2014年7月 8日 (火)

グローバルビジネスにおける不正リスク(ACFE第5回カンファレンス)

20140701_flm_jconf_speakers昨年、一昨年と超満員で盛り上がりましたACFE JAPANの年次カンファレンスですが、今年もいよいよカンファレンスのテーマが公開され、お申し込み受け付けが開始されました。

第5回ACFE JAPANカンファレンス「グローバルビジネスにおける不正リスク」

皆様、ただの海外不正リスクの講演会ではございません。アンチトラストやFCPAにより、日本企業の摘発を(昨年まで)行っていた米国司法省(DOJ)元刑事局高官ラニー・ブルーアー氏をメインゲストに迎え、「なぜ日本企業を摘発するのか」「どうしてこの業界を狙い撃つのか」「何を基準に司法取引に及ぶのか」といった点を中心に、摘発する側の論理を披露していただく予定です。ちなみにブルーアー氏は、現在、古巣の大手法律事務所に戻っており、フランクに日本企業の悩みにも答えていただけるそうです。

また、FCPA対応実務に詳しい茅野みつる氏(伊藤忠商事執行役員 弁護士)にもご講演をいただく予定です(当ブログ的には、昨日のエントリーを若干後悔しているところです・・・・)。日本企業が「なぜ海外の政府要員に不正な利益を供与してしまうのか」、その生々しい実情は、先日の日本交通技術社の第三者委員会報告書でも明らかになってきましたが、まだまだ日本ではFCPA対応実務について誤解している企業も多く、逆にビジネスチャンスを逃していることもあるようです。海外不正リスクへの正しい理解のためにも、このたびのカンファレンスは楽しみなセクションの連続です。

そしてもうひとつ、手前みそになりますが、第1セクションのご紹介をさせていただきます。私と、もうひとりH氏(略歴秘匿)が登場いたします。H氏は某著名企業の法務や監査を担当してきた方でして、日経新聞等でも大きく報じられた反トラスト法違反事件で社長と二人三脚で、これまで海外対応を担当されてきた方です。彼が担当してきた反トラスト法違反事件は、すでに●●年ほど、摘発から時が経過しています。つまり、ほぼすべての訴訟対応が終了しているわけでして、事件の開始から終結までを経験した、日本でも数少ない法務マンです。海外で服役したカルテル実行者の刑期中のお世話もされていた方です。もちろん現役社員ということで、略歴は秘匿させていただきますが、彼の経験談を生で聴けるのは、これが最初で最後かもしれません。私と彼との「掛け合い」を元に、海外不正リスク対応実務に精通された結城大輔弁護士に解説をしていただく、という流れになります。

最後の締めのパネルディスカッションは、総括として八田進二教授をモデレーターとして、濱田理事長、ブルーアー氏、結城弁護士に海外不正リスク対応に関する意見交換をしていただきます。なぜか私の名前もありますが、おそらく議論の中の極めてニッチな部分だけを担当することになると思います(^^;;。

海外不正リスクへの対応は、企業にとって大変関心の高い分野です。しかも、摘発する側の論理を学ぶ機会というのも、おそらく日本では初めてではないでしょうか。このような貴重な機会なので、今年もすぐに満員になることが予想されます。ご興味、ご関心がございます方は、お早めにACFEのHPよりお申し込みください。10月10日(金)午後1時より、お茶の水のソラシティ・カンファレンスセンターで開催いたします。どうぞお楽しみに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

ACFE JAPAN 第2回カンファレンス「日本と不正」

Acfecon 今年も(私が理事の末席を務めております)ACFE JAPANのカンファレンスが開催されます。今年のテーマは「日本と不正~日本流不正対策を考える~」というものでありまして、10月7日、場所はアイビーホール青学会館でございます。現在の日本における組織内の「不正」に焦点をあてて、不正に取り組む事例などをご紹介する、というものです。

詳細は こちらのACFEのWEBよりご覧くださいませ。(プログラム内容もご覧になれます)

基調講演とか、鼎談はちょっとスゴいメンバーですね。旬刊商事法務のお正月特別号「新春座談会」のような雰囲気(^^;;。ダイジョウブ?

ご講演は、あましん(尼崎信用金庫)の上野人事部長さんです。わが関西CFE研究会の代表メンバーと申し上げても過言ではございません。たしか今年で合計7名のCFE資格者が組織内にいらっしゃって、それぞれ各部署でご活躍とか。私なんかよりも、不正調査に関しては積極的な研究活動をされておられますので、あましんにおける取組みについては私も興味がございます。(関東の人って、「あましん」と聞くと「ああ、あのタイガースが勝ったら預金の利率があがるとこ?」って、特徴はそれだけやおまへんで・・・笑)

昨年はシンポジウムに登壇させていただきましたが、法曹代表としては鳥飼先生がシンポにご登壇される予定です。それから・・・おお!ベネシュさんも!(そういえば最近、東京の弁護士の方々とご一緒に、日米の不正会計問題に取り組んでおられるとか・・・)なんかパネリストの皆様、ずいぶんと著名人が増えたような(笑)。昨年はどっちかというと「内部統制的実務家」チックだったような(笑)。。。(これって、ひょっとすると鳥飼先生がモデレータなのかな?)

こういったカンファレンスを開催していつも痛感するのが、参加されるのが、どうしても大きな会社の担当者の方々が多いのですね。でも、横のつながりをもつことが有益なのは比較的規模の小さな中小の上場会社の管理部門の方々だと思うのです。内部監査部とか、法務部とか、監査役スタッフの方とか。他社の様子をご覧になって、自社の管理に役立てていただいたり、また他社さんとの交流を深めていただけると非常にお役に立てるのではないでしょうか。ということで、今年はカンファレンスにご参加された方々は、懇親会のほうへもご招待、ということだそうです。私ももちろん参加させていただきますので、交流を深めていただく目的でも結構ですから、どうか一度カンファレンスにご参加ください。また公認不正検査士(CFE)という資格に興味を持っていただけますと幸いです。

ちなみに関西CFE研究会も、いよいよ8月から第4期がスタートいたします。早いものでもう4年目となりますが、研究会のメンバーも39名となりました(メンバーの方々の肩書も変わってきましたね。メンバーのなかには こういった人もおられ、不正調査実務に関する貴重な勉強の機会となっております。)。こちらはCFE資格者のみの参加となりますが、試験合格者の方々にも門戸を開いておりますので、関西在住の方がいらっしゃいましたら、またご連絡ください。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年8月11日 (火)

第2期関西CFE(公認不正検査士)研究会いよいよ始動

先日のエントリー「裁判員制度はこれからですよね」につきましては、多数のご意見を頂戴し、どうもありがとうございました。私のエントリーよりはよっぽど有益なご意見がたくさん書かれておりますので、一度ご覧いただければ・・・と思います。このたびの東京地裁での判決が控訴審でどうなるのか、これが見えてきて初めて「裁判員制度」についての議論が開始されるところであります。

さて、8月5日の日経新聞にも記事になっておりましたが、経済産業省において新たな競争法関連の研究会が発足したそうで、経産省のWEBにて8月4日(第1回会合)の配布資料を拝見させていただきました。企業コンプライアンスという、理屈ではなかなか理解しづらい領域の問題を検討する、ということで今後の展開を楽しみにしておりますが、「競争法コンプライアンス体制に関する研究会」の今後の進め方のところで、以下のような記述がございます。

競争法コンプライアンス体制を実効性あるものとするために、競争法違反を未然に防ぐ「予防」の観点だけでなく、完全に競争法違反のリスクをなくすことはできないこという問題意識のもと、いち早く「違反の発見」をし、「発覚後の対応」につなげるという3つの観点から、企業における競争法コンプライアンス体制に盛り込むことが望ましい項目について検討を行う

リスク・アプローチの視点から企業コンプライアンスを捉える上記考え方についてはまったく同感であります。①予防、②発見、③危機対応という3つの観点は、私がいつも講演等でお話させていただく「出発点」であります。ただ、私の経験からいうならば、企業に潤沢な予算があり、経営トップがコンプライアンスの重要性を認識しておられるような企業であれば、①予防(→内部統制)と③危機対応(→リスクマネジメント)については、そこそこお金を出せば対応は可能だと思われます。(内部統制にせよ、リスクマネジメントにせよ、外部にはいいコンサルタントの方々はたくさんいらっしゃいます)

しかし残念ながら、②の「早期発見」につきましては、誰も外部からコンサルティングはできない、というのが実感であります。こればかりは社内で才能(意欲も才能のうち)のある担当者がたまたま存在する、という「運命」とか「偶然」に依存するところが大きく、外部コンサルティングを受けても、またどんなに立派なガイドラインを作ってみても、「早期発見」能力が向上することはないだろう、と考えております。 「早期発見」は、個々の会社(もしくはグループ企業)の業種、業績、成長過程、ガバナンス、企業風土、社内人事制度、全社的リスク、担当者の人脈、役員間の人間力学など、さまざまな要因によって発見方法が異なるわけでして、そのうえで担当者の「勘」や「経験」「度胸」に依存するところが大きいわけであります。こればかりは到底外部のコンサルタントがヒアリングや書類チェックなどで理解できるようなものではありません。(社外役員であればなんとか理解できる時期もくるかもしれませんが・・・)したがいまして、とくにコンプライアンスの予算に関係なく、つまり中小企業であっても、やる気さえあれば社内で「早期発見」のための工夫を検討することは可能であり、また大企業で予算が潤沢であっても、なにも工夫をしなければ、ほとんど「早期発見」のための体制というものは構築することはできないことになります。よく「内部通報窓口がしっかりしているので早期発見も可能だ」という意見をお聞きしますが、内部通報窓口はあくまでも発見のためのツールのひとつにすぎず、どのように活用すべきか、ということを工夫しなければ「早期発見」には結びつかないことはご承知のとおりであります。

この「早期発見」というものは実に企業の存亡に影響を与える要因であります。担当者としては、なにも「不正を発見」する必要はありません。「不正の兆候」さえ発見すればいいわけです。いや、不正の兆候の疑い、だけでもいいかもしれません。誰かが合理的な理由で「不正の兆候」を発見すれば、あとは内部監査室や監査役、会計監査人によって厳密な調査(非定例の深度ある調査)が行われ、不正が発覚するかもしれませんし、単純な事務ミスと認識されるかもしれません。また、大きな問題に発展するような場合には、発見者や内部監査室から外部の専門家に調査を依頼し、外部専門家によって大きな不正が発見されるかもしれません。(これらの調査は合理的な疑いがあるからこそ非定例的に調査が可能となります。したがって、監査役や内部監査室の定例調査では発覚しません。もし普段からこのような厳格な調査が行われるのであれば、非効率そのものですし、また性悪説に立つ調査はモニタリング機関と執行機関との信頼関係を喪失させてしまうこととなり、愚の骨頂であります。)しかし、これらの不正発見は、誰かが最初に「?」と思うことと、勇気をもって誰かが誰かに「おかしくない?」と語ることがなければ絶対に早期に不正を発見することはできないのであります。まさに経営トップが「私は知らなかった」と弁明しながら謝罪会見を開かねばならない事態に陥るのか、それとも社内調査と社内処分で済む事態で収束させるのか、大きな分水嶺になるのが「早期発見」体制であり、企業の実力差がもっとも大きく出るところであります。なお、早期発見のための体制作り・・・ということを再発防止策の一環として真剣に考え出しますと、会社と衝突する場合があります。3年ほど前のエントリーでも書きましたが、私が某会社のコンプライアンス委員を辞任した(辞任するしか方法がなくなった)のも、この場面での衝突でありました。

このように「早期発見」が外部からの指導等では対応困難なスキルであり、また社内担当社員の「勘」や「経験」に依存するところが大きい以上、社内担当者の方々もご自身のスキルを磨いて「勘」を養い「経験」を共有する以外には体制向上の方法がないのであります。しかし(残念ながら、といっては語弊がありますが)一般の企業の方々は、自社でほとんど「大きな不正」を経験したことがなく、またたとえ不正と向き合った経験があっても、自社かぎりのことであります。つまり「勘」を養い「経験」を共有することはほとんど困難な状況であります。もちろん、不正がないことはそれ自体、たいへん結構なことではありますが、そのことゆえに、早期発見のためのスキルを磨く機会は、現実問題としてほとんどないものと思われます。ときどき才能(素質?)として、この不正発見の勘をお持ちの社員の方に出会うことがありますが、この方が転勤で別の支店に異動するや、元の部署で不祥事が続発する・・・ということもこれまで何度か見聞しております。

そこで、関西不正検査研究会では、CFE(公認不正検査士)の資格を有する企業担当者や会計実務家、法曹などにより、この社内担当者による不正兆候の「早期発見」のためのスキルを磨くことを重視した研究会を目指したいと考えております。第1期(昨年)は、17名の研究会員のもとで研究活動を行いましたが、第2期は22名の研究会員をもって取り組むことになりました。今回は不正調査の経験をお持ちの会計専門職の方々に加え、情報セキュリティやIT系犯罪捜査を専門に担当されていた警察OBの方、捜査実務に詳しい元検事の方(現在は弁護士)などを加え、昨年以上にパワーアップいたしました。ぜひとも、「早期発見」という、企業コンプライアンスのなかで最も困難と思われるスキルの向上に向けて、各企業担当者のCFE資格保有者の方々と研究活動を継続していきたいと思っております。また、こういったスキル向上のご関心のある方々にも、今後ACFEの会員になっていただき、ぜひご参加いただければ・・・と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

第2期関西不正検査研究会メンバー募集のお知らせ

しかしビックリしました。。。○○さん、○○庁に行っても頑張ってきてね~~♪(当分、連絡できないけど・・・私もあと15年若かったらなぁ・・・笑)←おおすぎ先生のような前フリはここまで(笑)

さて、お知らせでございます。CFE(公認不正検査士)資格をお持ちの方による関西不正検査研究会(関西CFE研究会)を、今年も第2期メンバーを募集のうえ、開催する運びとなりました。以下の告知はACFEの会員専用ページにも掲載しておりますが、こちらでも広報させていただきます。

第2期関西不正検査研究会メンバー募集

大阪の弁護士の山口利昭です。ご無沙汰しております。
さて、関西CFE研究会は昨年発足し、6回(特別回を含む)にわたり不正分野に関する研究会を開催いたしました。

昨年参加されたメンバーの方々より、本年度もぜひ継続されたい、との要望がございましたので、世話人間で協議をいたしまして、第2期の関西CFE研究会を開催する運びとなりました。

本年度も、継続研修単位が取得しにくい「不正」分野に焦点をあてて、事例研究を中心に研鑽を積んでまいりたい所存です。そこで、第一期にご参加いただいたメンバーに加えて、さらに第二期より新たに研究会に参加をご希望の方(主に関西在住のCFE資格をお持ちの方もしくは法人加入されていらっしゃる企業様の社員の方)がいらっしゃいましたら、とりいそぎ当職宛て、メールにてご連絡いただきますようお願いいたします。
toshi@lawyers.jp
なお、開催予定日時は、8月24日、9月24日、10月26日、11月30日、12月21日(場所は北浜、堺筋本町あたりを予定しております)です。時間は午後6時半より8時半まで(2ポイント×5=10ポイント取得)

開催に要する実費はメンバーの方にご負担いただきます。(一回1000円程度)なお、第一期にご参加いただいたメンバーの方々は、そのまま参加資格がございますので、あらためてご連絡いただく必要はございません。
現在のところ、第1期にご参加いただいた17名のメンバーのうち、16名の方につきましては継続してご参加いただく予定であります。
どうかCFEのスキルアップのためにも、多数ご参加いただきますよう、よろしくお願いいたします。

企業ご担当者、公認会計士の方を中心に、CFE資格保有者が増えているようにお聞きしておりますので、もしメンバーが多数となるようでしたら、研究会の開催方法も若干変更する必要があるかもしれません。ただ、この研究会は、ご参加いただくメンバーの方に積極的にご発言、ご発表いただくことを目的としておりますので、開催方法を変更するにしましても、そのあたりの趣旨を生かせるよう工夫したいと思っております。メンバーの方より、「成果物を出版化してはどうか?」とのご提案もございますが、これも検討しておきたいと思います。また法曹関係者の方でCFE資格をお持ちの方も、ぜひぜひご参加いただければ幸いです。

第2期より参加ご希望の方は、とりあえず当職あてご連絡いただきますようお願いいたします。(ACFE JAPANにはこちらからメンバー追加登録の連絡をさせていただきます)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

関西不正検査研究会(第1回会合)

そごうの元株主らによる損害賠償請求訴訟の控訴審判決が出たようですね。(産経新聞ニュース)原審と同様、元代表者による粉飾決算は認められないとして、原告株主の請求は棄却されたようであります。本件も日本で最も大きな監査法人さんが被告となっておりますが、どういった内容で原告らが敗訴したのか、近日中に全文にあたって検討してみたいと思っています。(控訴審の審理期間がかなり短かったので、おそらく原審の判断内容とはあまり変わっていないと思いますが)

さて本日はご報告ネタでありますが、以前、当ブログでも広報させていただいておりました「関西不正検査研究会」でありますが、去る8月26日、某所にて第一回の研究会を開催いたしました。ACFEに加盟するCFE(公認不正検査士)およびACFE会員によるCPE(継続研修制度)のための公認研究会でありまして、私を含む発起人3名は「いったい、関西でどのくらいの会員が集まるのだろう?」と危惧しておりましたが、本日現在で登録者14名、当日の出席者は12名ということとなり、たいへん盛況な研究会となりました。

弁護士、会計士、会計学の先生以外のメンバーは、みなさん企業の業務監査室、監査役室、監査役、セキュリティ部門等の方々でして、なかには「海外の取引先企業から、ひとりもCFEがいないのは問題」と指摘され、社命によって資格を取得された方もいらっしゃいました。(アメリカではすでに2万人のCFEが活躍しております)参加者は、皆様「守秘義務誓約書」を提出していただいておりまして、それぞれの(社内規定に反しない範囲におきまして)会社における内部監査事情を赤裸々に語っていただきました。

各企業の諸事例をお聞きして印象深かったのは、どこでも立派な内部統制システムが存在するにもかかわらず、その網の目をかいくぐって、用意周到な準備のもとで業務上横領や背任行為、情報窃盗等が行われる、ということでありました。安全や品質、コンプライアンスに関するマニュアルが完備され、また監査が慣行化してしまいますと、やっぱり「穴」が開いてしまうんですね。いわゆる不正のトライアングル(動機、機会、正当化根拠)のうちの「機会」がそこに発生してしまうわけです。当ブログでも何度か申し上げましたが、内部統制システムが不正予防に効果的であることの条件は、その運用や改善にあたって「動物的な勘」をもったごくごく少数の人材の存在ではないかと考えておりますが、やはりそういった実感を更に強く抱いた次第であります。(簡単な例をあげますと、内部通報がほとんどない場合に、うちの会社は平和だね・・・と安堵する社員のなかで、ひとりだけ内部通報制度の仕組みのまずさを指摘して改善を提案するような感じでしょうか)

内部統制というと、どうしても「仕組み」をイメージしてしまいますが、改善のための運用評価や、調査方法、人材育成など、いわゆる「プロセス」こそ最も重要なんでしょうね。これがそんなに簡単ではないところだと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

CFE研究会立ち上げのお知らせ

私の業務分野のなかで、ブログではあまり紹介できないのが内部通報ほか、不正検査業務でありますが、関西在住のCFE(公認不正検査士)資格保有者の方々へお知らせがございます。ACFE JAPANでは、このたびCPE(継続的専門教育)の一環としまして、研究会制度をとりいれましたが、関西でもCFE資格者のための研究会を立ち上げることとなりましたので、以下のとおり広報させていただきます。(またときどき同じものをアップするかもしれません)

関西不正検査研究会開催のお知らせ

日本における内部統制報告制度への関心が高まるとともに、公認不正検査士(CFE)資格保有者数は飛躍的に伸びております。そもそもCFEの主たる活躍の場は不正会計や粉飾決算の疑いがある場合に、どこに不正があるのかを推測し、不正調査を行い、その証拠を収集するところにあります。まさに企業会計と法執行の知識経験が必要な場面が想定されます。米国内務省も、この6月20日、人材採用、昇進のための資格としてCFEを初めて認定しています。

ところで、CFEの資格を取得した者は、そのスキルを磨くための継続的な研修が不可欠であり、また現実問題としても資格保有者は毎年20単位の研修ポイントを取得して米国本部へ申告しなければなりません。ただ、毎年の継続研修において10単位の修得が必須とされている「不正検査」の分野については、東京在住の方でしたら本部研修を受講することによって履修可能ですが、地方在住のCFEは受講の機会も少なく、「どのような方法で10単位(ポイント)を取得すべきか」悩んでおられる方も多いようです。

そこで、関西在住のCFE資格保有者の方を対象として、このたび3名の発起人のもと、新たに「関西不正検査研究会」を発足させ、不正検査分野におけるスキルアップをはかり、継続研修ポイントを取得できる機会を設けることといたしました。(なお、当研究会は、ACFE JAPAN研究会運営規程に基づく研究会設立をACFEに対して申請し、7月8日付けで受理されております。)

1研究会名 「関西不正検査研究会」

2発起人 山口利昭(研究会代表 山口利昭法律事務所)、塩尻明夫(塩尻公認会計士事務所)、U氏(某企業 監査室)いずれもCFE。

3研究会開催場所等 U氏勤務会社本社会議室(淀屋橋近辺)

開催回数5回(第1回は8月26日、第2回は9月22日、第3回は10月27日 いずれも午後6時半から8時半まで。第4回、第5回は11月下旬、12月下旬を予定)

5参加資格 関西在住のCFE資格をお持ちの方、もしくは法人会員である企業の役職員の方

6参加費 原則として無料ですが、外部講師招聘の場合もしくは有料の会議室利用の場合は実費をご負担願います。

7参加条件 事前に「守秘義務に関する誓約書」を提出していただきます。

8その他 途中からの参加も可能です。ただし研修ポイント取得に関するACFE本部におけるCPE取得に関する規程に定められた参加方法に従っていただくことになりますのでご留意ください。

参加ご希望の方は、toshi@lawyers.jp までメールにてお申し込みください。

研究会の名前が「関西不正検査研究会」といったベタな名前ですが、他にいいのが思い浮かびませんでした。士業の方でも、企業担当者の方でも歓迎です。U氏も10名以上の内部監査スタッフが在籍する某企業の方で、CIAも保有されている方ですので、内部監査担当者や監査役の方などにも有益ではないかと思います。とりあえず2時間×5回=10ポイントの取得を目標としております。発表者は3回目までは発起人がそれぞれ1回ずつ担当する予定です。

アクセス解析によりますと、当ブログをご覧の方は関東の方が8割以上を占めておりますので、本日は関西ローカルなお知らせで恐縮です。どうか積極的なご参加をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

fiduciary duty(信認義務) iso26000 IT統制とメール管理 M&A新時代への経営者の対応 MBOルールの形成過程 MSCBと内部統制の限界論 「シノケン」のリスク情報開示と内部統制 「三角合併」論争について 「乗っ取り屋と用心棒」by三宅伸吾氏 「会社法大改正」と企業社会のゆくえ 「会計参与」の悩ましい問題への一考察 「会計参与」の有効利用を考える 「公正妥当な企業会計慣行」と長銀事件 「公開会社法」への道しるべ 「内部統制議論」への問題提起 「執行役員」「常務会」を考える 「通行手形」としての日本版SOX法の意義 すかいらーくのMBO関連 なぜ「内部統制」はわかりにくいのか ふたつの内部統制構築理論 アコーディアゴルフの乱 アット・ホームな会社と内部統制 アルファブロガー2007 インサイダー規制と内部統制の構築 ウェブログ・ココログ関連 カネボウの粉飾決算と監査役 カネボウTOBはグレーなのか? グレーゾーン再考 コンプライアンス体制の構築と社外監査役の役割 コンプライアンス委員会からの提案 コンプライアンス実務研修プログラム コンプライアンス経営 コンプライアンス経営はむずかしい コンプライアンス違反と倒産の関係 コーポレートガバナンス・コード コーポレートガバナンス関連 コーポレート・ファイナンス コーポレート・ガバナンスと株主評価基準 コーポレート・ファイアンス入門 サッポロHDとスティールP サンプルテストとコンプライアンス ジェイコム株式利益返還と日証協のパフォーマンス スティールパートナーズVSノーリツ スティール対日清食品 セカンド・オピニオン セクハラ・パワハラ問題 セレブな会社法学習法 タイガースとタカラヅカ ダスキン株主代表訴訟控訴事件 テイクオーバーパネル ディスクロージャー デジタルガレージの買収防衛策 ドンキ・オリジンのTOB ドン・キホーテと「法の精神」 ニッポン放送事件の時間外取引再考 ノーリツに対する株主提案権行使 パワハラ・セクハラ パンデミック対策と法律問題 ビックカメラ会計不正事件関連 ファッション・アクセサリ フィデューシャリー・デューティー ブラザー工業の買収防衛策 ブルドックソースの事前警告型買収防衛策 ブルドックソースvsスティールP ヘッジファンドとコンプライアンス ペナルティの実効性を考える ホリエモンさん出馬? モック社に対する公表措置について ヤマダ電機vsベスト電器 ヤメ検弁護士さんも超高額所得者? ライブドア ライブドアと社外取締役 ライブドア・民事賠償請求考察 ライブドア・TBSへの協力提案の真相 ライブドア法人処罰と偽計取引の関係 リスクマネジメント委員会 レックスHDのMBOと少数株主保護 ロハスな新会社法学習法 ワールド 株式非公開へ ワールドのMBO(その2) 一太郎・知財高裁で逆転勝訴! 三洋電機の粉飾疑惑と会計士の判断 上場制度総合整備プログラム2007 上場廃止禁止仮処分命令事件(ペイントハウス) 不二家の公表・回収義務を考える 不動産競売の民間開放について 不当(偽装)表示問題について 不正を許さない監査 不正リスク対応監査基準 不正監査を叫ぶことへの危惧 不正監査防止のための抜本的解決策 不祥事の適時開示 中堅ゼネコンと企業コンプライアンス 中央青山と明治安田の処分を比較する 中央青山監査法人に試練の時 中小企業と新会社法 事前警告型買収防衛策の承認決議 井上薫判事再任拒否問題 企業の不祥事体質と取締役の責任 企業不正のトライアングル 企業不祥事と犯罪社会学 企業不祥事を考える 企業会計 企業価値と司法判断 企業価値研究会「MBO報告書」 企業価値算定方法 企業法務と事実認定の重要性 企業秘密漏洩のリスクマネジメント 企業買収と企業価値 企業集団における内部統制 会社法における「内部統制構築義務」覚書 会社法の「内部統制」と悪魔の監査 会社法の施行規則・法務省令案 会社法の法務省令案 会社法を語る人との出会い 会社法改正 会社法施行規則いよいよ公布 会計監査の品質管理について 会計監査人の内部統制 会計監査人の守秘義務 会計監査人報酬への疑問 住友信託・旧UFJ合意破棄訴訟判決 住友信託・UFJ和解の行方 住友信託・UFJ和解の行方(2) 佐々淳行氏と「企業コンプライアンス」 債権回収と内部統制システム 元検事(ヤメ検)弁護士さんのブログ 八田教授の「内部統制の考え方と実務」 公正な買収防衛策・論点公開への疑問 公益通報の重み(構造強度偽造問題) 公益通報者保護制度検討会WG 公益通報者保護法と労働紛争 公認コンプライアンス・オフィサー 公認コンプライアンス・オフィサーフォーラム 公認不正検査士(ACFC)会合 公認不正検査士(ACFE)初会合 公認会計士の日 内部監査人と内部統制の関係 内部監査室の勤務期間 内部統制と「重要な欠陥」 内部統制とソフトロー 内部統制と人材育成について 内部統制と企業情報の開示 内部統制と刑事処罰 内部統制と新会社法 内部統制と真実性の原則 内部統制と談合問題 内部統制における退職給付債務問題 内部統制の事例検証 内部統制の原点を訪ねる 内部統制の費用対効果 内部統制の重要な欠陥と人材流動化 内部統制の限界論と開示統制 内部統制を法律家が議論する理由 内部統制を語る人との出会い 内部統制システムと♂と♀ 内部統制システムと取締役の責任論 内部統制システムと文書提出命令 内部統制システムの進化を阻む二つの壁 内部統制システム構築と企業価値 内部統制報告制度Q&A 内部統制報告実務と真実性の原則 内部統制報告実務(実施基準) 内部統制報告書研究 内部統制報告書等の「等」って? 内部統制実施基準パブコメの感想 内部統制実施基準解説セミナー 内部統制支援と監査人の独立性 内部統制構築と監査役のかかわり 内部統制構築と経営判断原則 内部統制理論と会計監査人の法的義務 内部統制監査に産業界が反発? 内部統制監査の品質管理について 内部統制監査の立会 内部統制監査実務指針 内部統制義務と取締役の第三者責任 内部統制限界論と新会社法 内部通報の実質を考える 内部通報制度 刑事系 労働法関連 原点に立ち返る内部統制 反社会勢力対策と内部統制システム 取締役会権限の総会への移譲(新会社法) 同和鉱業の株主安定化策と平等原則 商事系 商法と証券取引法が逆転? 営業秘密管理指針(経済産業省) 国会の証人喚問と裁判員制度 国際会計基準と法 国際私法要綱案 報告書形式による内部統制決議 夢真 株式分割東京地裁決定 夢真、株式分割中止命令申立へ 夢真による会計帳簿閲覧権の行使 夢真HDのTOB実施(その2) 夢真HDのTOB実施(予定) 夢真HDのTOB実施(3) 夢真TOB 地裁が最終判断か 夢真TOBに対抗TOB登場 大規模パチンコ店のコンプライアンス 太陽誘電「温泉宴会」と善管注意義務 太陽誘電の内部統制システム 委任状勧誘と議決権行使の助言の関係 学問・資格 定款変更 定款変更議案の分割決議について 専門家が賠償責任を問われるとき 小口債権に関する企業の対応 工学倫理と企業コンプライアンス 市場の番人・公益の番人論 市場安定化策 市場競争力強化プラン公表 帝人の内部統制システム整備決議 常連の皆様へのお知らせ 平成20年度株主総会状況 弁護士が権力を持つとき 弁護士と内部統制 弁護士も「派遣さん」になる日が来る? 弁護士法違反リスク 弁護士淘汰時代の到来 情報システムの内部統制構築 情報管理と内部統制 投資サービス法「中間整理」 掲示板発言者探索の限界 改正消費生活用品安全法 改正独禁法と企業コンプライアンス 改訂監査基準と内部統制監査 敗軍の将、「法化社会」を語る 敵対的相続防衛プラン 敵対的買収と「安定株主」策の効果 敵対的買収への対応「勉強会」 敵対的買収策への素朴な疑問 敵対的買収(裏)防衛プラン 断熱材性能偽装問題 新しい監査方針とコーポレートガバナンス 新会社法と「会計参与」の相性 新会社法における取締役の責任 日本内部統制研究学会関連 日本再興戦略2015改訂 日本版SOX法の内容判明 日本版SOX法の衝撃(内部統制の時代) 日経ビジネスの法廷戦争」 日興コーディアルと不正会計 日興コーディアルの役員会と内部統制 日興CG特別調査委員会報告書 明治安田のコンプライアンス委員会 明治安田のコンプライアンス委員会(3) 明治安田のコンプライアンス委員会(4) 明治安田生命のコンプライアンス委員会(2) 書面による取締役会決議と経営判断法理 最良のコーポレート・ガバナンスとは? 最高裁判例と企業コンプライアンス 未完成にひとしいエントリー記事 本のご紹介 村上ファンドとインサイダー疑惑 村上ファンドと阪神電鉄株式 村上ファンドと阪神電鉄株式(その2) 村上ファンドの株主責任(経営リスク) 東京三菱10億円着服事件 東京鋼鐵・大阪製鐵 委任状争奪戦 東証の「ガバナンス報告制度」の目的 東証のシステム障害は改善されるか? 架空循環取引 株主への利益供与禁止規定の応用度 株主代表訴訟と監査役の責任 株主代表訴訟における素朴な疑問 株主代表訴訟の改正点(会社法) 株主総会関連 株式相互保有と敵対的買収防衛 検察庁のコンプライアンス 楽天はダノンになれるのか? 楽天・TBS「和解」への私的推論 構造計算偽造と行政責任論 構造計算書偽造と企業コンプライアンス 構造計算書偽造問題と企業CSR 民事系 法人の金銭的制裁と取締役の法的責任 法人処罰の実効性について考える 法令遵守体制「内→外」 法務プロフェッショナル 法律事務所と情報セキュリティ 法律家の知名度 法科大学院のおはなし 海外不祥事リスク 消費者団体訴権と事業リスク 消費者庁構想案 無形資産と知的財産 無形資産の時代 特別取締役制度 特設注意市場銘柄 独占禁止法関連 独立取締役コード(日本取締役協会) 独立第三者委員会 王子製紙・北越製紙へ敵対的T0B 環境偽装事件 田中論文と企業価値論 痴漢冤罪事件 監査役からみた鹿子木判事の「企業価値」論 監査役と信頼の権利(信頼の抗弁) 監査役と買収防衛策(東証ルール) 監査役の報酬について 監査役の権限強化と会社法改正 監査役の理想と現実 監査役の財務会計的知見 監査役制度改造論 監査法人の処分と監査役の対応 監査法人の業務停止とは? 監査法人の法的責任論(粉飾決算) 監査法人ランク付けと弁護士専門認定制度 監査法人改革の論点整理 監査法人(公認会計士)異動時の意見開示 監査社会の彷徨 監査等委員会設置会社 監査論と内部統制報告制度(J-SOX) 相次ぐ食品表示偽装 相続税9億8000万円脱税 破産管財人の社会的責任 確認書制度の義務付け 社内文書はいかに管理すべきか 社員の「やる気」とリスクマネジメント 社員は談合企業を救えるのか? 社外取締役と株主価値 社外取締役に期待するものは何か 社外取締役・社外監査役 社外役員制度導入と体制整備事項の関係 社外監査役とゲーム理論 社外監査役と監査役スタッフとの関係 社外監査役の責任限定契約 神戸製鋼のデータ改ざん問題 神田教授の「会社法入門」 私的独占と民事訴訟 税理士の妻への報酬、「経費と認めず」 第1回内部統制ラウンドテーブル 管理部門はつらいよシリーズ 管財人と向き合う金融機関そしてファンド 粉飾決算と取締役責任 粉飾決算と罪刑法定主義 粉飾決算に加担する動機とは? 経営の自由度ってなんだろう?(会社法) 経営リスクのニ段階開示 経営統合はむずかしい・・・・ 経営者のためのサンプリング(J-SOX) 経済・政治・国際 経済刑法関係 経済法 経済産業省の企業行動指針 耐震強度偽造と内部監査 耐震強度偽造と内部統制の限界 自主ルール(ソフトロー) 蛇の目ミシン工業事件最高裁判決 行政法専門弁護士待望論 行政系 裁判員制度関連 裁判員制度(弁護士の視点から) 裁判所の内部統制の一例 製造物責任とCSR損害 製造物責任(PL法)関連 親子上場 証券会社のジェイコム株利益返上問題 証券会社の自己売買業務 証券取引の世界と行政法理論 証券取引所の規則制定権(再考) 証券取引所を通じた企業統治 証券取引等監視委員会の権限強化問題 証券取引等監視委員会・委員長インタビュー 証券業界の自主規制ルール 課徴金引き上げと法廷闘争の増加問題 課徴金納付制度と内部通報制度 議決権制限株式を利用した買収防衛策 財務会計士 買収防衛目的の新株予約権発行の是非 買収防衛策の事業報告における開示 買収防衛策導入と全社的リスクマネジメント 辞任・退任の美学 迷走するNOVA 道路公団 談合事件 重要な欠陥」と内部統制報告書虚偽記載 野村證券インサイダー事件と内部統制 金融商品取引法「内部統制」最新事情 金融商品取引法と買収防衛策 金融商品取引法案関連 金融商品取引法関連 金融専門士制度の行方 関西テレビの内部統制体制 阪急HDの買収防衛プラン 食の安全 飲酒運転と企業コンプライアンス 黄金株と司法判断 黄金株と東証の存在意義 ACFE JAPAN COSO「中小公開企業」向けガイダンス CSRは法律を超えるのか? IFRS関連 IHI社の有価証券報告書虚偽記載問題 IPO研究会関連 ISOと内部統制 ITと「人」の時代 JICPA「企業価値評価ガイドライン」 LLP(有限責任事業組合)研修会 NEC子会社幹部による架空取引 PL法 PSE法と経済産業省の対応を考える TBS「不二家報道」に関するBPO報告書 TBSの買収防衛策発動の要件 TBSは楽天を「濫用的買収者」とみなすのか(2) TBSは楽天を「濫用的買収者」とみなすのか? TBS買収と企業価値判断について TOB規制と新会社法の関係