁公益通報者保護制度の実効性向上検討会報告書において提言されていました「内部通報制度の認証制度」ですが、5月12日の日経朝刊一面で「今年の9月ころに実施される予定」と報じられていました(サンダースさんがコメント欄でご紹介されているので、私も少しだけ書かせていただきます)。民間事業者による自主的な取組を促進するための施策として、消費者庁でも検討されてきた制度ですね。ISOでも新たな指針として検討されているそうです(これは知りませんでした)。

この制度は、消費者庁による民間事業者向けガイドラインを参考に、実効性の高い内部通報制度を整備して、コンプライアンス経営の推進に積極的に活用する企業を認証する、というものです。民間の第三者評価機関が、40項目程度の審査基準をもとに評価・認証するようですね。認証を受けた民間事業者側は、取得を積極的にアピールすることで、自浄能力の高さ、製品やサービスの安全性を社会に広報していただくことを想定しています。

ここからは私の個人的な意見ですが、この認証制度が大企業向けなのか、というとそうではなく、中小企業にも認証の機会を付与すべき、ということです。民間事業者向けガイドラインは、小さな事業者でも参考にしていただくことを念頭に置いていますので、中小企業の実情も踏まえて、前向きに取り組んでいる事業者の方々も認証される資格はあるはずです。なので、認証評価基準の運用は弾力的であるべきです。

つぎに、いったん認証を受けた後に「ほったらかし」では意味がない、という点です。継続研修制度や認証更新制として、整備よりも運用を重視した認証制度にすべきです。認証を受けたにもかかわらず、不正が起きたから認証取消し・・・といったものではなく、たとえ不正が起きたとしても自浄能力を発揮することに寄与すれば「優れた制度」として認められるべきですし、また形だけ整備していたとしても、実際に運用されている形跡がみられない、ということでしたら認証を取り消す、といった仕組みが必要かと思います。

そして最後になりますが、認証を受けた企業の取組みを、できるだけ公共財として周知すべきです。とくに、中小企業の内部通報制度については創育工夫の余地が多いはずです。様々なアイデアで優れた内部通報制度を整備・運用している事業者がいらっしゃれば、できるだけ他社の参考にもしていただければと。なお、老婆心ながら、(制度が実施される前に)行政法に詳しい方に、こういった認証の付与、取消といったことの法的性質について、きっちり学んでおいたほうが良いかなぁと思いますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年3月29日 (木)

米国の内部告発法は決して「内部告発奨励制度」ではない

三菱マテリアルさんのHPに特別調査委員会の最終報告書が公表されましたね。かなりショッキングな内容であり、多くの経営者の方にもぜひお読みいただきたいところです。

また、品質偽装問題を生じさせてしまった企業にとって気がかりな記事が本日(3月28日)の日経朝刊に掲載されていました。「米、車欠陥の内部告発制度 タカタ元社員が1号に」との見出しで、米国の自動車公益通報者法が紹介されていました。同法に基づいて、日本のタカタ社のシートベルトの不具合を告発した2名の社員に、1億円以上の報奨金が出されることが決まった、とのこと。今後は日本の自動車メーカーや自動車部品メーカーにも矛先が向けられ、新たな脅威になるといった論調でした。

タカタ社の事例を契機に成立、施行された米国の自動車公益通報者法ですが、従業員による不正申告によって企業が約1億円以上の制裁金を課された場合(和解も含みます)、当該従業員には10%から30%の報奨金が付与される仕組みになっています。通報者は日本企業の従業員でも構いませんし、通報事実は施行前(2015年12月以前)の不正に関する情報でも構いません。日本国内での不正でも、当該自動車(自動車部品)が米国内で使用されているのであれば対象になります。

通報者には自動車メーカーだけでなく、部品メーカーや販売会社、そしてそれらの下請け業者も含みますので、日本企業にも相当の脅威となることは間違いないと思います。ただ、だからといって米国の内部告発保護法が「内部告発奨励法」かというと、それは間違いだと思います。上記の記事では紹介されていませんが、たとえば自動車公益通報者法の条文をよく読みますと、公益通報者が保護され、また報奨金をもらえる条件として「先に会社の内部通報制度を利用して、それでも会社が是正措置を講じなかった場合」とされています。つまり、内部通報制度をしっかりと整備し、また運用していれば、内部告発者が多額の報奨金をもらえる可能性は低い、ということになります。

ただ、企業の内部通報制度が整備されていたとしても、7つほどの例外(通報制度を活用せずとも内部告発ができる場合)が定められていますので、具体的にどのような内部通報制度を整備、運用していればよいのかは、法文をチェックしておく必要があると思います。つまり、「いい加減な内部通報制度ではダメ。通報者の秘密を守り、通報者に不利益な処分をあたえないことが保証されている制度でなければならない」ということがわかります。最近の米国における内部告発関連の法制度は、社内通報を重視する傾向が強いのではないかと思われます。したがって、日本企業の対策としても、まずは自社の内部通報制度をしっかりと構築し、従業員に信頼されるような運用を心がけることが第一ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年12月25日 (月)

来年こそ高まるか-公益通報者保護法の改正に向けた機運

12月24日の日経朝刊におきまして、ひさしぶりに公益通報者保護法の改正に関する記事が掲載されました。内閣府の公益通報者保護制度の実効性向上に向けたプログラム(工程表)では、来年法改正の予定とされていますが、消費者庁としてはやはり2019年を目標にしているようです。このたびの法改正は企業や監督官庁にも大きな影響を及ぼすはずなので、経済団体や関係省庁との折衝が続くものと思われます。

ただ、私は⑴ガバナンス改革が進む中で、ガバナンス構築の目的として「CSR経営の推進への配慮」ということが語られるようになってきたこと、⑵最近の一連の無資格検査事例、品質検査データ改ざん事例においては内部通報制度が機能していなかっために内部告発やSNSへの書き込みが不祥事発覚に寄与したこと、⑶リニア工事不正受注事例において、リニエンシー制度が機能し、経営者にとって他社よりも早く正確な情報収集が重要であることが改めて認識されるに至ったこと等から、公益通報者保護法の改正への機運は経済団体でも高まるものと予想しています。

とくに最近は、グループ企業における不正情報が親会社に届かないことで、親会社が致命的な信用低下を招く事案が目立ちます。これだけ戦略的なM&Aが増えていますので、いくらグループ・ガバナンス、企業集団内部統制に配慮したとしても、かならず不祥事は発生します。だからこそ、発生した不祥事をどれだけ早く親会社が察知するか、そこがグループ全体の企業価値向上のためには不可欠の施策であり、内部通報制度の充実や公益通報者保護法の法改正への対応に関心を向けるべきです。

日経記事では、公益通報できる「通報者の範囲の拡大」や行政通報(内部告発)に関する消費者庁窓口の一元化について紹介されていますが、実際には法改正が予定されている項目はたくさんあります。また、記事には掲載されていませんが、企業が内部通報制度を適切に運用することを促すためのインセンティブ作り(認証制度、表彰制度)も進められています。2018年は、法改正に向けたワーキング・グループ等の活動がさらに活発になると予想されますが、どうか今後の審議内容(公益通報者保護制度の実効性を高めるためのシステム作り)について、多くの方々に関心をもっていただければと願っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2017年10月22日 (日)

日産自動車不正検査問題-やはり内部告発が端緒だった・・・

日曜日ですが、備忘録を兼ねて短めのエントリーをひとつ。FNNニュースですでにご承知の方もいらっしゃるかもしれませんが、今回の日産自動車さんの不正検査(無資格者による最終検査)問題について国交省の抜き打ち検査が行われたのは、その数か月前に国交省に内部告発(社内からの情報提供)がなされていたことによるものだそうです。日産自動車の件では、初めて内部告発の存在が明らかになりました。つまり、従業員の方の内部告発がなければ、日産さんは今も平穏無事に(?)無資格者による最終審査を継続しており、新型リーフによる新たな事業戦略がマスコミで華やかに取り上げられていたことになります。

日産さんは当初、「本件について内部通報や告発があったものではない」と発表していました。ただ、私の前回のエントリーの最後のところで述べたとおり、実際には内部告発で発覚したということで、しかも監督官庁がマスコミに漏らした・・・ということなので、日産さんと監督官庁との信頼関係はかなり破たんしていることがわかります。再発防止策を実施したと監督官庁に報告していながら、実はその後も無資格検査が続いていたことが判明したので、日産さんとしては国交省のメンツをつぶしてしまったことになります(これは有事対応としては最悪のパターンです)。

ここからはまた私の推測ですが、従業員の方がいきなり内部告発に至ったとは思えません。定石通り、最初は社内へ内部通報をしたり、上司に問題提起をしておられたものと推測いたします。仮に社内通報が行われていたとなりますと、今度は「不正隠し」(もしくは情報の根詰まり)のほうが無資格検査よりも大きな不祥事として世間から批判を受けることになり、沈静化には長い時間を要することになります。これで「安全性には問題はない、といった意識から、そんなに悪いことではないと現場社員は考えていた」といった安易な企業風土論で片づけることができない不祥事であることが認識できました。

土曜日(10月21日)は、私の事務所で神戸製鋼事件に関する某新聞社の取材を受けました。ここ1週間の間に数名の方から取材を受けましたが、「監査はなぜ機能しなかったのか」といった視点から取材を受けるのは初めてでした。日産さんの件、神戸製鋼さんの件、そして商工中金さんの件、いずれにおいても「監査はなぜ機能しなかったのか」といった視点で原因を究明することは当然であり、ようやくマスコミもそこに関心を向けるようになったと感じました。神戸製鋼さんの品質データ偽装問題については、今のところ自主調査によって発見し、これを自主的に公表したとされていますが、こちらも本当に会社の発表どおりなのか、やはり第三者への情報提供があったのではないか・・・と疑問を抱くところです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2017年9月 8日 (金)

内部通報を促進する企業風土を形成するにはストーリーが必要である

中国の通信機器メーカーである華為技術(Huawei)社は、社内の技術開発上の不正に関する内部通報者(報道では内部告発となっていますが、社内通報ですね)について職位2階級の昇進をさせたうえで、CEOの社内広報として

我々は職員および幹部が真実を語ることを奨励すべきだ。真実には正確なものと不正確なものがあるので、各組織がそれを採択すべきかどうかは問題ではないが、風紀を変える必要はある。真実は組織の管理を改善するのに役立つが、嘘は管理を複雑化し、コストを高める要因となる。 よって、会社は梁山広氏(社員番号00379880)のランクを即日2つ昇進させ16Aとし、そのほかの昇進や一般査定に影響しないものとする。自らの職位を選べ、研究所での仕事を許諾。鄧泰華氏の保護下に置かれ、打撃や報復を受けないものとする

と述べたそうです。Huawei社がこうした内部通報や対策を一般世間に公開した点に関して、社内および中国国内から多数の賞賛の声が寄せられている、とのこと。元々日本よりも中国では内部通報や内部告発は活発ですが、それでもCEOが内部通報を奨励し、目に見える形で通報者への報償を実施するとなると、従業員への強いメッセージになると思います。

「社内の嘘はコストである」・・・、これはいい表現ですね。かつて帝人さんの長島社長(現相談役)が、同社徳山工場における不祥事に関する内部通報がヘルプラインに届いた際、同社長が通報者に「あなたのおかげで帝人は救われた。ありがとう」とおっしゃったのは有名な話。おそらくこのようなストーリーがなければ、企業風土はなかなか変わらないように思います。

ただ、このストーリーは「いい話」ばかりではありません。9月1日以来、FNNニュースや日経さんで報じられているように、ゼネコンの清水建設さんにおいて「福島第1原発の廃炉に向けた工事で、清水建設のJV(共同企業体)の責任者が作業員の人数を水増しして架空請求した疑いがある問題で、清水建設本社が2016年、内部通報を受けたものの、本格的な調査を行っていなかったことがわかった」と報じられています。もちろんFNNに告発した方が、この内部通報者と同一かどうかは定かではありませんが、すでに清水建設さんは、自治体に対しても、「情報共有にミスがあったことが原因で」過剰請求していたことを報告されたようです。

当ブログでは過去に何度も申し上げているとおり、内部通報への対処が不適切な場合には、通報者は第三者に対して通報(つまり内部告発)するようになります。日本の内部通報者の多くは、自身の私利私欲のために会社を脅して金銭を要求するタイプの方はあまり多くはありません。自身が誇れる会社でありたい、地域から尊敬される会社でいてほしい、会社が好きだからこそ許せない、といった気持ちから内部通報をされる方が圧倒的に多いのです。だからこそ、会社が何もしない(動かない)となると、誠実な気持ちで監督官庁やマスコミへ内部告発を行います。企業が自主的に不正を申告すれば、監督官庁も企業と一緒に善処方を考えてくれるのに、内部告発による場合だと、監督官庁も「騙された」立場になりますので企業に対して容赦はしません(この差はとても大きいのです)。

このような「悪い話」のストーリーも、実は内部通報制度を企業に根付かせる要因にもなります。ただ、やっぱり「悪い話」はお勧めできません。労働者通報に関する行政機関の通報対応ガイドラインは、国も地方自治体も出そろいましたので、今後はますます従業員の方々による内部告発が容易になり、外部への情報提供は増えることが予想されます。内部告発リスクに備えるためにも、不正(もしくはその兆候)を見つけたら迷うことなく社内通報すべし、といった組織文化を醸成すべきだと思います。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年5月31日 (水)

改正個人情報保護法の施行と内部通報制度実務への影響

本日(5月30日)は、大阪OMMビル会議室にて、消費者庁主催「内部通報制度に関する民間事業者向けガイドライン説明会」が開催されまして、「企業経営における内部通報制度の重要性」なる講演をさせていただきました(消費者庁担当官の方の講演の前座です)。東京の追加説明会と同様、大阪も満席(というよりも予定満員数をかなり超えていました)という盛況ぶりでして、ご来場いただきました方に厚くお礼申し上げます。なお、質問の時間がとれず、終了後に個別のご質問をお受けしただけでとなり、失礼いたしました。

ところで、本日は改正個人情報保護法の施行日です。公益通報者保護法と個人情報保護法との関係、内部通報制度と個人情報保護法との関係を若干知っていただきたく、3つほどの事例を「頭出し」程度に紹介させていただきました。内部通報制度の支援や内部告発人の支援をしておりますと、「これって個人情報保護法が改正されたらどうなるのだろうか?」と疑問に感じることがたくさん出てきます。説明会でも述べましたが、公益通報者保護法の解釈、内部通報制度の適正な実務運用には労働法的視点、行政法的視点、消費者法的視点そして会社法的視点が交錯しているので、実務に落とし込むには工夫が必要ですね。

たとえば、①「個人情報」「個人データ」「保有個人データ」と内部通報事実、公益通報事実の取扱い、②グループ内部通報制度を採用する親子会社間における通報事実の通知と「第三者提供」「共同使用」の概念、③外部窓口業務と「従業者・委託先への管理・監督」、④従業員による服務規程に違反した情報提供行為と「データの不正取得」、⑤通報対象者による保有個人データ開示請求とその対応などなど、内部通報実務に及ぼす改正個人情報保護法の影響はかなり大きいと思います(内部通報制度に関する民間事業者ガイドラインも、改正個人情報保護法も、中小規模会社の事業にも適用されます※)。本日は時間の関係で詳細な解説はできませんでしたが、内部通報制度の運用上の留意点として、きちんと整理をしておいたほうがよろしいかと思います。私自身もまだ試案程度しか持ち合わせておりませんので、同業者の方と意見交換をさせていただく予定です。

※・・・ただし、改正個人情報保護法では、「安全管理措置」について「中小規模事業者」について通則指針による軽減措置あり。

本日の私の講演レジメ及び講演録は、また後日消費者庁HPに掲載されますのでご参考いただければ幸いです。さて、ガイドライン説明会が終わりますと、今年の後半以降は公益通報者保護法改正に向けての「第2ラウンド」ですね。審議は消費者庁から内閣府(消費者委員会)に移り、いよいよ経済団体や消費者団体、中小企業代表等の方々との意見交換も始まるものと予想します。個人情報保護法が改正されたような「風」が吹くとは思っておりませんが(そんなに甘くないことは承知しておりますが)、企業コンプライアンスの実現に向けた施策が前進することを祈るばかりです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2017年5月 2日 (火)

不正を発見した従業員の内部通報義務について(過去の判例)

先日は「もうひとつのエフオーアイ事件判決」として、民法719条2項(共同不法行為のほう助)に該当する事案をご紹介しましたが、こちらはもうひとつの共同不法行為のほう助を認めた事案です。

安西愈先生の労働法に関するご著書を拝読していて知ったのですが、過去に不正を発見した従業員について信義則上の内部通報義務を認めた判例があるのですね(恥ずかしながら存じ上げませんでした)。ネット情報からのコピーですが、以下のような概要です。

コンビニにおける同僚の商品盗取に対する従業員らの損害賠償責任--さえき事件・福岡地裁小倉支部判決の研究(福岡地裁小倉支部 平成10.9.11)

自らの店の商品を盗取するなどの不正行為をしないことはもとより、他の従業員による不正行為を発見した時は、雇用主にこれを申告して被害の回復に努めるべき義務をも負担するものと解するのが相当である。←コンビニにおける友人の不正取得を黙認していた従業員が会社から訴えられた事案です。

そして、従業員自らが商品を盗取するなどの不正行為をした場合にはこれが不法行為を構成することは明らかであるが、更に、他の従業員による不正行為を発見しながらこれを雇用主に申告しないで被害の発生を放置した場合には、その不作為が前記内容の誠実義務に違反する債務不履行を構成するのみならず、その不作為によって他の従業員による不法行為(不正行為)を容易にしたものとして、不法行為に対する幇助が成立するというべきである。

労働契約法も公益通報者保護法も存在しなかった頃の判例ですが、信義則上の内部通報義務が、公益通報者保護法に基づく第三者への情報提供(内部告発)まで制限するような労働契約の存在まで肯定するものではないとも思いますが、少し気になる判決です。

そこで、本日、労働法律旬報1483号(2000年7月10日号)17頁以下を取り寄せて、浅野高広氏(北大大学院:当時)のご論稿を拝読いたしました。⑴どのようなことがあれば抽象的な通報義務が、「不作為の違法性」を認める根拠となる具体的な通報義務に変わるか、⑵通報対象事実を具体的に特定できない程度にしか不正事実を知らない場合でも通報義務がなぜ認められるのか、という点がかなり理解できました。

いままでは、「内部告発は企業にとって不利ですよ、だから内部通報制度をしっかり作りましょう」といった説明をしていましたが、これだけでなく「これだけ会社がしっかり内部通報制度を作っているのだから、あなたは内部通報をしないと不法行為責任を問われますよ、だから内部通報しましょう」といった説明もありうると思いますね(注・・・ただし上記判決も信義則上の義務としていますので、あくまでも事案によりますが・・・)。

消費者庁の公益通報者保護制度の実効性向上検討会では、法改正に向けた議論が進みましたが、(某委員の方から主張されたとおり)、実は通報後の調査との関係は、あまりつっこんだ意見交換がされませんでした。ただ、雇用契約上のいろんな論点を検討していますと、通報者や通報対象者と「調査協力義務」との関係でも、内部通報制度を構築するにあたって留意すべき論点が存在することに気がつきます。今後またいくつかご紹介したいと思います。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年4月14日 (金)

内部通報社員による内部告発の脅威-バイエル薬品カルテ無断閲覧事件

ここ数日、関心をもって事件報道の動きをみていたのがバイエル薬品さんのカルテ無断閲覧事件です。「これって、バイエルの社員が内部通報した後に厚労省に内部告発をしたのではないか?」と予想しておりましたところ、本日(4月13日)のTBSニュースで経緯が明らかになりました(TBSニュースはこちら。なお、早期に抹消される可能性があります)。やはり予想どおり、2年ほど前にバイエル社内に通報したところ、対応が不十分だったことで昨年7月に内部告発に至ったそうです。対応が不十分どころか公益通報したことが原因で退職勧奨を受けた、とのこと。

バイエル薬品さんは何度かお招きいただき、コンプライアンス意識の平均値が高い会社と認識しておりますので、今回は少しショックです。告発をした社員の方は、カルテの無断閲覧を実行した3名のうちのおひとりで「こんなことをやって利益を上げててよいのか?」と疑問を抱き、内部通報・内部告発をされたそうです。退職勧奨自体は違法とはいえませんが、その勧奨が社会的相当性を欠いた手法による場合には違法となります(判例の立場)。もし公益通報(個人情報保護法違反の事実)が原因で退職勧奨に至ったということであれば、(たとえご本人が不正に関与していたとしても)かなり会社側の態様には問題があると思います。

ところで私が一番気になりますのは、バイエル薬品さんの不祥事は、この「現場社員によるカルテ無断閲覧」だけでなく、実は組織ぐるみで行われたことへの疑惑と、この不正の背後にあるもうひとつの不正疑惑の真偽です(自社に有利な論文の原稿を用意して、ほぼそのまま医師の名義を借りて論文を完成し、自社薬品のプロモーションに使ったという疑惑です)。すでにTBSさんが詳しく報じているところです。

私はここで、あえて重大な不正の真偽については触れません。ただ、内部通報への対応がまずかったり、たとえそれ自体は重大な不正とはいえなくても、自浄作用を発揮する以前に内部告発によって不正が発覚するような事態になると、いわゆる「疑惑」と呼ばれるものが社会的には「疑惑」を通り越して、不正事実として認知されてしまうというおそろしさです。いま、TBSさんを中心に、バイエル薬品さんの重大な不正への疑惑(カルテ閲覧指示が組織ぐるみだった、閲覧した患者情報をもとに医師の名前を借りて論文を作成した)がさかんに報じられていますが、これらの不正を打ち消す(虚偽報道であることを証明する)ことに多大な労力が必要になります。

これは私がこのブログで何度もご紹介している京都の米卸会社の産地偽装米騒動でも明らかです。2月に週刊ダイヤモンド誌で「中国産の米を南魚沼産として販売しているトンデモ卸業者」と指摘され、その後徹底調査によってこの報道が虚偽だと反論していますが、いまだにその事業者は100社以上の取引先から販売停止を受け、また当該事業者の名前をグーグル検索しますと、最初に「偽装」と出てくるような風評に見舞われています。このたびのバイエル薬品の疑惑も、その真相は明らかではありませんが、前提のところでコンプライアンス違反の事実が明らかになると、その後の反論は苦しくなると思います(少なくとも第三者委員会報告書の立ち上げは必要ではないかと)。

内部告発をしたバイエル薬品の現役社員の方は、最初はコンプライアンス室へ内部通報をしています。つまり、私利私欲ではなく、会社への恨みでもなく、会社のコンプライアンス経営への姿勢を正すために通報をされたようです。この時点でなぜ会社側は通報事実に真摯に向き合わなかったのか。そこで向き合えば(良い悪いは別として)厚労省への告発には至らなかったはずです。また、これも良い悪いは別として、そこで通報への適切な対応があれば、もっと重大な疑惑についても騒がれずに済んだかもしれません。精神論ではなく、現実論になりますが、内部通報制度をきちんと運用することが会社のリスク管理として重要であることの理由は、そのあたりではないかと思います。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2017年1月24日 (火)

もうひとつのガバナンス改革-内部通報制度への関心高まる

本日(1月23日)の日経法務面では少数株主によるガバナンスが取り上げられていましたが、こちらは従業員ガバナンスの話題です。先日、オリンパスの濱田正晴さんと意見交換(雑談?)する機会がありまして、「ブログで書いてもいいよ」とおっしゃっていたので、少しだけ紹介いたします。濱田さんといえば、オリンパス配転命令無効等請求事件の原告として有名な方で、東京高裁逆転判決で配転命令は無効、といった勝訴判決を受けた方です。その後も会社側の処遇に不満を持ち、二度目の訴訟を提起していました。最終的には会社側と和解をされ、現在は同社の「人事本部 教育統括部チームリーダー」として活躍をされています。

オリンパス社にはもうひとり「深町正さん」(仮名)という、あの会計不正事件の内部告発をされた方がいらっしゃいますが、濱田さんは内部告発ではなく「内部通報」をされた方ですね。深町さんは、「濱田さんがこんな目にあっているということは、私も内部通報だとあぶない、つぶされてしまう・・・」と感じて内部告発(第三者への情報提供)に踏み切ったわけです。濱田さんは、私が消費者庁の公益通報アドバイザーに就任していた際にも、ヒアリングをさせていただいた経験があります。

その濱田さんとの意見貢献の中で、とても興味深かったのが「私がなぜこうやって笹さん(社長)と握手をして和解して、オリンパス社で人事に携わるような地位にいるかわかりますか?」とのお話でした。

「僕はね、裁判をしているときも、会社から嫌がらせをされていたときも、これは『会社vs労働者』といった構図で闘っているという意識は全くなかったんですよ。いつも『社長と同じ方向を向いて一緒に会社の経営を考えている』という意識を持ち続けていたんです。だからこそ、こうやって人事政策に関わるようになったんです。公益通報制度って、どうも昔から『会社vs労働者』の図式で考えようとしてるでしょ?だから機能しないんですよ。」

とのこと。なるほど、公益通報者保護制度も、従業員主権によるガバナンスの一環として考えるという発想が必要なのかもしれません。「働き方改革」が進み、考え方の多様性が企業に求められる中で、意見の対立を収束させるものは単なる「部署内の慣行」ではなく企業理念です。最近、内部通報制度が部署ぐるみの集団通報という形で行われることが増えたり、また内部通報者や内部告発者の後ろに多数の支援者がいらっしゃるケースが増えているということも、なんとなく納得します。

マスコミでも公益通報者保護法の実効性検討委員会報告書が公表されたことを契機に、ずいぶんと内部通報制度が取り上げられるようになりました。朝日新聞「法と経済のジャーナル」では(有償版ではありますが)内部告発者の社内情報の持ち出しルールに関する記事が正月早々掲載されましたし、本日も(近時の企業不祥事では、発覚に至るまで、通報制度が機能不全に陥っていたといったことから)内部通報制度の体制整備義務に関する話題が取り上げられました(どちらの記事にもコメントを掲載していただきました)。また、日経新聞では、1月10日の拙稿「私見卓見」に続いて、1月14日には「内部通報制度を使える制度に指針改訂」と(社会面で)取り上げられました。とくに14日の日経記事では経済団体の代表幹事でいらっしゃった北城さんの積極的なコメントが掲載されていましたので、企業にとっても内部通報制度の整備・運用がリスク管理上とても有用である、といった意識が盛り上がることを期待しています(私とは影響力が違いすぎます)。

最近、私自身が担当する企業不正に関する内部通報・内部告発事案も、もともとは内部統制への通報者の懸念です。経営者の中長期経営計画に対する目標設定と事業部門の実績とのかい離(コミュニケーション不足)をどうしても埋められず、ストーリー作りに苦悩した経理担当者の叫び声が内部告発や内部通報として浮かび上がります。財務報告に関する内部統制の重大な欠陥は、それ自体では「犯罪行為」と認定することは困難ですが、経理担当者は企業価値を真剣に考えていました。また、(これは私とは関係ありませんが)今月号のFACTA誌に掲載されている著名な菓子製造会社の経営者問題も、それ自体が不正を根拠付けるような事実が掲載されているわけではありませんが、告発者が将来の会社を慮って情報を提供したことは明らかです。

内部通報の中には、単なる苦情相談のようなものもありますので、すべてが従業員主権に基づくガバナンスと関連するものとは言えません。しかし、コンサルタント会社の調査などでも、通報の1割程度は企業や社員の法令違反行為に関連する通報とされていますので、もうひとつのガバナンス改革として、中小の事業者の方々を含め、さらに制度が浸透することを期待します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

fiduciary duty(信認義務) | iso26000 | IT統制とメール管理 | M&A新時代への経営者の対応 | MBOルールの形成過程 | MSCBと内部統制の限界論 | 「シノケン」のリスク情報開示と内部統制 | 「三角合併」論争について | 「乗っ取り屋と用心棒」by三宅伸吾氏 | 「会社法大改正」と企業社会のゆくえ | 「会計参与」の悩ましい問題への一考察 | 「会計参与」の有効利用を考える | 「公正妥当な企業会計慣行」と長銀事件 | 「公開会社法」への道しるべ | 「内部統制議論」への問題提起 | 「執行役員」「常務会」を考える | 「通行手形」としての日本版SOX法の意義 | すかいらーくのMBO関連 | なぜ「内部統制」はわかりにくいのか | ふたつの内部統制構築理論 | アコーディアゴルフの乱 | アット・ホームな会社と内部統制 | アルファブロガー2007 | インサイダー規制と内部統制の構築 | ウェブログ・ココログ関連 | カネボウの粉飾決算と監査役 | カネボウTOBはグレーなのか? | グレーゾーン再考 | コンプライアンス体制の構築と社外監査役の役割 | コンプライアンス委員会からの提案 | コンプライアンス実務研修プログラム | コンプライアンス経営 | コンプライアンス経営はむずかしい | コンプライアンス違反と倒産の関係 | コーポレートガバナンス・コード | コーポレートガバナンス関連 | コーポレート・ファイナンス | コーポレート・ガバナンスと株主評価基準 | コーポレート・ファイアンス入門 | サッポロHDとスティールP | サンプルテストとコンプライアンス | ジェイコム株式利益返還と日証協のパフォーマンス | スティールパートナーズVSノーリツ | スティール対日清食品 | セカンド・オピニオン | セクハラ・パワハラ問題 | セレブな会社法学習法 | タイガースとタカラヅカ | ダスキン株主代表訴訟控訴事件 | テイクオーバーパネル | ディスクロージャー | デジタルガレージの買収防衛策 | ドンキ・オリジンのTOB | ドン・キホーテと「法の精神」 | ニッポン放送事件の時間外取引再考 | ノーリツに対する株主提案権行使 | パンデミック対策と法律問題 | ビックカメラ会計不正事件関連 | ファッション・アクセサリ | フィデューシャリー・デューティー | ブラザー工業の買収防衛策 | ブルドックソースの事前警告型買収防衛策 | ブルドックソースvsスティールP | ヘッジファンドとコンプライアンス | ペナルティの実効性を考える | ホリエモンさん出馬? | モック社に対する公表措置について | ヤマダ電機vsベスト電器 | ヤメ検弁護士さんも超高額所得者? | ライブドア | ライブドアと社外取締役 | ライブドア・民事賠償請求考察 | ライブドア・TBSへの協力提案の真相 | ライブドア法人処罰と偽計取引の関係 | リスクマネジメント委員会 | レックスHDのMBOと少数株主保護 | ロハスな新会社法学習法 | ワールド 株式非公開へ | ワールドのMBO(その2) | 一太郎・知財高裁で逆転勝訴! | 三洋電機の粉飾疑惑と会計士の判断 | 上場制度総合整備プログラム2007 | 上場廃止禁止仮処分命令事件(ペイントハウス) | 不二家の公表・回収義務を考える | 不動産競売の民間開放について | 不当(偽装)表示問題について | 不正を許さない監査 | 不正リスク対応監査基準 | 不正監査を叫ぶことへの危惧 | 不正監査防止のための抜本的解決策 | 不祥事の適時開示 | 中堅ゼネコンと企業コンプライアンス | 中央青山と明治安田の処分を比較する | 中央青山監査法人に試練の時 | 中小企業と新会社法 | 事前警告型買収防衛策の承認決議 | 井上薫判事再任拒否問題 | 企業の不祥事体質と取締役の責任 | 企業不正のトライアングル | 企業不祥事と犯罪社会学 | 企業不祥事を考える | 企業会計 | 企業価値と司法判断 | 企業価値研究会「MBO報告書」 | 企業価値算定方法 | 企業法務と事実認定の重要性 | 企業秘密漏洩のリスクマネジメント | 企業買収と企業価値 | 企業集団における内部統制 | 会社法における「内部統制構築義務」覚書 | 会社法の「内部統制」と悪魔の監査 | 会社法の施行規則・法務省令案 | 会社法の法務省令案 | 会社法を語る人との出会い | 会社法改正 | 会社法施行規則いよいよ公布 | 会計監査の品質管理について | 会計監査人の内部統制 | 会計監査人の守秘義務 | 会計監査人報酬への疑問 | 住友信託・旧UFJ合意破棄訴訟判決 | 住友信託・UFJ和解の行方 | 住友信託・UFJ和解の行方(2) | 佐々淳行氏と「企業コンプライアンス」 | 債権回収と内部統制システム | 元検事(ヤメ検)弁護士さんのブログ | 八田教授の「内部統制の考え方と実務」 | 公正な買収防衛策・論点公開への疑問 | 公益通報の重み(構造強度偽造問題) | 公益通報者保護制度検討会WG | 公益通報者保護法と労働紛争 | 公認コンプライアンス・オフィサー | 公認コンプライアンス・オフィサーフォーラム | 公認不正検査士(ACFC)会合 | 公認不正検査士(ACFE)初会合 | 公認会計士の日 | 内部監査人と内部統制の関係 | 内部監査室の勤務期間 | 内部統制と「重要な欠陥」 | 内部統制とソフトロー | 内部統制と人材育成について | 内部統制と企業情報の開示 | 内部統制と刑事処罰 | 内部統制と新会社法 | 内部統制と真実性の原則 | 内部統制と談合問題 | 内部統制における退職給付債務問題 | 内部統制の事例検証 | 内部統制の原点を訪ねる | 内部統制の費用対効果 | 内部統制の重要な欠陥と人材流動化 | 内部統制の限界論と開示統制 | 内部統制を法律家が議論する理由 | 内部統制を語る人との出会い | 内部統制システムと♂と♀ | 内部統制システムと取締役の責任論 | 内部統制システムと文書提出命令 | 内部統制システムの進化を阻む二つの壁 | 内部統制システム構築と企業価値 | 内部統制報告制度Q&A | 内部統制報告実務と真実性の原則 | 内部統制報告実務(実施基準) | 内部統制報告書研究 | 内部統制報告書等の「等」って? | 内部統制実施基準パブコメの感想 | 内部統制実施基準解説セミナー | 内部統制支援と監査人の独立性 | 内部統制構築と監査役のかかわり | 内部統制構築と経営判断原則 | 内部統制理論と会計監査人の法的義務 | 内部統制監査に産業界が反発? | 内部統制監査の品質管理について | 内部統制監査の立会 | 内部統制監査実務指針 | 内部統制義務と取締役の第三者責任 | 内部統制限界論と新会社法 | 内部通報の実質を考える | 内部通報制度 | 刑事系 | 労働法関連 | 原点に立ち返る内部統制 | 反社会勢力対策と内部統制システム | 取締役会権限の総会への移譲(新会社法) | 同和鉱業の株主安定化策と平等原則 | 商事系 | 商法と証券取引法が逆転? | 営業秘密管理指針(経済産業省) | 国会の証人喚問と裁判員制度 | 国際会計基準と法 | 国際私法要綱案 | 報告書形式による内部統制決議 | 夢真 株式分割東京地裁決定 | 夢真、株式分割中止命令申立へ | 夢真による会計帳簿閲覧権の行使 | 夢真HDのTOB実施(その2) | 夢真HDのTOB実施(予定) | 夢真HDのTOB実施(3) | 夢真TOB 地裁が最終判断か | 夢真TOBに対抗TOB登場 | 大規模パチンコ店のコンプライアンス | 太陽誘電「温泉宴会」と善管注意義務 | 太陽誘電の内部統制システム | 委任状勧誘と議決権行使の助言の関係 | 学問・資格 | 定款変更 | 定款変更議案の分割決議について | 専門家が賠償責任を問われるとき | 小口債権に関する企業の対応 | 工学倫理と企業コンプライアンス | 市場の番人・公益の番人論 | 市場安定化策 | 市場競争力強化プラン公表 | 帝人の内部統制システム整備決議 | 常連の皆様へのお知らせ | 平成20年度株主総会状況 | 弁護士が権力を持つとき | 弁護士と内部統制 | 弁護士も「派遣さん」になる日が来る? | 弁護士法違反リスク | 弁護士淘汰時代の到来 | 情報システムの内部統制構築 | 情報管理と内部統制 | 投資サービス法「中間整理」 | 掲示板発言者探索の限界 | 改正消費生活用品安全法 | 改正独禁法と企業コンプライアンス | 改訂監査基準と内部統制監査 | 敗軍の将、「法化社会」を語る | 敵対的相続防衛プラン | 敵対的買収と「安定株主」策の効果 | 敵対的買収への対応「勉強会」 | 敵対的買収策への素朴な疑問 | 敵対的買収(裏)防衛プラン | 断熱材性能偽装問題 | 新しい監査方針とコーポレートガバナンス | 新会社法と「会計参与」の相性 | 新会社法における取締役の責任 | 日本内部統制研究学会関連 | 日本再興戦略2015改訂 | 日本版SOX法の内容判明 | 日本版SOX法の衝撃(内部統制の時代) | 日経ビジネスの法廷戦争」 | 日興コーディアルと不正会計 | 日興コーディアルの役員会と内部統制 | 日興CG特別調査委員会報告書 | 明治安田のコンプライアンス委員会 | 明治安田のコンプライアンス委員会(3) | 明治安田のコンプライアンス委員会(4) | 明治安田生命のコンプライアンス委員会(2) | 書面による取締役会決議と経営判断法理 | 最良のコーポレート・ガバナンスとは? | 最高裁判例と企業コンプライアンス | 未完成にひとしいエントリー記事 | 本のご紹介 | 村上ファンドとインサイダー疑惑 | 村上ファンドと阪神電鉄株式 | 村上ファンドと阪神電鉄株式(その2) | 村上ファンドの株主責任(経営リスク) | 東京三菱10億円着服事件 | 東京鋼鐵・大阪製鐵 委任状争奪戦 | 東証の「ガバナンス報告制度」の目的 | 東証のシステム障害は改善されるか? | 架空循環取引 | 株主への利益供与禁止規定の応用度 | 株主代表訴訟と監査役の責任 | 株主代表訴訟における素朴な疑問 | 株主代表訴訟の改正点(会社法) | 株主総会関連 | 株式相互保有と敵対的買収防衛 | 検察庁のコンプライアンス | 楽天はダノンになれるのか? | 楽天・TBS「和解」への私的推論 | 構造計算偽造と行政責任論 | 構造計算書偽造と企業コンプライアンス | 構造計算書偽造問題と企業CSR | 民事系 | 法人の金銭的制裁と取締役の法的責任 | 法人処罰の実効性について考える | 法務プロフェッショナル | 法律事務所と情報セキュリティ | 法律家の知名度 | 法科大学院のおはなし | 海外不祥事リスク | 消費者団体訴権と事業リスク | 消費者庁構想案 | 無形資産と知的財産 | 無形資産の時代 | 特別取締役制度 | 特設注意市場銘柄 | 独占禁止法関連 | 独立取締役コード(日本取締役協会) | 独立第三者委員会 | 王子製紙・北越製紙へ敵対的T0B | 環境偽装事件 | 田中論文と企業価値論 | 痴漢冤罪事件 | 監査役からみた鹿子木判事の「企業価値」論 | 監査役と信頼の権利(信頼の抗弁) | 監査役と買収防衛策(東証ルール) | 監査役の報酬について | 監査役の権限強化と会社法改正 | 監査役の理想と現実 | 監査役の財務会計的知見 | 監査役制度改造論 | 監査法人の処分と監査役の対応 | 監査法人の業務停止とは? | 監査法人の法的責任論(粉飾決算) | 監査法人ランク付けと弁護士専門認定制度 | 監査法人改革の論点整理 | 監査法人(公認会計士)異動時の意見開示 | 監査社会の彷徨 | 監査等委員会設置会社 | 監査論と内部統制報告制度(J-SOX) | 相次ぐ食品表示偽装 | 相続税9億8000万円脱税 | 破産管財人の社会的責任 | 確認書制度の義務付け | 社内文書はいかに管理すべきか | 社員の「やる気」とリスクマネジメント | 社員は談合企業を救えるのか? | 社外取締役と株主価値 | 社外取締役に期待するものは何か | 社外取締役・社外監査役 | 社外役員制度導入と体制整備事項の関係 | 社外監査役とゲーム理論 | 社外監査役と監査役スタッフとの関係 | 社外監査役の責任限定契約 | 神戸製鋼のデータ改ざん問題 | 神田教授の「会社法入門」 | 私的独占と民事訴訟 | 税理士の妻への報酬、「経費と認めず」 | 第1回内部統制ラウンドテーブル | 管理部門はつらいよシリーズ | 管財人と向き合う金融機関そしてファンド | 粉飾決算と取締役責任 | 粉飾決算と罪刑法定主義 | 粉飾決算に加担する動機とは? | 経営の自由度ってなんだろう?(会社法) | 経営リスクのニ段階開示 | 経営統合はむずかしい・・・・ | 経営者のためのサンプリング(J-SOX) | 経済・政治・国際 | 経済刑法関係 | 経済法 | 経済産業省の企業行動指針 | 耐震強度偽造と内部監査 | 耐震強度偽造と内部統制の限界 | 自主ルール(ソフトロー) | 蛇の目ミシン工業事件最高裁判決 | 行政法専門弁護士待望論 | 行政系 | 裁判員制度関連 | 裁判員制度(弁護士の視点から) | 裁判所の内部統制の一例 | 製造物責任とCSR損害 | 製造物責任(PL法)関連 | 親子上場 | 証券会社のジェイコム株利益返上問題 | 証券会社の自己売買業務 | 証券取引の世界と行政法理論 | 証券取引所の規則制定権(再考) | 証券取引所を通じた企業統治 | 証券取引等監視委員会の権限強化問題 | 証券取引等監視委員会・委員長インタビュー | 証券業界の自主規制ルール | 課徴金引き上げと法廷闘争の増加問題 | 課徴金納付制度と内部通報制度 | 議決権制限株式を利用した買収防衛策 | 財務会計士 | 買収防衛目的の新株予約権発行の是非 | 買収防衛策の事業報告における開示 | 買収防衛策導入と全社的リスクマネジメント | 迷走するNOVA | 道路公団 談合事件 | 野村證券インサイダー事件と内部統制 | 金融商品取引法「内部統制」最新事情 | 金融商品取引法と買収防衛策 | 金融商品取引法案関連 | 金融商品取引法関連 | 金融専門士制度の行方 | 関西テレビの内部統制体制 | 阪急HDの買収防衛プラン | 食の安全 | 飲酒運転と企業コンプライアンス | 黄金株と司法判断 | 黄金株と東証の存在意義 | ACFE JAPAN | COSO「中小公開企業」向けガイダンス | CSRは法律を超えるのか? | IFRS関連 | IHI社の有価証券報告書虚偽記載問題 | IPO研究会関連 | ISOと内部統制 | ITと「人」の時代 | JICPA「企業価値評価ガイドライン」 | LLP(有限責任事業組合)研修会 | NEC子会社幹部による架空取引 | PSE法と経済産業省の対応を考える | TBS「不二家報道」に関するBPO報告書 | TBSの買収防衛策発動の要件 | TBSは楽天を「濫用的買収者」とみなすのか(2) | TBSは楽天を「濫用的買収者」とみなすのか? | TBS買収と企業価値判断について | TOB規制と新会社法の関係