2018年4月 3日 (火)

グループ管理、サプライチェーンにこそ不祥事の「根本原因」がある

当ブログにお越しの方々はすでにご承知のことと思いますが、日本取引所は3月30日付けで「上場会社における企業不祥事予防のプリンシプル」を公表されたようです(日本取引所のリリースはこちらです)。パブコメとこれに対する取引所の考え方もリリースされており、プリンシプルを理解する際に役に立ちそうですね。さて、皆様方の会社にとって、「不祥事の芽」とはいったいどのような事情を指すのでしょうか。

ところで、この予防のプリンシプルでは、原則5では「グループ全体を貫く経営管理」、そして原則6では「サプライチェーンを展望した責任感」について言及されています。原則1から4までとは少し毛色が違うような気もしますが、(これは個人的見解ですが)、このグループ管理とサプライチェーンにおける予防責任という点にこそ、不祥事の「根本原因」に迫るヒントが隠されているように考えています。

企業不祥事発覚時に組織される社内調査委員会、第三者委員会は、不祥事の発生原因をどうしても社内事情に求めたくなります。報告書をみても、組織風土や内部統制・ガバナンスの不全について、社内の状況を中心にまとめられています。しかし、過去に性能偽装事件や労基法違反事件、薬機法違反事件、カルテル、FCPA疑惑の調査に携わる中で、私は本当に不祥事の根本原因を追究するのであれば、グループやサプライチェーンの構造的な欠陥にまで踏み込む必要があると考えています。

たとえば、①親会社で労基法違反の疑惑が生じたので、当該業務をそっくり特定の子会社に移管して「ブラック企業」の評判を回避した事例、②社外役員の顔に泥を塗ることができないので、FCPA疑惑が生じる金銭支出についての判断を海外子会社の役員会に移行した事例(もちろん実質的な意思決定は親会社の執行部です)、③談合疑惑に巻き込まれないように、取引先中堅ゼネコンに談合をさせる大手ゼネコンの事例、④大手メーカーの受注調整(在庫管理)を最適化するために、「納期を守ること、欠品を出さないこと」を最優先事項として取引先に要求し、品質偽装等の不正を「やらざるをえない」状況を取引先に作出している事例など、数え上げたらきりがありません。

これらの行為を「リスク管理」と呼ぶ方もいらっしゃるかもしれません。また「こういった知恵を出すのが法務の仕事だ」とおっしゃる社長さんもいらっしゃるかもしれません。ただ、これでは何も変わりません。短期的には収益につながるかもしれませんが、長期的な企業価値を毀損することは明らかです。

よく「企業風土」とか「コンプライアンス意識」といったことが語られますが、(社員による私利私欲のための違法行為は別として)一社だけで完結する企業不祥事は少ないと感じています。まさにいま金融庁や取引所が語る「根本原因」にまでさかのぼる勇気があるのであれば、このグループとしての風土、サプライチェーンにおける不正防止の最終責任者の特定、という点こそ指摘しなければなりません(ただ、不都合な真実という意味で、誰も語ろうとしない領域かもしれませんが・・・)。今回の「不祥事予防のプリンシプル」を語るにあたり、この原則5と6については、そういった理解のうえで読み進める必要があると考えます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月23日 (金)

品質検査データ偽装事件について最近思うこと

日本取引所「上場会社における企業不祥事予防のプリンシプル(案)」が公表されましたので、いろいろと持論を書こうと思ったのですが、あまり時間がありませんので、品質検査データ偽装事件について思うところをふたつほど、備忘録も兼ねて記しておきます。

ひとつは品質管理について、製薬業界の「信頼性保証本部」のような組織は活用できないだろうか、という点です。製薬業界では薬機法に基づく「法令遵守」のレベルの話かもしれませんが、品質管理・保証は「安全」のためのもの、そして製品の信頼性保証は「安心」のためのものということで、営業や研究開発、製造各部門において「品質管理・品質保証」的な役割を果たす責任者が存在するわけですが、そういった手法は「モノづくりメーカー」さんにも参考になるところは多いのではないでしょうか。

そしてもうひとつは(これは昨年から申し上げているところですが)品質偽装の相手方企業には何ら問題はなかったのか、という点です。自社工程が遅れることのないように、偽装を認識しつつそのまま受領しているケース、というのは言い過ぎかもしれません。ただ、品質偽装商品の取引先企業について、「お詫び文書」が送付されてから、データ改ざんの事実を取引先経営陣が認識するまでのタイムラグについて、一度きちんと調べてみるとよいと思います。なにゆえか、タイムラグが発生している企業を何社か確認しています。不祥事予防という点からみると、このような問題に光を当てて、そのタイムラグの原因をきちんと探ることが大切ではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年12月28日 (木)

東レ有識者報告書の教訓-「働き方改革」は企業不祥事を誘発する

内部通報の外部窓口を担当していて、最近通報が増えていると感じるのが幹部社員の長時間労働です。昨日(12月26日)の毎日新聞ニュースでも、ジタハラ(時短ハラスメント)によって自動車販売会社の店長さんが過労自死に至った、との疑惑に関する報道がありました。来年は、ジタハラはさらに深刻な問題として取り上げられるようになりそうです。

ところで本日、東レ(子会社)品質検査データ改ざん事件に関する有識者報告書が公表されましたので、さっそく全文に目を通しました。外部有識者による報告書ですが、第三者委員会ではないので、自ら改ざんに関する事実認定や原因分析を行ったわけではありません(社内調査やその後の対外対応に至った会社行動が妥当だったかどうかを検証することが目的だそうです)。しかし、上記報告書によって社内調査の詳細、東レ社としての原因分析の結果等が判明したので、事件の内容がとても理解できました。

いろいろと参考になる記述がありましたが、とりわけ目を引いたのが東レハイブリッドコード社における品質保証室長(改ざんした2名の室長)の勤務状況でした。同社では(当時)品質保証室は社長直轄部署で、部長待遇の室長1名と6,7名の品質保証部社員で構成されていたそうです。そして品質保証部社員の方々は、ほとんど定時に帰るのですが、社員が算出したデータをもとに品質検査証明書を作成するのが室長の役目とのことで、深夜まで仕事をされていたそうです。ときどき「これって規格外の品質ではないか?」と思い、製造部門に連絡をしても「それはアナタの部署の検査方法に問題があるんだろ!もう一回検査してみろよ!」と拒絶されることもあったようです。

組織間の力学バランスの歪みが不正の要因だったものと私は考えていますが、上記有識者報告書を読んだかぎりでは、「このような不正はどこの組織でも起きる。とりわけ働き方改革を『システム』として採用している企業はかなり危ない」と感じました。部下に残業をさせず、定時に帰らせることに中間管理職が気を遣うことになれば、これまで以上に幹部職は仕事を抱えます。納期を守ることや他の部署に迷惑をかけないことのほうが不正に手を染めることよりも大切と思えてきます。もちろん品質に関する法令に違反するわけでもなく、また消費者や相手方にも迷惑をかけないのだから・・・といった「正当化根拠」、自分だけで不正を完結できるといった「機会」も要因ですが、やはり動機・プレッシャーの要因が一番大きいはずであり、今後は働き方改革への対応が拍車をかける気がします。

国を挙げての「働き方改革の推進」ですが、経営管理部門が現業部門にシステムを押し付けるだけでは不祥事の芽になってしまいます。人を増やす、納期を遅らせる、仕事量を減らす、といった「事業の効率性のジレンマ」とどう折り合いをつけるか・・・、つまりシステムではなく経営判断の一環として取り組む姿勢がなければ同様の不祥事はかならずどこの企業でも増えるものと予想します。究極的には社員の「個」の力を高める方向で対応するのか、それとも組織力を高める方向で対応するのか、おそらく社長の決断が必要であり、社長は「働き方改革」の難題から逃げないことが求められるのではないでしょうか。

東レ有識者報告書では、規格から大きく逸脱していたデータについて、品質保証室長は改ざんに至っていなかったとして、「安全性には問題なかった」と結論付けています。ただ、調査対象となった期間内に、どれだけの規格外データ報告案件があり、そのうちのどれだけが廃棄処分となったのか定量的な調査結果は示されていませんでした(この点は、とても重要なポイントだと思いましたが・・・ひょっとすると企業秘密に関わる事実なのかもしれません)。もし、品質保証室が他の部署に何も言えない雰囲気が存在していたのであれば、検査方法に問題があったとして、そのまま不問に付している可能性もあり、安全性確認にやや疑問が残ります。また、品質保証室長に与えられていた「権限内の修正行為」と「改ざん行為」との区別もあいまいです。いろいろと素朴な疑問は湧いてきますが、ただ上記有識者報告書は、他社でも発生する不祥事への教訓を多く含むものと言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年12月18日 (月)

グループガバナンスの難しさを痛感する亀田製菓子会社会計不正事件

第2クールを迎えた経産省「コーポレートガバナンスシステム研究会(CGS研究会)」では、いままでエアーポケットだった(とされる)グループガバナンスを中心課題として審議されるそうです(12月8日の第2クール第1回提出資料参照)。日本の会社法は単体企業を基礎とした利害調整規範として規定されていますので、法律家が企業集団のガバナンスを議論することはなかなか難しいのが実態です。

12月13日(木)の日経朝刊(経済教室)では「子会社管理 成功の秘訣は?」と題して、経営学者でいらっしゃる若林直樹氏(京大教授)の論稿が掲載されていました。グループ経営の巧拙を、親会社のコストとベネフィットから分析する手法はとても説得力があり、親会社の経営陣に説明する際にはコーポレートファイナンスの見地からの解説のほうが納得感があるのではないかと思います。

さて、先週金曜日(12月14日)、亀田製菓さんの海外子会社の会計不正事件について、外部調査委員会の報告書が公表されました。子会社の経理部長が棚卸在庫を過大に計上して原価を下げ、過剰な利益を計上していたというもので、不正会計事案としてはどこにでもありそうな内容です。ただ、本報告書は親会社である亀田製菓さんが「なぜ早期に子会社不正を見抜けなかったのか」、親会社のグループガバナンスへの取り組みを詳細に分析しており、とても興味深いものになっています。「なぜ経理部長が自身の判断で不正に手を染めたのか」といった理由についても、逡巡の末に答えを出しているところは誠実です。報告書もとてもわかりやすい文章で整理されていますので、グループガバナンスに関心のある方にはお勧めの報告書です。

僭越ながら、私が本報告書を高く評価する点は、他の第三者委員会報告書ではあまり触れられていない「監査の問題点」を詳細に解説しているところです。親会社の内部監査、監査役監査、そして子会社の会計監査人監査の問題点について(法的責任を追及する意図ではない、と前書きされているものの)かなり詳細に追及しており、「もし監査が十分になされていれば、2014年の時点で不正を発見することができたのではないか」「しかし、子会社監査に費やしうる人的資源や物的資源を考えれば、やむをえない面もある」といったところ、理想ではなく現実論に立脚した評価がなされています。これは私の感想ですが、海外子会社の会計監査人と親会社の会計監査人との意思疎通がさらに密であれば、会計不正を早期に発見できたのではないかとも思えます(ただ、本報告書では、当該子会社の売上規模からすると、親会社会計監査人からみると重要子会社とは言えなかったとのこと)。

このたびの「グループガバナンスの難しさ」との関係でいえば、本報告書は親会社の海外子会社管理に関する「関連部署間の連携不足」を指摘しています(報告書66ページ参照)。海外事業部門が主たる管理をしているが、部門間の縦割り慣行によって問題点の共有がなされていなかった、という点は私の経験からみても「どこの会社でも指摘できる」発生要因だと思います。海外事業部門の力が強い組織だと、監査部門はどうしても「○○さんを通さないと質問できない」といった亀田製菓さんと同じ悩みを抱きます。コーポレートガバナンス・コード補充原則3-2②にもあるように、平時から有事を想定した取り組み(不正疑惑が発生した場合の社内ルールの策定等)を進めることが大切ではないかと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2017年10月10日 (火)

神鋼品質データ改ざん事件-被害企業側の説明責任

つい先日、日産自動車さんの無資格検査事件が発覚しましたが、今度は神戸製鋼さんの品質保証に関するデータの改ざん事件が発覚しました(不適切検査問題も同時に発覚)。神戸製鋼さんとしては、もう少し実態調査の内容が明らかになるまで公表しないつもりでしたが、「取引先さんのいろいろな動きのため」に公表を急がねばならなかったそうです(朝日新聞ニュースの記事より)。同社グループによる昨年のJIS規格強度偽装事件では、自浄作用を発揮した対応が目立ちました。しかし今回の件は「なぜ昨年、同じように公表できなかったのか」という点で疑問が残り、個人的には非常に残念です。影響度があまりにも大きくて公表を躊躇していた、ということでしょうか。

安全性よりも「納期を守る」ことが「誠実な企業」として大切だと考えたのか、それとも事業戦略上の重要領域であるがゆえに失敗は許されず、自社基準、法令基準さえクリアすれば保証品質をクリアできずとも「安全性に問題なし」と、いつしか拡大解釈されるようになったのか、品質基準には広い裁量の範囲があったのか、「相手方企業による監査手続がないので絶対にバレない」との考えがあったのか。いずれにしても企業風土の問題と言われても仕方ないように思います。

ところで本件は取引先から要求されていた品質を具備していないにもかかわらず、さも具備しているかのような品質保証書を作成して取引を行っていた・・・というところに特色があります。CFE(公認不正検査士)の本場米国では、こういった際に、被害企業から委託されたCFEが取引先企業に乗り込んで実態調査を行うことがありますが、日本企業ではそこまで行かないようですね(品質保証契約の際に、そのような条項が元々挿入されていない、ということでしょうか)。

このようなデータ偽装事件において、被害者側企業の危機対応を支援したことがありますが、品質偽装を受けた企業側が、当該製品をお使いの顧客の方々のためにリコール等の対応を最優先事項とすることは当然です。しかしそれだけでなく、被害者側企業が上場会社の場合、被害回復の徹底を図ったことを株主に説明しなければならないので、「偽装をした相手方にどこまで厳格に対応すべきか」という点も、一つの大きな課題となります。ここに、平時からのリスク管理の巧拙が、他の被害企業との明確な差となって浮かび上がります。

詐欺事件として刑事告訴をする企業、詐欺を理由に不法行為責任を民事賠償として追及する企業、契約責任(瑕疵担保条項)による民事賠償として追及する企業、不正を発生させた企業が何らかの対応を決定するまで静観している企業など、いろいろと対応が分かれると思います。実は「品質保証を要求する」と言いながら、保証された品質が具備されているかどうかきちんと確認していない企業も多いのではないでしょうか(品質保証書が提出されていれば、あとは保証表明による責任のみ?)。お互い信頼関係で結ばれている日本企業ですから、安全性さえ確認できれば、どこかで円満にトラブルを終結させたいところです。

ただ、最近は株主の方々に、1円でも多くの被害回復に尽力したことを説明する必要性が高まっているので、被害企業の対応も厳格にならざるをえないように思います(あたりまえといえばあたりまえですが・・・)。しかし、たとえば法が要求する安全基準を満たしていない、といった事例であれば問題ないのですが、合意に基づく品質基準を満たしていないということについては、「品質基準を満たしていない製品の確認義務は尽くしていたのか」ということについて、一点の曇りもなく「尽くしていた」と言えるかどうか、悩ましいことがあります。被害回復を徹底的に行う(つまり法的責任を追及する)ということになりますと、自社の行動に問題がなかったどうかも明るみに出る可能性があります。そのあたり、とても慎重に行動しないと、今度は不祥事の火の粉がこちら側に飛んでくることになりかねません。

今回の神鋼さんの品質データ改ざん問題のように、10年以上もの間、幹部クラスまで関与していたとなりますと、たとえば取引先にも過去に神鋼さんの社員だった方が勤務している可能性が出てきます。たとえば昨年の神鋼さんのJIS規格強度偽装事件では、「トクサイ品」として、取引先もJIS品質の強度不足を知っていながら取引を継続しているということもありました(2016年7月11日付け日経ビジネス参照。ブランド品を破格の値段で購入できるわけですから、いわば「三方よし」のようなものかと・・・)。取引先は日本を代表する「安全性重視」の企業ばかりなので、あまり失礼なことを推測だけで語ることは控えますが、それでも要求した品質保証のレベルをどのように確認してきたのか、そのあたりの日本企業の実情は、法律レベルではなく商慣行レベルでどうだったのか、知りたいところです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年10月 2日 (月)

日産の無資格検査事件-「安全性に問題なし」言及のジレンマ

日産自動車さんで新規登録車の最終検査を認定外の自動車検査員が行っていたとして、リコール問題に発展しています。朝日新聞の記事によりますと、国交省の抜き打ち検査によって発覚したとありますが、定例のパトロール検査だったのか、それとも内部告発があったのかは不明です。ちなみに、今年から消費者庁と各行政庁との間で、労働者通報に関する行政機関ガイドラインを遵守する申し合わせがなされ、そもそも内部告発があったのかどうかも秘密にすることになりました(そうしないと内部告発者が特定されるおそれがあり、会社から不利益処分を受けるからです)。いずれにしても、日産さんにとっては、道路運送車両法上の保安基準を満たさない車両が見つからない以上は「法令違反」には該当しないにもかかわらず、大きな不祥事に発展してしまいました。

事実関係は第三者委員会の調査結果を待たなければ確かなところはわかりませんが、とりあえず日産さんとしては「補助者といえども検査をしているので車両の安全性には問題ありません」と大きな声で言いたいですよね。オーナーさんや販売店の混乱を回避するためにも、危機対応としては「とにかく安全です」とリリースしたいところです。しかし、これがそんな簡単でもないと思います。

「安全です」と言ってしまえば、それではなぜ国交省の通達(新車の最終検査は社内で認定した自動車検査員が責任をもって行うこと)があるのか、それは安全性の確保のためではないか、といった道路運送車両法の趣旨を真っ向から否定することになります。以前、同じような事件を担当したときに、監督官庁さんから「それを言っちゃおしまいでしょ。過剰規制ってワケ?お上にケンカ売るってこと?」ということで、安全性に関する発言はコソっとしか言えませんでした。また、世間からは「無資格者が検査しても安全ですからどうかご安心ください」って、そんな気持ちで仕事してるんだから、会社ぐるみで故意で無資格検査を放置していたということですよね?と批判を受けることもありそうです。

ただ「安全性については回答できません」とも言えないでしょうね。そんなことを言ったら販売停止に追い込まれますし、第一、一回目の車検を控えている「販売から3年未満の自動車オーナー」を混乱させることになります。ここはなんとか「安全性」に関する話題を、「とりあえず安心」を顧客の皆様にもたらすストーリーに変える努力が日産さんには必要かと。あと、こんなことを申し上げると「弱気」に聞こえるかもしれませんが、ともかく国交省と二人三脚で消費者、顧客の皆様の不安を除去するために全社挙げて対象車両を特定する以外には方法はないと思います。検査員、補助検査員とも、すでに退職している方もたくさんおられるので、ずいぶんたいへんな作業だとは思いますが。

記者会見で「なぜこうなったのか、いつからこうなのか、わからない・・・・」と経営陣の方がおっしゃっていましたが、現場の社員の方々にとっては安全性も大切ですが、納期を守るというお客様への誠実性も大切です。中にはルールを知らなかった社員の方もいらっしゃったのかもしれませんが、実際には誠実な社員の方々が、決してやってはいけない「安全と商売を秤にかける」ことをやってしまったのではないかな・・・、と推測いたします。現場の社員の方が疑問に感じて、内部告発に向かう典型的なパターンのような気もします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2017年3月21日 (火)

DeNAキュレーション問題-この不祥事を事前に止めることはできたか?

(最終更新 3月21日午前11時0分)

三連休にDeNAキュレーション事業に関する第三者委員会調査報告書をじっくりと読みました。やはり要約版(約30頁)では見えていなかったものが、全文(300頁)を精査しますといろいろと興味深いコンプライアンス問題として浮かび上がります。コンプライアンス経営にご関心のある方は(かなり時間はかかりますが)全文をお読みになるのもよいかもしれません。以下は私がとくに関心を抱いた点だけをピックアップしておりますが、読まれた方それぞれに興味が湧くところは異なるかもしれませんね。

iemo社、ペロリ社をDeNA社が買収するにあたり、法務デューデリの時点で著作権侵害やプロバイダー責任制限法違反のリスクが認識されていたとしても、買収に向けて組織全体が前のめりになっている状況では誰も買収を止めることはできない、ということがわかります(いや、ホントは止めなければいけないのでしょうけど、私にも自信がありません・・・笑)。法務リスクへの対応として、「抜き打ち調査」といったPDCA活動が同社法務部を中心に実践されるのですが、結局のところ3回ほどで打ち切りとなり、数値目標達成を至上命題としたスピード経営が優先されることになります。

報告書にも評価されているように、DeNA社の法務部は、過去にも重大な案件を処理した実績もあって、一部上場会社の法務部にふさわしく、コンプライアンス意識はかなり高いものでした。そのような優秀な法務部門が、なぜキュレーション事業における著作権侵害、プロバイダー責任制限法違反、薬機法違反といった「法令違反行為」を放置しつづけたのか、これは相当にむずかしいコンプライアンスの課題です。報告書ではとりあえず買収対象会社への遠慮、経営トップへの遠慮ということが挙げられていますが、ではなぜ監査役や内部監査部門への報告や連携がなされなかったのか、そのあたりには言及されていませんでした。

また、報告書では、DeNAには「トライアル&エラー」によるコンプライアンス経営を実施する組織風土も具備されていた、とあります(自浄能力、自己修正力は具備された会社だ、と評価されています)。ではなぜ、医療情報を扱うキュレーション事業サイトWEKQ(ウェルク)が社会的に批判を浴びだした時期において、徹底した社内調査で軌道修正を行わなかったのか、これもやはり疑問が残るところです。中長期の事業計画で対外的に約束した数字をクリアすることが最優先であったとのこと。しかし、結果からみれば法令違反行為が問題とされていますが、そもそも医療健康情報に関するキュレーション事業さえ中止していれば、(良い悪いは別として)今回のような重大不祥事に発展することはなかったといえそうです。

Dna02

今回、報告書全文を読んで、他社のコンプライアンス経営に最も参考になると思われるのが、DeNAグループの運営する10のキュレーションサイトのビジネスモデル、管理体制に関する比較です。ペロリ社が運営するサイト「MERY」の社長さんはDeNAの経営トップの意見を聞かず、グループ内で独自路線を貫いたからこそ高収益を上げていたのですね。もし親会社の経営トップの指示に従っていたら、おそらく業績は上がっていなかったと思われます(私個人の意見としては、この「MERY」だけはキュレーションサイトとして今後早めに再開されるのではないか、と予想しています)。調査報告書を読むと、「MERY」に対する解説部分が一番わかりやすいのです。おそらくこれはMERYの責任者の第三者委員会に対する協力姿勢が報告書の解説記述に反映されているものと推測されます。これはグループ企業の内部統制を考えるにあたり、また、今後のキュレーション事業の展開を考えるにあたり、とても示唆に富む比較です。なお、上記図表は私なりのイメージで比較したものであり、作成責任は私にあります。

また、同じように健康医療情報を流すWELQとcutaの比較において、なぜWELQでは多数の苦情が届いたにもかかわらず、cutaには一件も苦情が届いていなかったのか、WELQと同様、外部委託に頼っていたCAFY、JOOYにおいて、なぜWELQほどの苦情が集まらなかったのか、このあたりもたいへん読み応えがあり参考になります。泥臭いかもしれませんが、日ごろからのコンプライアンス経営に対する意識の違いが如実に結果に表れているように思います。

本件不祥事を考えるにあたり、「DeNAのキュレーション事業」と一括りにしてはいけない・・・ということが全文を読んでよくわかりました。「MERY」の運営をみると、無断画像使用を中心とした著作権法違反の数が突出していて決してコンプライアンスの優等生ではありません。しかし、MERYのキュレーション事業は「どんな企業にも不祥事の芽は存在し、また不祥事は発生するけれども、不正リスクとどうやって付き合っていくか、(芽を摘み切ることはできないとしても)不祥事の芽を大きくしないためにどうすればよいか」といった(理想論ではなく)現実論としてのコンプライアンス経営の実践方法を知るうえで、とても参考になるものと思いました。競争にさらされている組織においては不正を止めることはできない、しかし大きな不祥事に発展することだけは平時からの努力によって防ぐことができる、ということがリスクマネジメントとしては大切かと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年11月 8日 (火)

電通労基法違反事件を企業コンプライアンスの視点で考える

朝から電通本社等に労働基準法違反の容疑で(東京労働局による)強制捜査が入ったことが報じられています。過労死事件を契機に、同社の労基法36条、32条違反問題が注目され、今後さらに同社における「組織としてのコンプライアンス意識の欠如」が指摘されることが予想されます。

たとえば日本監査役協会(関西支部)の労働法研修も、人気講師が担当している講座とはいえ、電通さんの過労死事件発覚までは例年どおり1回開催の予定でした。しかし事件発覚後この講座がすぐに満席となり、協会事務局側は追加講座を開催することにしましたが、これもすぐに満席となっています。今回の過労死事件が、大企業を中心に労務コンプライアンスに大きな意識改革をもたらそうとしていることは間違いないようです。

今後「電通という会社はもともとブラック企業だった」といった論調で様々な報道がなされるかもしれません。大企業であるがゆえに「みせしめ」として刑事立件の対象になることも予想されます。その場合「過去にこんな事件があったのに是正しなかった」「組織的な時間外労働過小申告がなされた」といった電通固有の事情に光をあてて、「ほら、こんなブラックな会社だから悲惨な事件が発生したのだ」といった不祥事のオトシドコロを探ることになるような気がします。しかし亡くなられた社員のお母様が記者会見に臨んだ本当の目的、つまり「このようなつらい事件を世間で二度と起こさない」ことを考えるためには、もう少し別の視点から考えることも必要だと思います。以下、多くの方から反論されることを承知のうえで(こういった見方もあるという意味で)私なりの企業コンプライアンスの視点から検討してみます。

ひとつは、同様の労基法違反は他社でも同様に発生しているのではないのか?という視点です。横浜の傾斜マンション事件の際、旭化成建材さんは「支持層への杭打ちデータを偽装した」として社会から大きな批判を浴び、最終的には親会社である旭化成さんのトップが退任を余儀なくされました。しかし、あまり報じられていませんが、この件では同業他社合わせて9社が、同じ日に国交省から処分を受けています(国交省のリリースはこちら)。つまり杭打ちデータ偽装というのは「どこの会社でも起こりえたこと」が行政の調査によって判明したわけでして、単に社会で騒がれるまでは性善説で調査をしていたためにわからなかったということです。労基法違反問題は、口頭注意によって終わっているケースも多いわけですから、今回の電通さんの件を契機として、厚労省が性悪説に基づいて調査をした場合、同業他社ではどうなのか・・・という点は冷静に検証することが必要です。

次に、「電通はコンプライアンス意識が欠如していたために、このような悲惨な過労死事件を引き起こした」といった因果関係がすんなり納得できるものかどうか、といった視点です。たとえば偽装請負や偽装派遣を防ぐため、もしくは親会社がしっかりと事業部門を監視する体制を整えたいために、同業他社であれば子会社や取引先に丸投げしている業務についても、電通の場合にはコンプライアンス経営を徹底させるために「正社員」として抱えていた、その結果として正社員に対する労基法違反が顕著であったという見方は成り立たないのでしょうか?(これは同業他社の状況をみてみなければわかりませんが)。ひょっとすると、同業他社では発生していない労基法違反事件も、実は子会社や丸投げしている中小の下請会社ではもっと過酷な事件が起きていて、話題性が乏しいために表面化していないということも考えられるように思います。電通さんと、同業他社さんのいずれのほうがコンプライアンス意識が高いのか、そのあたりをきちんと検証してみなければわからないのではないかと。

そして最後に、過労死事件の直前に話題となりました不適切広告事件との関連性から、電通さんの構造的欠陥を考察する視点です。たしか亡くなられた女性社員の方もインターネット広告の分析作業を担当されていたかと思います。いくらAIが発達したとしても、運用型広告の分析作業は日夜を問わず人間が行います。年々、広告代理店ではネット広告による売上比率が高まっていますが、枠広告とは異なり、運用型広告は単価が著しく安く(たとえば数百万円単位)、広告効果を高めるためには多様な分析を用いた広告主へのプレゼンが求められます。高度なスキルが必要ではあるものの単価の安い作業をこれからも広告売上の柱として拡大する事業戦略をとるのであれば、当然のことながら特定社員の加重労働が発生しやすいビジネスモデルということが言えるのではないでしょうか(だからこそ、不適切広告という不正も発生しやすい環境にある、ということではないかと)。つまり不適切広告事件と過労死事件の根っこ(不祥事の芽)は同じところにあり、これは同業他社さんでも同様ではないでしょうか。

もちろん以上の視点は、あくまでも私のコンプライアンス経営支援という視点からの意見なので、推論に基づく仮説にすぎません。しかし、電通さんはこんなブラック企業だった、といった個社事情だけで判断せず、こういった仮説の検証をひとつひとつつぶしていかなければ、電通さんだけでなく、他の広告代理店さんや他の業界でも、同様の事件が再発してしまうのではないかと危惧します。何度も申し上げますが、亡くなられた女性社員のお母様が会見で「二度とこんなつらい事件は起こしてはいけない」とおっしゃっていましたが、理性ではなく感情論として私も全く同感です。不正は決して単純な因果関係で発生するものではありません。様々な要因が重なり合って、誠実な社員がたくさん存在する企業でも発生するものと考えておくべきです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年9月 9日 (金)

PCデポ問題-「社会からの要請」の内容は御社の姿勢次第です。

8月中旬に高額解約料騒動が報じられて以来、株価が低迷を続けているPCデポコーポレーションさん(東証1部)ですが、いよいよ運用大手が次々と同社株式を売却しています。正直に申しますと、私は同社の対応は速やかだったので、1か月もすれば株価は回復するのではないかと予想していましたが、そんなに甘くはなかったようです。

認知症の高齢者の方に対して、解約手数料20万円を請求した(最終的には10万円に減額した)、という事実の「不適切さ」もさることながら、おそらく同社の高齢者サポートビジネスへの懐疑的な見方が広まった(知られてしまった)のかもしれません。月額契約料のほかに、高額の解約手数料をとらなければ、そもそも手厚いサポートを維持する費用を捻出することができないと思われますし、その点が世間で明らかになると、今度は契約者間における不公平感が解約への誘因になっているのではないでしょうか(「俺が払っている月額契約料は、ごく一部の契約者の利便性のためだけに使われているのか?」といったこと)。今後、同社の対策が奏功して株価が上昇するのか、注目しておきたいところです。

しかしPCデポ騒動をみるに、今回ほどSNSの脅威を感じた不祥事はなかったのではないでしょうか。SNSの脅威といえば、過去にもリコール対応の杜撰さが暴かれた事件や「おバカ投稿」が拡散して企業が謝罪するような事例はありましたが、株価が半減して戻らないといった、まさに企業価値を低下させるきっかけとなった事例はあまり記憶がありません。コンプライアンスは「法令順守」ではなく、「社会の要請への適切な対応である」とは言われますが、まさに社会の要請に対して同社が(これまでのところ)対応できていなかったといえます。

大きな不祥事を起こしてしまった企業が、よく「世の中の風を読み間違えた」と釈明することがありますが、私が危機対応の実務で感じることは、「世の中の風」といったものは、どこの企業にも同じように吹いているものではなく、御社次第で風の向きや風の強さは変わるということです。「割れ窓理論」というものがありますが、人は誰も手入れをしていない割れ窓の空家では、土足で立ち入り、平気でごみを捨ててしまい、その結果不正発生率も高まります。しかし手入れが行き届いている家の前では道徳心が発揮され、その結果として不正発生率は下がります。まさに「性弱説」の発想です。同じ不祥事を起こしても、平時から示している顧客に対する接し方や有事における不祥事対応が異なれば、同じ顧客でも別の顔を見せるのは当然です。

御社に吹く世間の風も、御社が世間に対してどのような姿勢で臨むかによって変わります。マニュアルのような「クレーム対応の手引き」だけに頼って、その顧客をクレーム客に仕立ててしまった要因に目を向けなければたいへんなことになります(すべてとは申しませんが、普通のお客様をクレーム客に仕立てているのは御社の姿勢かもしれません)。「顧客のために」と言いながら、実は自社の利益優先の行動に出ていれば、それなりの風が吹きます。「顧客の視点で」事業を遂行していれば、同じ顧客でもまったく別の顔を御社に向けてくれます。このことがよくわかっておられない会社がとても多いと痛感します。コンプライアンス経営の基準となる「社会の要請」は、もちろん時代によっても変わりますが、御社の姿勢によっても変わるということは肝に銘じておいたほうがよいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月 2日 (金)

三菱自動車の不正ふたたび-行政を敵に回すには覚悟が必要

公益通報者さんがコメントで述べておられるように、燃費偽装事件で揺れる三菱自動車さんでさらなる不正が指摘されています。同社は、国交省の指示に従って、正しい燃費データを測定するために実施していた社内試験で、本来であれば複数の試験結果のうち中央値に近いデータ3つを採用すべきところを、下方の(自社に都合の良い)データ3つを選んで使用していた、とのこと。国交省はこれを「不正」と断定したそうです。

私の素朴な疑問は①なぜ70回も試験を繰り返して、そのうち都合のよい3回分だけを選ぶという方法に誰も疑義を持たなかったのか、②ルールに書いていない点の解釈について自社でわからないのであれば、なぜ国交省に問い合わせるといったことをしなかったのか、③自社の再検査方法によれば、国交省自身による検査と自社の検査結果に差が生じることは想定していなかったのか、ということです。①については私なりの解釈がありますが、長くなりますのでここでは触れません。②と③については、いわゆる企業の危機対応と行政との関わりに関連する課題です。国交省の再検査指示というのは、私から見れば(自浄能力を発揮して企業の誠実性を示すための)「助け舟」のひとつだと認識しています。スズキさんは、その助け舟にうまく乗りましたが、三菱自動車さんは、いわば行政に泥を塗った(国交省の顔をつぶした)形です。

三菱自動車さんとしては「試験方法には問題があったが、決して品質(燃費)では負けていない」「たしかに燃費偽装の意図はあったが、発表値とそれほど大きな差はない」といった、これまでの対応にこだわりすぎたことが、今回の新たな不正の原因だったのかもしれません。しかし、不祥事発覚時の有事対応では、行政を味方につけて乗り切れば、世間に公表せずに済むケースもあれば、公表せざるをえない場合でも信用毀損を最小限度に抑えることができるケースが多いのです。行政だって国民から(行政対応を)批判されることを嫌いますので、企業の不祥事対応を真剣に後押しすることもありますし、オモテから後押しすることはできなくても、そのサインを出してくれることもあります。

行政の出すサインを見落とすか、サインを無視してしまえばオワリです。もはや助け舟は出してくれません。とりわけ監督官庁は、自分のところの監督責任を免れるために、「ふまじめ企業」のレッテルを貼る準備をします。「こんなふまじめ企業は監督不能です」と説明したいがために、それまで入手した情報はマスコミに伝達され、その結果、不祥事企業はマスコミの餌食になってしまいます。不祥事企業が国民から「とんでもない」との印象を強くするにしたがって、行政監督を批判する国民感情はやわらいでいきます。

もし再検査によって国交省による検査結果との間にかい離が生じた場合、「国交省の検査がまちがっていました」といった結論になるでしょうか。おそらく国交省としては三菱自動車さんの検査方法を厳しくチェックして、少しでも間違いがあれば「不正だ」と断定するはずです。本来ならばルールの趣旨を解釈すれば「平均値中央値に近いところから3回」の試験結果を採用しなければならないはずですが、かりにわからなくても、国交省とのコミュニケーションが必要だったのではないかと。もちろん、企業にはルール(もしくはルールの適用)の方がおかしいと感じた場合には「闘うコンプライアンス」も必要ですが、それなりの覚悟が必要です※。三菱自動車さんのクライシス・マネジメントの観点でいえば、このたびの燃費偽装事件においては、行政を味方につけるべきだったと考えます。

※・・・9月1日深夜のニュースによりますと、金融コンサルタントの方がインサイダー取引による課徴金処分を争って勝訴されたそうですね。課徴金納付命令が取り消されるのは初めてとのこと。情報伝達者(証券会社社員)の解雇無効判決も出ているそうで、コンサルタントの方と情報伝達者がそろって記者会見に臨んだそうです。課徴金処分は2013年、金額は6万円ということですから、やはり行政を敵に回すのには相当の覚悟が必要ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

fiduciary duty(信認義務) | iso26000 | IT統制とメール管理 | M&A新時代への経営者の対応 | MBOルールの形成過程 | MSCBと内部統制の限界論 | 「シノケン」のリスク情報開示と内部統制 | 「三角合併」論争について | 「乗っ取り屋と用心棒」by三宅伸吾氏 | 「会社法大改正」と企業社会のゆくえ | 「会計参与」の悩ましい問題への一考察 | 「会計参与」の有効利用を考える | 「公正妥当な企業会計慣行」と長銀事件 | 「公開会社法」への道しるべ | 「内部統制議論」への問題提起 | 「執行役員」「常務会」を考える | 「通行手形」としての日本版SOX法の意義 | すかいらーくのMBO関連 | なぜ「内部統制」はわかりにくいのか | ふたつの内部統制構築理論 | アコーディアゴルフの乱 | アット・ホームな会社と内部統制 | アルファブロガー2007 | インサイダー規制と内部統制の構築 | ウェブログ・ココログ関連 | カネボウの粉飾決算と監査役 | カネボウTOBはグレーなのか? | グレーゾーン再考 | コンプライアンス体制の構築と社外監査役の役割 | コンプライアンス委員会からの提案 | コンプライアンス実務研修プログラム | コンプライアンス経営 | コンプライアンス経営はむずかしい | コンプライアンス違反と倒産の関係 | コーポレートガバナンス・コード | コーポレートガバナンス関連 | コーポレート・ファイナンス | コーポレート・ガバナンスと株主評価基準 | コーポレート・ファイアンス入門 | サッポロHDとスティールP | サンプルテストとコンプライアンス | ジェイコム株式利益返還と日証協のパフォーマンス | スティールパートナーズVSノーリツ | スティール対日清食品 | セカンド・オピニオン | セクハラ・パワハラ問題 | セレブな会社法学習法 | タイガースとタカラヅカ | ダスキン株主代表訴訟控訴事件 | テイクオーバーパネル | ディスクロージャー | デジタルガレージの買収防衛策 | ドンキ・オリジンのTOB | ドン・キホーテと「法の精神」 | ニッポン放送事件の時間外取引再考 | ノーリツに対する株主提案権行使 | パンデミック対策と法律問題 | ビックカメラ会計不正事件関連 | ファッション・アクセサリ | フィデューシャリー・デューティー | ブラザー工業の買収防衛策 | ブルドックソースの事前警告型買収防衛策 | ブルドックソースvsスティールP | ヘッジファンドとコンプライアンス | ペナルティの実効性を考える | ホリエモンさん出馬? | モック社に対する公表措置について | ヤマダ電機vsベスト電器 | ヤメ検弁護士さんも超高額所得者? | ライブドア | ライブドアと社外取締役 | ライブドア・民事賠償請求考察 | ライブドア・TBSへの協力提案の真相 | ライブドア法人処罰と偽計取引の関係 | リスクマネジメント委員会 | レックスHDのMBOと少数株主保護 | ロハスな新会社法学習法 | ワールド 株式非公開へ | ワールドのMBO(その2) | 一太郎・知財高裁で逆転勝訴! | 三洋電機の粉飾疑惑と会計士の判断 | 上場制度総合整備プログラム2007 | 上場廃止禁止仮処分命令事件(ペイントハウス) | 不二家の公表・回収義務を考える | 不動産競売の民間開放について | 不当(偽装)表示問題について | 不正を許さない監査 | 不正リスク対応監査基準 | 不正監査を叫ぶことへの危惧 | 不正監査防止のための抜本的解決策 | 不祥事の適時開示 | 中堅ゼネコンと企業コンプライアンス | 中央青山と明治安田の処分を比較する | 中央青山監査法人に試練の時 | 中小企業と新会社法 | 事前警告型買収防衛策の承認決議 | 井上薫判事再任拒否問題 | 企業の不祥事体質と取締役の責任 | 企業不正のトライアングル | 企業不祥事と犯罪社会学 | 企業不祥事を考える | 企業会計 | 企業価値と司法判断 | 企業価値研究会「MBO報告書」 | 企業価値算定方法 | 企業法務と事実認定の重要性 | 企業秘密漏洩のリスクマネジメント | 企業買収と企業価値 | 企業集団における内部統制 | 会社法における「内部統制構築義務」覚書 | 会社法の「内部統制」と悪魔の監査 | 会社法の施行規則・法務省令案 | 会社法の法務省令案 | 会社法を語る人との出会い | 会社法改正 | 会社法施行規則いよいよ公布 | 会計監査の品質管理について | 会計監査人の内部統制 | 会計監査人の守秘義務 | 会計監査人報酬への疑問 | 住友信託・旧UFJ合意破棄訴訟判決 | 住友信託・UFJ和解の行方 | 住友信託・UFJ和解の行方(2) | 佐々淳行氏と「企業コンプライアンス」 | 債権回収と内部統制システム | 元検事(ヤメ検)弁護士さんのブログ | 八田教授の「内部統制の考え方と実務」 | 公正な買収防衛策・論点公開への疑問 | 公益通報の重み(構造強度偽造問題) | 公益通報者保護制度検討会WG | 公益通報者保護法と労働紛争 | 公認コンプライアンス・オフィサー | 公認コンプライアンス・オフィサーフォーラム | 公認不正検査士(ACFC)会合 | 公認不正検査士(ACFE)初会合 | 公認会計士の日 | 内部監査人と内部統制の関係 | 内部監査室の勤務期間 | 内部統制と「重要な欠陥」 | 内部統制とソフトロー | 内部統制と人材育成について | 内部統制と企業情報の開示 | 内部統制と刑事処罰 | 内部統制と新会社法 | 内部統制と真実性の原則 | 内部統制と談合問題 | 内部統制における退職給付債務問題 | 内部統制の事例検証 | 内部統制の原点を訪ねる | 内部統制の費用対効果 | 内部統制の重要な欠陥と人材流動化 | 内部統制の限界論と開示統制 | 内部統制を法律家が議論する理由 | 内部統制を語る人との出会い | 内部統制システムと♂と♀ | 内部統制システムと取締役の責任論 | 内部統制システムと文書提出命令 | 内部統制システムの進化を阻む二つの壁 | 内部統制システム構築と企業価値 | 内部統制報告制度Q&A | 内部統制報告実務と真実性の原則 | 内部統制報告実務(実施基準) | 内部統制報告書研究 | 内部統制報告書等の「等」って? | 内部統制実施基準パブコメの感想 | 内部統制実施基準解説セミナー | 内部統制支援と監査人の独立性 | 内部統制構築と監査役のかかわり | 内部統制構築と経営判断原則 | 内部統制理論と会計監査人の法的義務 | 内部統制監査に産業界が反発? | 内部統制監査の品質管理について | 内部統制監査の立会 | 内部統制監査実務指針 | 内部統制義務と取締役の第三者責任 | 内部統制限界論と新会社法 | 内部通報の実質を考える | 内部通報制度 | 刑事系 | 労働法関連 | 原点に立ち返る内部統制 | 反社会勢力対策と内部統制システム | 取締役会権限の総会への移譲(新会社法) | 同和鉱業の株主安定化策と平等原則 | 商事系 | 商法と証券取引法が逆転? | 営業秘密管理指針(経済産業省) | 国会の証人喚問と裁判員制度 | 国際会計基準と法 | 国際私法要綱案 | 報告書形式による内部統制決議 | 夢真 株式分割東京地裁決定 | 夢真、株式分割中止命令申立へ | 夢真による会計帳簿閲覧権の行使 | 夢真HDのTOB実施(その2) | 夢真HDのTOB実施(予定) | 夢真HDのTOB実施(3) | 夢真TOB 地裁が最終判断か | 夢真TOBに対抗TOB登場 | 大規模パチンコ店のコンプライアンス | 太陽誘電「温泉宴会」と善管注意義務 | 太陽誘電の内部統制システム | 委任状勧誘と議決権行使の助言の関係 | 学問・資格 | 定款変更 | 定款変更議案の分割決議について | 専門家が賠償責任を問われるとき | 小口債権に関する企業の対応 | 工学倫理と企業コンプライアンス | 市場の番人・公益の番人論 | 市場安定化策 | 市場競争力強化プラン公表 | 帝人の内部統制システム整備決議 | 常連の皆様へのお知らせ | 平成20年度株主総会状況 | 弁護士が権力を持つとき | 弁護士と内部統制 | 弁護士も「派遣さん」になる日が来る? | 弁護士法違反リスク | 弁護士淘汰時代の到来 | 情報システムの内部統制構築 | 情報管理と内部統制 | 投資サービス法「中間整理」 | 掲示板発言者探索の限界 | 改正消費生活用品安全法 | 改正独禁法と企業コンプライアンス | 改訂監査基準と内部統制監査 | 敗軍の将、「法化社会」を語る | 敵対的相続防衛プラン | 敵対的買収と「安定株主」策の効果 | 敵対的買収への対応「勉強会」 | 敵対的買収策への素朴な疑問 | 敵対的買収(裏)防衛プラン | 断熱材性能偽装問題 | 新しい監査方針とコーポレートガバナンス | 新会社法と「会計参与」の相性 | 新会社法における取締役の責任 | 日本内部統制研究学会関連 | 日本再興戦略2015改訂 | 日本版SOX法の内容判明 | 日本版SOX法の衝撃(内部統制の時代) | 日経ビジネスの法廷戦争」 | 日興コーディアルと不正会計 | 日興コーディアルの役員会と内部統制 | 日興CG特別調査委員会報告書 | 明治安田のコンプライアンス委員会 | 明治安田のコンプライアンス委員会(3) | 明治安田のコンプライアンス委員会(4) | 明治安田生命のコンプライアンス委員会(2) | 書面による取締役会決議と経営判断法理 | 最良のコーポレート・ガバナンスとは? | 最高裁判例と企業コンプライアンス | 未完成にひとしいエントリー記事 | 本のご紹介 | 村上ファンドとインサイダー疑惑 | 村上ファンドと阪神電鉄株式 | 村上ファンドと阪神電鉄株式(その2) | 村上ファンドの株主責任(経営リスク) | 東京三菱10億円着服事件 | 東京鋼鐵・大阪製鐵 委任状争奪戦 | 東証の「ガバナンス報告制度」の目的 | 東証のシステム障害は改善されるか? | 架空循環取引 | 株主への利益供与禁止規定の応用度 | 株主代表訴訟と監査役の責任 | 株主代表訴訟における素朴な疑問 | 株主代表訴訟の改正点(会社法) | 株主総会関連 | 株式相互保有と敵対的買収防衛 | 検察庁のコンプライアンス | 楽天はダノンになれるのか? | 楽天・TBS「和解」への私的推論 | 構造計算偽造と行政責任論 | 構造計算書偽造と企業コンプライアンス | 構造計算書偽造問題と企業CSR | 民事系 | 法人の金銭的制裁と取締役の法的責任 | 法人処罰の実効性について考える | 法務プロフェッショナル | 法律事務所と情報セキュリティ | 法律家の知名度 | 法科大学院のおはなし | 海外不祥事リスク | 消費者団体訴権と事業リスク | 消費者庁構想案 | 無形資産と知的財産 | 無形資産の時代 | 特別取締役制度 | 特設注意市場銘柄 | 独占禁止法関連 | 独立取締役コード(日本取締役協会) | 独立第三者委員会 | 王子製紙・北越製紙へ敵対的T0B | 環境偽装事件 | 田中論文と企業価値論 | 痴漢冤罪事件 | 監査役からみた鹿子木判事の「企業価値」論 | 監査役と信頼の権利(信頼の抗弁) | 監査役と買収防衛策(東証ルール) | 監査役の報酬について | 監査役の権限強化と会社法改正 | 監査役の理想と現実 | 監査役の財務会計的知見 | 監査役制度改造論 | 監査法人の処分と監査役の対応 | 監査法人の業務停止とは? | 監査法人の法的責任論(粉飾決算) | 監査法人ランク付けと弁護士専門認定制度 | 監査法人改革の論点整理 | 監査法人(公認会計士)異動時の意見開示 | 監査社会の彷徨 | 監査等委員会設置会社 | 監査論と内部統制報告制度(J-SOX) | 相次ぐ食品表示偽装 | 相続税9億8000万円脱税 | 破産管財人の社会的責任 | 確認書制度の義務付け | 社内文書はいかに管理すべきか | 社員の「やる気」とリスクマネジメント | 社員は談合企業を救えるのか? | 社外取締役と株主価値 | 社外取締役に期待するものは何か | 社外取締役・社外監査役 | 社外役員制度導入と体制整備事項の関係 | 社外監査役とゲーム理論 | 社外監査役と監査役スタッフとの関係 | 社外監査役の責任限定契約 | 神戸製鋼のデータ改ざん問題 | 神田教授の「会社法入門」 | 私的独占と民事訴訟 | 税理士の妻への報酬、「経費と認めず」 | 第1回内部統制ラウンドテーブル | 管理部門はつらいよシリーズ | 管財人と向き合う金融機関そしてファンド | 粉飾決算と取締役責任 | 粉飾決算と罪刑法定主義 | 粉飾決算に加担する動機とは? | 経営の自由度ってなんだろう?(会社法) | 経営リスクのニ段階開示 | 経営統合はむずかしい・・・・ | 経営者のためのサンプリング(J-SOX) | 経済・政治・国際 | 経済刑法関係 | 経済法 | 経済産業省の企業行動指針 | 耐震強度偽造と内部監査 | 耐震強度偽造と内部統制の限界 | 自主ルール(ソフトロー) | 蛇の目ミシン工業事件最高裁判決 | 行政法専門弁護士待望論 | 行政系 | 裁判員制度関連 | 裁判員制度(弁護士の視点から) | 裁判所の内部統制の一例 | 製造物責任とCSR損害 | 製造物責任(PL法)関連 | 親子上場 | 証券会社のジェイコム株利益返上問題 | 証券会社の自己売買業務 | 証券取引の世界と行政法理論 | 証券取引所の規則制定権(再考) | 証券取引所を通じた企業統治 | 証券取引等監視委員会の権限強化問題 | 証券取引等監視委員会・委員長インタビュー | 証券業界の自主規制ルール | 課徴金引き上げと法廷闘争の増加問題 | 課徴金納付制度と内部通報制度 | 議決権制限株式を利用した買収防衛策 | 財務会計士 | 買収防衛目的の新株予約権発行の是非 | 買収防衛策の事業報告における開示 | 買収防衛策導入と全社的リスクマネジメント | 迷走するNOVA | 道路公団 談合事件 | 野村證券インサイダー事件と内部統制 | 金融商品取引法「内部統制」最新事情 | 金融商品取引法と買収防衛策 | 金融商品取引法案関連 | 金融商品取引法関連 | 金融専門士制度の行方 | 関西テレビの内部統制体制 | 阪急HDの買収防衛プラン | 食の安全 | 飲酒運転と企業コンプライアンス | 黄金株と司法判断 | 黄金株と東証の存在意義 | ACFE JAPAN | COSO「中小公開企業」向けガイダンス | CSRは法律を超えるのか? | IFRS関連 | IHI社の有価証券報告書虚偽記載問題 | IPO研究会関連 | ISOと内部統制 | ITと「人」の時代 | JICPA「企業価値評価ガイドライン」 | LLP(有限責任事業組合)研修会 | NEC子会社幹部による架空取引 | PSE法と経済産業省の対応を考える | TBS「不二家報道」に関するBPO報告書 | TBSの買収防衛策発動の要件 | TBSは楽天を「濫用的買収者」とみなすのか(2) | TBSは楽天を「濫用的買収者」とみなすのか? | TBS買収と企業価値判断について | TOB規制と新会社法の関係